Feature Image

NEWS & INFO

デジタル・リコーダーやMIDIコントローラーとしても使える新しいリコーダー、「re.corder」の予約販売が開始…… 55ユーロから

イタリア・アンコーナの新ブランド Artinoiseが、初の製品となる「re.corder(リ・コーダー)」の予約販売を開始。“リコーダーの再発明”を標榜する「re.corder」は、普通のリコーダー、デジタル・リコーダー、MIDIコントローラーと3通りの使い方ができる、まったく新しいリコーダーです。

Artinoise - re.corder

シンプルで習得しやすく、雑に扱っても壊れないことから、世界中の学校教育で採用されているリコーダー。「re.corder」は、リコーダーに電子回路を組み込むことで、用途/可能性を拡げた新しい楽器。普通のリコーダーとして使用できるのはもちろんのこと、タブレット端末とBluetooth接続してアプリの音色を鳴らしたり、MIDIコントローラーとして外部音源を鳴らしたりと、さまざまな使い方ができる楽器に仕上げられています。

Artinoise - re.corder

re.corder」の構造はシンプルで、マウスピース部にブレス・センサーとリップ・センサー、音孔にタッチ・センサーを搭載。ブレス・センサーで吹き込み量、リップ・センサーで唇の接触、タッチ・センサーで運指を感知します。さらには三方向の加速度センサーも内蔵しており、本体の動きによってビブラートやエフェクトなどをコントロールすることも可能。電子回路やバッテリーは本体上部裏側に搭載しており、前面にはUSB端子も装備(「re.corder」は、Bluetooth対応なので、このUSB端子は主に充電用に使われます)。普通のリコーダーでもある「re.corder」は、吹いただけで音が鳴ってしまうので、デジタル・リコーダー/MIDIコントローラーとして使用するための消音用ミュート・プラグも付属しています。

Artinoise - re.corder

そして「re.corder」には、iOS/Android対応の専用アプリ「re.app」も提供されます。「re.corder」をiPadなどとBluetoothで接続すれば、このアプリを使ってリコーダーの演奏方法を学んだり、他の楽器の音色で演奏することが可能。子ども用のスキンに加えて、大人用のスキンが用意されているというのもユニークです。

Artinoise - re.corder

開発元であるArtinoiseの共同設立者であるダビデ・マンシーニ(Davide Mancini)氏は、イタリアのモジュラー・シンセサイザー・メーカー、Soundmachinesの代表でもあります。IK MultimediaやFrap Toolsの製品開発に協力していることでも知られるSoundmachinesは、技術力の高さでは定評のあるメーカー。Artinoiseという新しいブランド初の製品となる「re.corder」ですが、無名のスタートアップが開発した製品とは違う安心感があります。

Artinoise - re.corder

re.corder」の予約販売はKickstarterのクラウドファンディングによって行われており、500本限定のアーリーバード価格は55ユーロ以上(本数に制限の無いスタンダード・エディションは62ユーロ以上)。他にも、音孔にLEDを搭載したライトニング・エディション(80ユーロ以上)や、3本組のファミリー・パック(150ユーロ以上)、10本組のクラス・パック(500ユーロ以上)といったプレッジが用意されています。出荷は最短で2020年4月という「re.corder」。さらなる詳細は、Kickstarterのキャンペーン・ページをご覧ください。

ボーカル・トラックをまったく違う声質の歌声、楽器演奏に変換できるクラウド・プラグイン、Sonarworks「SoundID VoiceAI」の国内販売がスタート

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ICON