Feature Image

NEWS & INFO

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

一昨日開幕した世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。Electro-Smithが非常に興味深い新製品、「Daisy(デイジー)」をお披露目しました。

Electro-Smith - Daisy

Electro-Smith「Daisy」

4ポールのフィルター・モジュール、2144 LPFが人気のアメリカ・サン・クレメンテのモジュラー・メーカー、Electro-Smith。同社が今回発表した「Daisy」は、ArduinoやTeensyのようなマイコン・ボード/開発プラットホーム。他のマイコン・ボードとの違いは、オーディオ・アプリケーションに特化されている点で、32bit/96kHzでオーディオ処理を実行でき、64MBのRAMも備えています。ユーザーはC++でプログラムをコーディングし、「Daisy」上で実行することが可能。オーディオ・アプリケーションに特化された「Daisy」では、オーディオ/MIDI周りのライブラリーがひととおり用意されているので、ユーザーはコア部分のコーディングに集中できるのがポイントです。

Electro-Smith - Daisy

「Daisy」の開発環境

これだけでもオリジナル電子楽器製作者には魅力的な「Daisy」ですが、「Daisy」を装着してプログラムを実行できるハードウェアが2種類用意されるのも大きな特徴。その一つ、スタンドアローンで動作する「Daisy Field」は、鍵盤型スイッチや8基のエンコーダー、オーディオ入出力、MIDI入出力、USB端子、CV/Gate入出力などを備えたハードウェアで、左上に「Daisy」を装着して使用します。この「Daisy Field」を利用すれば、ユーザーは自作のプログラムをグルーブボックスのようなハードウェアで実行することが可能。これによってオリジナルの電子楽器を簡単に製作することができます。もう一つの「Daisy Patch」は、「Daisy」を装着して自作のプログラムを実行できる20HPのEurorackモジュール。4基のノブや16個のマトリクス・ランプ、モジュラー・レベルのオーディオ入出力、CV/Gate入出力、MIDI出力などを備え、自作のプログラムをモジュラーの中に組み込んで使用できる優れものです。

Electro-Smith - Daisy

「Daisy Field」

Electro-Smith - Daisy

「Daisy Patch」

Electro-Smithのマイケル・コレル(Michael Corell)氏によれば、「Daisy」は完全にオープン・ソースの開発プラットホームであり、リリース後はコミュニティによってどんどん進化していくだろうとのこと。MaxやPure Dataで書いたプログラムを簡単に移植できるようにすることも検討しているとのことです。「Daisy」の予価は29.95ドルで、「Daisy Field」および「Daisy Patch」の価格は未定。数週間後にKickstarterで予約販売を開始するとのことです。

Electro-Smith - Daisy

Electro-Smithのマイケル・コレル(Michael Corell)氏

AD

開発者が語るローランド初のガジェット楽器、「AIRA Compact」…… 感覚的にコード進行を作れる『コード・シーケンサー』とは一体?

ロック/ポップ・ミュージック史に残る名盤のジャケットを、子猫で再現した『The Kitten Covers』

大物プロデューサーの“魔法のボーカル処理”がプラグインに…… IK Multimedia「T-RackS Joe Chiccarelli Vocal Strip」が発売

250ドルで買える本格的なセミ・モジュラーシンセ、Cre8audio「East Beast」がデビュー…… シーケンサーやキーボードも搭載

ABBAやカーディガンズなど、スウェディッシュ・ポップのリバーブを生み出すプラグイン、Softube「Atlantis Dual Chambers」が発売

Tiptop Audio、待望のブラックMantisを発表…… Buchla 292tはハンドメイド・バクトロールが採用されることに

Tubbutec、ローランド MC-202にアルペジエーター機能やグラフィック・ディスプレイを追加する「MC2oh2」をお披露目

Eventideから、メロディーを生成する革新的なアルゴリズミック・シーケンサー、「Misha」がデビュー

IK Multimedia、精悍な黒色のマイクロ・シンセ、「UNO Synth Pro Desktop Black Edition」を発表…… 数量限定生産

teenage engineering、名機OP-1を全面的にブラッシュアップした新製品「OP-1 field」を発表…… 100もの新機能を追加

Erica Synths、漆黒の“実験電子楽器”「SYNTRX II」を発表…… 記録対応のジョイステイックやピアノロール・シーケンサーを新たに搭載

ローランド、新感覚ガジェット『AIRA Compact』を発表…… 本物の“Rolandサウンド”で気軽に曲づくりを実現

コルグ、DIYオシロスコープ「NTS-2 oscilloscope kit」を発表…… コルグ/ARPをフォーカスした新刊「PATCH & TWEAK with KORG」とバンドルで発売

名機JUNO-60/JUNO-106を最新テクノロジーで蘇生した新型シンセサイザー、ローランド「JUNO-X」がデビュー

シンセサイザー/音づくりの基礎を学べるWebアプリ、Ableton『Learning Synths』がアップデート…… 音色のエクスポートや録音も可能に

人気のローファイ&グリッチ・ビデオシンセ、LoFi Future T-420に待望のEurorack版が登場…… 4HPとコンパクト、約14,000円

teenage engineering、シンセサイザー/シーケンサー内蔵の超小型ミキサー「TX-6」を発表…… USBオーディオIFとしても機能

“ゲーム・ストリーミング・ミキサー”、ヤマハ「ZG01」が発売…… マイク入力とHDMI入力のサウンドを簡単にミックス、DSP機能も搭載

ICON