Feature Image

NEWS

デジタル・リコーダーやMIDIコントローラーとしても使える新しいリコーダー、「re.corder」の予約販売が開始…… 55ユーロから

イタリア・アンコーナの新ブランド Artinoiseが、初の製品となる「re.corder(リ・コーダー)」の予約販売を開始。“リコーダーの再発明”を標榜する「re.corder」は、普通のリコーダー、デジタル・リコーダー、MIDIコントローラーと3通りの使い方ができる、まったく新しいリコーダーです。

Artinoise - re.corder

シンプルで習得しやすく、雑に扱っても壊れないことから、世界中の学校教育で採用されているリコーダー。「re.corder」は、リコーダーに電子回路を組み込むことで、用途/可能性を拡げた新しい楽器。普通のリコーダーとして使用できるのはもちろんのこと、タブレット端末とBluetooth接続してアプリの音色を鳴らしたり、MIDIコントローラーとして外部音源を鳴らしたりと、さまざまな使い方ができる楽器に仕上げられています。

Artinoise - re.corder

re.corder」の構造はシンプルで、マウスピース部にブレス・センサーとリップ・センサー、音孔にタッチ・センサーを搭載。ブレス・センサーで吹き込み量、リップ・センサーで唇の接触、タッチ・センサーで運指を感知します。さらには三方向の加速度センサーも内蔵しており、本体の動きによってビブラートやエフェクトなどをコントロールすることも可能。電子回路やバッテリーは本体上部裏側に搭載しており、前面にはUSB端子も装備(「re.corder」は、Bluetooth対応なので、このUSB端子は主に充電用に使われます)。普通のリコーダーでもある「re.corder」は、吹いただけで音が鳴ってしまうので、デジタル・リコーダー/MIDIコントローラーとして使用するための消音用ミュート・プラグも付属しています。

Artinoise - re.corder

そして「re.corder」には、iOS/Android対応の専用アプリ「re.app」も提供されます。「re.corder」をiPadなどとBluetoothで接続すれば、このアプリを使ってリコーダーの演奏方法を学んだり、他の楽器の音色で演奏することが可能。子ども用のスキンに加えて、大人用のスキンが用意されているというのもユニークです。

Artinoise - re.corder

開発元であるArtinoiseの共同設立者であるダビデ・マンシーニ(Davide Mancini)氏は、イタリアのモジュラー・シンセサイザー・メーカー、Soundmachinesの代表でもあります。IK MultimediaやFrap Toolsの製品開発に協力していることでも知られるSoundmachinesは、技術力の高さでは定評のあるメーカー。Artinoiseという新しいブランド初の製品となる「re.corder」ですが、無名のスタートアップが開発した製品とは違う安心感があります。

Artinoise - re.corder

re.corder」の予約販売はKickstarterのクラウドファンディングによって行われており、500本限定のアーリーバード価格は55ユーロ以上(本数に制限の無いスタンダード・エディションは62ユーロ以上)。他にも、音孔にLEDを搭載したライトニング・エディション(80ユーロ以上)や、3本組のファミリー・パック(150ユーロ以上)、10本組のクラス・パック(500ユーロ以上)といったプレッジが用意されています。出荷は最短で2020年4月という「re.corder」。さらなる詳細は、Kickstarterのキャンペーン・ページをご覧ください。

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

NAMM 2020: Universal Audio、無償の純正DAW「LUNA」を発表…… 往年のコンソール/MTRを再現、Minimoogも付属

NAMM 2020: IK Multimedia、音色を緻密にコントロールできる新しい発想のギター/ベース用DI、「Z-TONE」シリーズを発表

NAMM 2020: Moog、25鍵のキュートなアナログ・シンセ、「Subsequent 25」を発表…… 最小の鍵盤付きMoog

NAMM 2020: Apogee、デスクトップ・スタイルの高音質オーディオIF、「Symphony Desktop」を発表

ICON