Feature Image

NEWS & INFO

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

今年も盛大に開催された世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。キーボード・コントローラー PanoramaImpactシリーズで知られるNektar Technologyは今回、新機軸となる製品「AURA(オーラ)」を発表しました。

Nektar Technology - AURA

“ビート・コンポーザー”を謳う「AURA」は、複数のソフトウェア・インストゥルメントを組み合わせたトラックメイクを、素早く、柔軟に行うことができるトラックメイク・システム。MPC/Maschineスタイルのハードウェア「AURA」と、プラグインをホストするためのソフトウェア「Nektarine 2.0」のコンビネーションで機能し、「Nektarine 2.0」はVST/AU/AAXプラグイン版とスタンドアローン版の両方が提供されます。「Nektarine 2.0」は、最大16個のソフトウェア・インストゥルメント(VST/AUプラグイン)をホストすることができ、「AURA」の16個のパッドに自由にアサインすることが可能。キックはMODO DRUM、スネアはBFD、ハイハットはAddictive Drumsといったキットも簡単に作成することができます。秀逸なのが、パッドを叩けば(トリガーすれば)、対応するソフトウェア・インストゥルメントの主要パラメーターが、上部の8基のエンコーダーに自動的に割り当てられる点で、音色のエディットもシームレスに行うことが可能。「Nektarine 2.0」では、ソフトウェア・インストゥルメントごとに最大4つのインサート・エフェクト(VST/AUプラグイン)と、最大4つのAUXエフェクト(VST/AUプラグイン)を使用することもでき、エフェクトを含んだ形でトラックメイクを行うことが可能になっています。

Nektar Technology - AURA
Nektar Technology - AURA

そして「AURA」の大きな特徴と言えるのが、4パート/最大64ステップのステップ・シーケンサーを内蔵している点。これによりDAWに依存することなく、「AURA」と「Nektarine 2.0」の組み合わせだけで、ベーシックなトラックメイクを行うことが可能。「AURA」にはMIDI出力端子も備わっているので、「Nektarine 2.0」にホストしたソフトウェア・インストゥルメントだけでなく、外部のシンセサイザー/ドラム・マシンを鳴らすこともできます。今回の『The NAMM Show』では、Novationもステップ・シーケンサーを内蔵した新しいLaunchpad Proを発表、Arturiaもキーボード内蔵型の強力なシーケンサー KeyStep Proをお披露目しました。各社が申し合わせたかのようにハードウェア・シーケンサーに力を入れ始めたというのは興味深いところです。

AURA」は、2020年3月発売予定で、価格は未定。さらなる詳細は、Nektar TechnologyのWebサイトをご覧ください。

Nektar Technology - AURA

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

コルグ、NTSシリーズ第3弾「NTS-3 kaoss pad kit」を発表…… 自分の手で組み立てる“DIY KAOSS PAD”がデビュー

ボス、新型ボーカル・プロセッサー「VE-22」を発表…… コンデンサー・マイクにも対応、配信に便利なUSBオーディオIF機能も

名機コルグ microKORGの新世代モデルが待望のデビュー…… 音色の“時代感”を選択できるタイム・トラベル機能も搭載

Cycling ’74、Max 8.6をリリース…… SFZファイル対応によってサンプリング音源を簡単に実現、ゲーム・コントローラーを利用できる新オブジェクトも登場

iZotope、最低限の操作でボーカル/喋り声の品質を向上できる新機軸のプラグイン、「VEA」を発表…… 4,200円で販売中

IK Multimedia、パソコンやスマートフォンにUSB接続できるコンデンサー・マイク、「iRig Stream Mic USB」を発売…… 2ch入出力のオーディオIFとしても機能

ヤマハ、新感覚オール・イン・ワン音楽制作デバイス、「SEQTRAK」を発表…… 映像を生成/合成できる機能も搭載

USB-C端子を採用したポケット・サイズのオーディオIF、IK Multimedia「iRig USB」の国内販売がスタート

Ableton、Push 3をPCレス/スタンドアロンで使用可能にするキットを発売…… Pushが表現力豊かな“楽器”に

“シンセ・ベース”を再定義するソフト音源、Moog「MARIANA」が誕生…… 期間限定で50%OFFの8,100円で販売中

メディア・インテグレーション、話題の電卓型サンプラー「EP-133 K.O.II」の国内販売状況と、日本限定の予約特典についてアナウンス

ICON