NEWS

アルペジエーターをフィーチャーした手のひらサイズのシンセ・ガジェット、その名も「Arpeggio(アルペジオ)」が登場

アメリカ・ロサンゼルスのガレージ・メーカー、Tangible Instruments社が、小型の電子楽器「Arpeggio(アルペジオ)」を発表しています。

Tangible Instruments - Arpeggio

Tangible Instruments社によると、「Arpeggio」はひとつのコンパクトな筐体にアルペジエーターとシーケンサーの両機能を詰め込んだ最初の製品とのこと。メロディーを演奏したり、思いついたフレーズを記録したり、気軽に作曲したりするためのシンプルな電子楽器、それが「Arpeggio」なのです。

Tangible Instruments - Arpeggio

以下、「Arpeggio」の主な特徴です。

● 演奏を止めることなく、シーケンスを作成/保存することが可能

● アップ/アップ・ダウン/ダウン/ダウン・アップ/ランダムといった伝統的なアルペジエーター・モードを搭載

● ユーザーが作成したアルペジオ・パターンを、最大512種類チェーン・プレイすることが可能

● 2基のオシレーターを備えたモノフォニック仕様のバーチャル・アナログ・シンセサイザーを搭載

● 作成したシーケンスのノートの長さを後から変更したり、休符を追加したりすることが可能

● USB端子、2系統のオーディオ出力端子(標準フォーンとステレオ・ミニ)、MIDI入出力端子、CV/Gate出力端子を装備

● アナログ機器と同期するためのGate入出力

● 外部のハードウェア・シンセサイザーやソフトウェア・シンセサイザーをコントロールすることが可能

● 高品質なスピーカーを内蔵

● ACアダプターと電池の2電源仕様。コンセントの無い場所でも使用可能

気になるのがそのサウンドですが、SoundCloudにはいくつかのデモ音源もアップされています。

白地に緑アクセントの筐体が非常にかわいい「Arpeggio」。価格や発売時期はまだ発表になっていませんが、なかなか気になる新製品です。