Feature Image

NEW PRODUCT

NAMM 2019: Akai Pro、PC無しで制作/ライブが行える、“スタンドアローンAbleton”的マシン「Force」を発表

来週木曜日(日本時間:25日(金)の深夜3時)に始まる世界最大規模の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その開幕に先行して、Akai Professionalは本日、新製品「Force」を発表しました。

Akai Professional - Force

マルチ・カラーのマトリクス・パッドと、大型のマルチタッチ・ディスプレイが目を惹く「Force」は、スタンドアローンで(コンピューター無しで)音楽制作やライブ・パフォーマンスが行えるマシン。スタジオ/制作用プロダクション・ツールと、ライブ/DJ用パフォーマンス・ツールの垣根を取り払うというのが「Force」の大きなコンセプトのようで、Akai Professionalは、“最新の機能と想像力を最大限引き出すワークフローの両方を兼ね備えたマシン”とアピールしています。

Akai Professional - Force

Force」の基本となるのが、パターンやフレーズを“クリップ”として扱うワークフローで、これにより直感的なアレンジ/パフォーマンスが可能になっているとのこと。このあたりは、Ableton Liveからインスパイアされた設計という印象です。トラックは、オーディオや長尺のサンプルを扱う『オーディオ・トラック』のほか、MPCスタイルの『ドラム・トラック』、4種類のソフト・シンセをプラグインとして扱う『プラグイン・トラック』、ピアノなどマルチ・サンプルの音源を扱う『キーグループ・トラック』、外部MIDI機器を鳴らす/コントロールする『MIDIトラック』、Eurorackモジュールなどを制御する『CVトラック』が用意され、1台完結型のマシンではありますが、外部機器との連携も十分に考慮されていることが分かります。Akai Professionalによれば、将来実施されるアップデートで、Ableton Liveとのディープ・インテグレーション機能も実装されるとのことです。

Akai Professional - Force

Force」の主な機能/仕様は、以下のとおりです。

Force」は北米では2019年2月5日、ヨーロッパでは2月後半に販売が開始され、北米での販売価格は1,499ドル(約165,000円)となっています。詳しくは、Akai ProfessionalのWebサイトをご覧ください。

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON