Feature Image

DAW & PLUG-IN

Apogeeから手のひらサイズの高音質オーディオIF、「BOOM」がデビュー…… 低価格ながらDSPプラグインにも対応

Apogeeが新製品、「BOOM(ブーム)」を発表。手のひらサイズながらオンボードDSPを搭載、音質にも徹底的にこだわったUSBオーディオ・インターフェースの登場です。

Apogee - BOOM

Apogee「BOOM」

Apogeeから大注目の製品が発表になりました。本日(2022年9月16日)販売が開始される「BOOM」は、2ch入力/2ch出力の新型オーディオ・インターフェース。接続インターフェースはUSBで(端子はType-C)、Mac(10.15以降)/Windows(10 Anniversary Update以降)/iOS(15以降)に対応、バス・パワーで動作します。AD/DAコンバーターは24bit/192kHz対応で、前面にはマイク/ライン/各種楽器に対応したCH1入力(XLR/フォーン兼用のコンボ端子)と楽器用のCH2入力(フォーン端子)、背面にはステレオ出力(TRS仕様のフォーン端子)とヘッドフォン出力を装備。筐体は堅牢なアルミニウム製で、“Apogeeカラー”の紫で包まれたようなデザインになっています。

Apogee - BOOM

紫色の筐体は堅牢なアルミニウム製

BOOM」の特徴として、Apogeeが大きくアピールしているのが、その音質です。5万円以下で入手できる「BOOM」ですが、プレミアム・インターフェースに匹敵する品質のマイク・プリアンプとAD/DAコンバーターを搭載しているとのことで、マイク・プリアンプの最大入力レベルは+18dBu、ADコンバーターのダイナミック・レンジは122dB、DAコンバーターのダイナミック・レンジは117dBと、高スペックを実現。また、最大出力レベル+15dBuのヘッドフォン出力は、Apogeeの上位モデルと同じ“ゼロ・オーム”仕様で、プロ用のハイ・インピーダンス・ヘッドフォンとリスニング用のロー・インピーダンス・ヘッドフォンのどちらを接続しても、変わらない周波数特性で再生できるとのことです。

Apogee - BOOM

フロント・パネル。XLR/フォーン兼用のコンボ端子(マイク・プリアンプ内蔵)とフォーン端子(Hi-Z入力対応)を装備

Apogee - BOOM

リア・パネル。ステレオ・メイン出力はTRSフォーン端子のバランス仕様。ヘッドフォン端子もリア・パネルに装備

そして「BOOM」の目玉のフィーチャーと言えるのが、ニアゼロ・レーテンシーでエフェクト処理が行えるオンボードDSPです。オンボードDSPでは、Apogee製のDSPプラグインをパソコンに負荷をかけずに使用でき、「BOOM」にはApogee謹製のチャンネル・ストリップである『Symphony ECS Channel Strip』が付属。ボブ・クリアマウンテンが開発に深く関わった『Symphony ECS Channel Strip』には、3バンドEQ、コンプレッサー、サチュレーターといったプロセッサーが搭載され、すべてニアゼロ・レーテンシーで使用することができます。

BOOM」の主な特徴は、以下のとおりです。

最低限の入出力チャンネル数で、とにかく音の良いオーディオ・インターフェースを探していた人には最適な製品言える「BOOM」。価格は44,990円(税込)で、本日から販売が開始されます。さらなる詳細は、メディア・インテグレーションのWebサイトをご覧ください。

Apogee - BOOM

歴代ローランド製マシンを使って、Webブラウザ上で曲づくりが行える『Roland 50 Studio』が遂に完成…… TR-909を搭載し、計7種類のマシンが使用可能に

ミックス後のボーカル/楽器のピッチを編集できる魔法のプラグイン、Zynaptiq「PITCHMAP」が70%OFFの13,200円で販売中

AudiotonixがSlate Digitalを買収…… SSLやDiGiCo、Allen & Heathと同じグループに

Amiga公認のUSBメカニカル・キーボードが発売…… Mac/Windows/Linux/A500 Miniに対応

Elektron、Digitakt/Digitoneシリーズ/SyntaktのOSをアップデート…… 待望のソング・モードが遂に実装

ラブ・フルテンとteenage engineeringがコラボ、先天性心疾患を持つ子どもの心拍でビートを刻むドラム・マシン「CHD-4」

注目のビデオ・トラックや歌詞トラックなど、「Studio One 6」の新機能を詳細に解説したビデオが公開…… プロデューサーの田辺恵二氏が制作

ティム・コックはMD、ジョニー・ウッズはVHSで新作を発表…… レガシー・メディアでリリースされる電子音楽

teenage engineering、自分でレコードを作成できるマイクロ・カッティング・マシン、「PO-80 record factory」を発売…… Yuri Suzuki/学研とコラボ

PreSonus、「Studio One 6」を発表…… UIをディープにカスタマイズできるエディターやスマート・テンプレート機能を搭載、日本語対応の歌詞表示機能も

AI機械学習でギター・アンプやストンプをモデリングできる革新的なソフト、IK Multimedia「AmpliTube TONEX」が発売…… 無償版も同時公開

Avid、無償で利用できるPro Tools、「Pro Tools Intro」の提供を開始…… サード・パーティー製プラグインやMelodyneにも対応

無償のオーディオ編集ソフト Audacityが3.2.0にアップデート…… VST3とリアルタイム・プラグイン処理に対応、Mac版はAppleシリコンをサポート

あらゆる種類のローファイ映像を生成できる新種のグリッチ・プロセッサー、BPMC「Televandalist」がデビュー

Ableton、Live 11.2を正式リリース…… 標準リバーブの『Reverb』が進化、Mac版はAUv3にネイティブ対応

来たる11月4日、Ableton Meetup Tokyoが活動開始7周年/節目の50回を記念したアニバーサリー・イベントを開催

テーブルトップSIDシンセ、Twisted Electrons TherapSIDがアップデート…… 最終モデルとなる「TherapSID MKIII」が発売

Aphex Twinのアイディアを具現化したサンプル加工ソフト、「samplebrain」が無償公開…… サンプルを別のサンプルの音響特性に一致させて再生

ICON