Feature Image

NEWS

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

本日開幕した、世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その初日、コルグは「opsix」と名付けられた新型シンセサイザーの試作機をお披露目しました。

KORG - opsix

61鍵/標準サイズのキーボードを内蔵した「opsix」は、6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセサイザー。筐体右側には大きく32種類のアルゴリズムの図がプリントされており、『FM』『RING MOD』『WAVE FOLDER』『FILTER FM』という4種類のオペレーター・モードも選択できるようになっています。筐体デザインはスッキリとしていますが、オペレーターごとにレシオ・ノブとレベル・スライダーが用意され、データー・エントリー用のエンコーダーも6基備わるなど、操作性はかなり良さそうな印象。シーケンサーやアルペジエーター、好みの音色を即座に呼び出せるフェイバリット・プログラムなどの機能も搭載しているようです。

その他の詳細は不明ですが、発売時は大きな注目を集めそうな「opsix」。ブースではガラス・ケース内に展示され、いかにもモックという印象を受けましたが、開発者のお話によると、そう遠くないうちに正式発表できるのではないかとのこと。FMシンセサイザー・ファンには楽しみな1台と言えそうです。

KORG - opsix

Bastl Instrumentsのレアなシンセ、POLYが当たるキャンペーンが実施中…… Twitterでフォロー&RTするだけ

Kraftwerkのフローリアン・シュナイダーを追悼して制作されたサンプルパックが無償配布開始…… Ableton/TR-8S対応

Sonnox、すべての製品を50%OFFで販売するプロモを開始…… “フレキシブル・バンドル”を併用すれば最大75%OFFに

楽曲をリアルタイムに再構築できる、DJ/マシン・ライブのためのオーディオ・ルーパー、alter.audio「Timetosser」

コルグ POLY-800を忠実に再現したソフト・シンセ、Full Bucket Music「FURY-800」の無償配布が開始

IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・モデルを発売…… T-RackS 5を無償進呈するプロモも実施

ゲーム感覚でフレーズを無限に生み出すことができるポータブル・シンセサイザー、「Ellitone E[64]」が間もなく発売

Spitfire Audio、“クジラの音”をグラニュラー合成したサンプル音源、「Granular Whalesong」の無償配布を開始

teenage po modular 400に、EMS Synthiのようなマトリクス・パッチを追加する「POM-400 MATRIX KIT」

デスクトップ型のデジアナ・ハイブリッド・シンセ、Fred’s Lab「Töörö」が間もなくデビュー

すべての文字がクロス(×)の組み合わせでできたフォント、「Cross Stitched」が無調配布中

ゲーム機のようにエフェクトを入れ替えられるストンプ、COOPER FX「ARCADES」…… DSPクロックを変化させることも可能

Teenage Pocket Operatorが初めてフィーチャーされたミュージック・ビデオ、Dolores Haze『I Got My Gun』

FXpansion、定番ドラム音源「BFD3」を50%OFFの22,000円で販売するプロモを開始…… 6月30日まで

モジュラーシンセの伝道師 DivKid、Valhalla Supermassive用のオリジナル・プリセットを無償公開

エムアイセブン、超絶ギタリスト Kelly SIMONZ氏制作のStudio One用マルチトラック・データの無償提供を開始

Cycling ’74 Maxを基礎から学べる『Maxサマースクール・イン・藝大』が今年はオンラインで開催…… テーマは“MaxとAI”

Zynaptiq、「WORMHOLE」を約50%OFFの8,900円で販売するプロモを開始…… 音響効果に最適な複合プラグイン

ICON