Feature Image

NEWS & INFO

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

毎年1月に開催されている世界最大の楽器のトレード・ショー『The NAMM Show』(アメリカ・アナハイム)が、来年は開催されないことが明らかになりました。

The NAMM Show 2021 - Cancelled

2021年は、1月21日から24日の日程で開催が予定されていた毎年恒例のイベント、『The NAMM Show』。新型コロナウイルス感染症の問題がなかなか収束しない中、早くから来年の開催は危ぶまれていましたが、本日主催のNAMMが正式に中止を発表しました。主催者発表の声明は以下のとおりです。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と、我々の最優先事項であるNAMMメンバーの健康と安全を考慮した結果、カリフォルニアでリアル・イベントを開催する選択は採れないことが明らかになり、我々は2021年の『The NAMM Show』を中止するという難しい決断を下しました。来年の1月、NAMMファミリーと直に会えないのは残念ですが、我々は『Believe in Music』を立ち上げることにより、(開催中止によって)もっとも影響を受ける人たちに利益をもたらし、業界のあらゆる側面を結びつける方法を再考しています。

声明文にある『Believe in Music』は、『The NAMM Show』の代わりに計画されている新しいオンライン・イベントで、2012年1月の第4週(18日の週)に行われる予定とのこと。『Believe in Music』では、例年どおり現地で商品のチェックや注文が行えない業者のために、バイヤー(ディストリビューターや販売店)とセラー(メーカー)を繋ぐインタラクティブなマーケットプレイスが準備されているとのことです。

予想はされていましたが、正式に中止が発表された来年の『The NAMM Show』。なお、ヨーロッパ最大規模の楽器のトレード・ショーである『Musikmesse』(ドイツ・フランクフルト)は、当初の計画より1年半の延期となる2021年10月に開催予定となっています。

最後に、今年の『The NAMM Show』でお披露目された新製品を写真とともに振り返ってみることにしましょう。

The NAMM Show 2020

今年の『The NAMM Show』、新型シンセサイザーでもっとも注目を集めていたのが、コルグの「opsix」。6オペレータ/32アルゴリズムのFMシンセサイザー(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

こちらもコルグの新製品。「opsix」に下に展示してあった開発中という新型ミュージック・ワークステーション

The NAMM Show 2020

Sequentialの新型シンセサイザー「Pro 3」。Prophet-6/OB-6直系のフィルターを搭載したパラフォニック・シンセ(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

発売が待たれる新型シンセサイザー、UDO「SUPER 6」。英国の新興メーカーが開発中のデジ/アナ・ハイブリッド・シンセ(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

Nektar Technologyの新製品、「AURA」。16個のソフト音源を包括的に扱える直感的なトラックメイク・マシン(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

モジュラー・メーカーのElectro-Smithが発表した「Daisy」は、オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境。先ごろ出荷が開始された(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

4msの新作モジュール、「Ensemble Oscillator」。Matthias Puechと共同で開発されたデジタル・オシレーターで、16基のサイン波オシレーターを搭載、複雑なコード・トーンを生成することが可能

The NAMM Show 2020

Qu-Bit Electronixは、新作モジュールを4製品発表。写真左の物理モデル音源モジュール「Surface」は先ごろ出荷が開始された(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

アルペジエーターをフィーチャーした小型の電子楽器、Tangible Instruments「Arpeggio」も久々にお目見え(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

デジタル・リコーダーやMIDIコントローラーとしても使える新しいリコーダー、 Artinoise「re.corder」。こちらも大注目の新製品だ(詳しくは、こちら

AD

開発者が語るローランド初のガジェット楽器、「AIRA Compact」…… 感覚的にコード進行を作れる『コード・シーケンサー』とは一体?

ロック/ポップ・ミュージック史に残る名盤のジャケットを、子猫で再現した『The Kitten Covers』

大物プロデューサーの“魔法のボーカル処理”がプラグインに…… IK Multimedia「T-RackS Joe Chiccarelli Vocal Strip」が発売

250ドルで買える本格的なセミ・モジュラーシンセ、Cre8audio「East Beast」がデビュー…… シーケンサーやキーボードも搭載

ABBAやカーディガンズなど、スウェディッシュ・ポップのリバーブを生み出すプラグイン、Softube「Atlantis Dual Chambers」が発売

Tiptop Audio、待望のブラックMantisを発表…… Buchla 292tはハンドメイド・バクトロールが採用されることに

Tubbutec、ローランド MC-202にアルペジエーター機能やグラフィック・ディスプレイを追加する「MC2oh2」をお披露目

Eventideから、メロディーを生成する革新的なアルゴリズミック・シーケンサー、「Misha」がデビュー

IK Multimedia、精悍な黒色のマイクロ・シンセ、「UNO Synth Pro Desktop Black Edition」を発表…… 数量限定生産

teenage engineering、名機OP-1を全面的にブラッシュアップした新製品「OP-1 field」を発表…… 100もの新機能を追加

Erica Synths、漆黒の“実験電子楽器”「SYNTRX II」を発表…… 記録対応のジョイステイックやピアノロール・シーケンサーを新たに搭載

ローランド、新感覚ガジェット『AIRA Compact』を発表…… 本物の“Rolandサウンド”で気軽に曲づくりを実現

コルグ、DIYオシロスコープ「NTS-2 oscilloscope kit」を発表…… コルグ/ARPをフォーカスした新刊「PATCH & TWEAK with KORG」とバンドルで発売

名機JUNO-60/JUNO-106を最新テクノロジーで蘇生した新型シンセサイザー、ローランド「JUNO-X」がデビュー

シンセサイザー/音づくりの基礎を学べるWebアプリ、Ableton『Learning Synths』がアップデート…… 音色のエクスポートや録音も可能に

人気のローファイ&グリッチ・ビデオシンセ、LoFi Future T-420に待望のEurorack版が登場…… 4HPとコンパクト、約14,000円

teenage engineering、シンセサイザー/シーケンサー内蔵の超小型ミキサー「TX-6」を発表…… USBオーディオIFとしても機能

“ゲーム・ストリーミング・ミキサー”、ヤマハ「ZG01」が発売…… マイク入力とHDMI入力のサウンドを簡単にミックス、DSP機能も搭載

ICON