Feature Image

SYNTH & MACHINE

サンプリング・ドラム・マシンの名機 SP-1200が、生みの親の手で蘇生? 11月3日、Rossum Electro-Musicが新製品を発表

ボブ・モーグ(Bob Moog)、デイヴ・スミス(Dave Smith)、トム・オーバーハイム(Tom Oberheim)と並ぶ北米シンセサイザー界の巨人、デイヴ・ロッサム(Dave Rossum)。E-mu Modular SystemやEmulator、SP-1200、Proteusなど、電子楽器史に残る名機の生みの親である氏は、2015年に自身の名を冠した新会社、Rossum Electro-Musicを設立。御年73となった今でも、現役の技術者/コンピューター・プログラマーとして、ユニークなEurorackモジュールを次々に世に送り出しています(ちなみに相方のマルコ・アルパート(Marco Alpert)氏も業界では知られた人物で、北米でAKAI Sシリーズを成功に導いた後、E-mu Systemsを経て、AntaresでAuto-Tuneの普及に尽力。デイヴ・ロッサムがRossum Electro-Musicを設立した後は、再びパートナーを組み、その右腕として世界中を飛び回っています)。

Rossum Electro-Music - Brand New SP-1200

デイヴ・ロッサム(Dave Rossum)(2016年3月の『SUPERBOOTH』にて)

そんなRossum Electro-MusicがInstagramで、2021年11月3日に“エキサイティングな製品を発表する”と告知。Instagramの投稿には、『Serious Repercussions』というメッセージが画像とテキストで添えられており、シンセサイザーの老舗情報サイト MATRIXSYNTHによると、発表されるのは新型のSP-1200(!)とのこと。Rossum Electro-Musicは、昨年1月の『The NAMM Show』のタイミングで、SP-1200の35周年記念エディションを発表していますが、写真を見る限りそれとは異なる新型のようです(フロッピー・ドライブの搭載はなく、その代わりにSDカード・スロット(?)のようなものが見えます)。2021年11月3日10:00(米国太平洋標準時。日本時間2021年11月4日深夜2:00)に発表される『Serious Repercussions』なニュー・プロダクト。今から非常に楽しみです。

Rossum Electro-Music - Brand New SP-1200

Brand New SP-1200 by Rossum Electro-Music (Image via MATRIXSYNTH)

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON