Feature Image

NEWS & INFO

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

毎年1月に開催されている世界最大の楽器のトレード・ショー『The NAMM Show』(アメリカ・アナハイム)が、来年は開催されないことが明らかになりました。

The NAMM Show 2021 - Cancelled

2021年は、1月21日から24日の日程で開催が予定されていた毎年恒例のイベント、『The NAMM Show』。新型コロナウイルス感染症の問題がなかなか収束しない中、早くから来年の開催は危ぶまれていましたが、本日主催のNAMMが正式に中止を発表しました。主催者発表の声明は以下のとおりです。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と、我々の最優先事項であるNAMMメンバーの健康と安全を考慮した結果、カリフォルニアでリアル・イベントを開催する選択は採れないことが明らかになり、我々は2021年の『The NAMM Show』を中止するという難しい決断を下しました。来年の1月、NAMMファミリーと直に会えないのは残念ですが、我々は『Believe in Music』を立ち上げることにより、(開催中止によって)もっとも影響を受ける人たちに利益をもたらし、業界のあらゆる側面を結びつける方法を再考しています。

声明文にある『Believe in Music』は、『The NAMM Show』の代わりに計画されている新しいオンライン・イベントで、2012年1月の第4週(18日の週)に行われる予定とのこと。『Believe in Music』では、例年どおり現地で商品のチェックや注文が行えない業者のために、バイヤー(ディストリビューターや販売店)とセラー(メーカー)を繋ぐインタラクティブなマーケットプレイスが準備されているとのことです。

予想はされていましたが、正式に中止が発表された来年の『The NAMM Show』。なお、ヨーロッパ最大規模の楽器のトレード・ショーである『Musikmesse』(ドイツ・フランクフルト)は、当初の計画より1年半の延期となる2021年10月に開催予定となっています。

最後に、今年の『The NAMM Show』でお披露目された新製品を写真とともに振り返ってみることにしましょう。

The NAMM Show 2020

今年の『The NAMM Show』、新型シンセサイザーでもっとも注目を集めていたのが、コルグの「opsix」。6オペレータ/32アルゴリズムのFMシンセサイザー(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

こちらもコルグの新製品。「opsix」に下に展示してあった開発中という新型ミュージック・ワークステーション

The NAMM Show 2020

Sequentialの新型シンセサイザー「Pro 3」。Prophet-6/OB-6直系のフィルターを搭載したパラフォニック・シンセ(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

発売が待たれる新型シンセサイザー、UDO「SUPER 6」。英国の新興メーカーが開発中のデジ/アナ・ハイブリッド・シンセ(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

Nektar Technologyの新製品、「AURA」。16個のソフト音源を包括的に扱える直感的なトラックメイク・マシン(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

モジュラー・メーカーのElectro-Smithが発表した「Daisy」は、オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境。先ごろ出荷が開始された(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

4msの新作モジュール、「Ensemble Oscillator」。Matthias Puechと共同で開発されたデジタル・オシレーターで、16基のサイン波オシレーターを搭載、複雑なコード・トーンを生成することが可能

The NAMM Show 2020

Qu-Bit Electronixは、新作モジュールを4製品発表。写真左の物理モデル音源モジュール「Surface」は先ごろ出荷が開始された(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

アルペジエーターをフィーチャーした小型の電子楽器、Tangible Instruments「Arpeggio」も久々にお目見え(詳しくは、こちら

The NAMM Show 2020

デジタル・リコーダーやMIDIコントローラーとしても使える新しいリコーダー、 Artinoise「re.corder」。こちらも大注目の新製品だ(詳しくは、こちら

歴代ローランド製マシンを使って、Webブラウザ上で曲づくりが行える『Roland 50 Studio』が遂に完成…… TR-909を搭載し、計7種類のマシンが使用可能に

ミックス後のボーカル/楽器のピッチを編集できる魔法のプラグイン、Zynaptiq「PITCHMAP」が70%OFFの13,200円で販売中

AudiotonixがSlate Digitalを買収…… SSLやDiGiCo、Allen & Heathと同じグループに

Amiga公認のUSBメカニカル・キーボードが発売…… Mac/Windows/Linux/A500 Miniに対応

Elektron、Digitakt/Digitoneシリーズ/SyntaktのOSをアップデート…… 待望のソング・モードが遂に実装

ラブ・フルテンとteenage engineeringがコラボ、先天性心疾患を持つ子どもの心拍でビートを刻むドラム・マシン「CHD-4」

注目のビデオ・トラックや歌詞トラックなど、「Studio One 6」の新機能を詳細に解説したビデオが公開…… プロデューサーの田辺恵二氏が制作

ティム・コックはMD、ジョニー・ウッズはVHSで新作を発表…… レガシー・メディアでリリースされる電子音楽

teenage engineering、自分でレコードを作成できるマイクロ・カッティング・マシン、「PO-80 record factory」を発売…… Yuri Suzuki/学研とコラボ

PreSonus、「Studio One 6」を発表…… UIをディープにカスタマイズできるエディターやスマート・テンプレート機能を搭載、日本語対応の歌詞表示機能も

AI機械学習でギター・アンプやストンプをモデリングできる革新的なソフト、IK Multimedia「AmpliTube TONEX」が発売…… 無償版も同時公開

Avid、無償で利用できるPro Tools、「Pro Tools Intro」の提供を開始…… サード・パーティー製プラグインやMelodyneにも対応

無償のオーディオ編集ソフト Audacityが3.2.0にアップデート…… VST3とリアルタイム・プラグイン処理に対応、Mac版はAppleシリコンをサポート

あらゆる種類のローファイ映像を生成できる新種のグリッチ・プロセッサー、BPMC「Televandalist」がデビュー

Ableton、Live 11.2を正式リリース…… 標準リバーブの『Reverb』が進化、Mac版はAUv3にネイティブ対応

来たる11月4日、Ableton Meetup Tokyoが活動開始7周年/節目の50回を記念したアニバーサリー・イベントを開催

テーブルトップSIDシンセ、Twisted Electrons TherapSIDがアップデート…… 最終モデルとなる「TherapSID MKIII」が発売

Aphex Twinのアイディアを具現化したサンプル加工ソフト、「samplebrain」が無償公開…… サンプルを別のサンプルの音響特性に一致させて再生

ICON