Feature Image

NEW PRODUCT

Avid、新型オーディオIF「Pro Tools | Carbon」を発表…… FPGAと8基のDSPを搭載、HDXシステムをスマートに実現

Avidが新製品、「Pro Tools | Carbon」を発表。大きな話題になっています。

Avid - Pro Tools | Carbon

Avid「Pro Tools | Carbon」

Avid - Pro Tools | Carbon

背面。コンピューター(現時点ではMacのみ対応)とはEthernetで接続する

1990年代初頭にDSPベースのPro Toolsが登場して以降、世界中のプロフェッショナル/スタジオが待ち望んでいたデバイスが遂に登場します。本日Avidがアナウンスした「Pro Tools | Carbon」は、同社製品としては初めて、DSPをオンボード搭載したオーディオ・インターフェース。長年PC用カード(NuBus/PCI/PCIeカード)に依存してきたDSP処理を、オーディオ・インターフェース内でスマートに実行する画期的な製品です。これによってPro Tools | HDXシステムの大きな特徴(世界中のプロフェッショナル/スタジオが愛用し続ける大きな理由)である超低レーテンシー・レコーディングとPCに負担をかけないプラグイン処理が、極めてシンプルなセットアップで可能になります。

Avid - Pro Tools | Carbon

DSPをオンボード搭載した初のPro Toolsインターフェース

Pro ToolsあるいはPro Tools | Ultimateで利用できる「Pro Tools | Carbon」は、1Uラック・サイズのオーディオ・インターフェースで、リリース時点ではMacのみに対応、コンピューターとはEthernetで接続します(Thunderbolt 2/Thunderbolt 3をEthernetに変換した接続にも対応。ただしスイッチやルーターを介した接続には非対応)。Avidによれば、高帯域幅のAVBベースのプロトコルの採用により、32bit浮動小数点オーディオをストリームできる仕様になっているとのこと。背面にはRJ-45端子が2基備わっています。オーディオ・インターフェースとしては、トータル25ch同時入力/34ch同時出力という仕様で、8基のマイク・プリアンプ、2系統のインストゥルメント入力、8chのD-Subアナログ入出力、2組のオプティカルADAT入出力、ワード・クロック入出力、ステレオ・モニター出力、4系統のヘッドフォン出力を搭載。8基のマイク・プリアンプは、XLR/TRSフォーン兼用のコンボ端子が採用され、うち4chはバリアブル・インピーダンス仕様になっています。完全なAvid純正オーディオ・インターフェースとしては久々の製品となる「Pro Tools | Carbon」ですが、搭載しているマイク・プリアンプはパッド・レス設計で、126dBという広大なダイナミック・レンジを持っているとのこと。ADコンバーターもかなり凝った設計になっているようで、チャンネルあたり4つのADコンバーター・チップを搭載、32bit変換されたオーディオを劣化なしにコンピューターにストリームできるとのことです。

Avid - Pro Tools | Carbon

高性能のカスタムFPGAとHDXカードと同等のDSPを8基搭載

Pro Tools | Carbon」の最大のフィーチャーは、言うまでもなくオンボードのDSP機能です。高性能のカスタムFPGAとHDXカードと同等のDSPを8基搭載し、DSPは1秒あたり224億回(!)ものプロセスを実行、その処理能力は総計で2.8GHzにおよぶとのこと。1ms未満という超低レーテンシーでオーディオをバンドリングするFPGAは、1,529×1,529マトリクスという膨大なキャパシティを誇ります。このオンボードDSP機能によって、超低レーテンシーのレコーディングとコンピューターに負荷をかけないプラグイン処理が可能になるわけですが、Pro Toolsのプラグイン・アーキテクチャーの最大の強みは、DSP処理とネイティブ処理(CPU処理)をシームレスに扱える点にあると言っていいでしょう。AAX DSP対応のプラグインはすべてAAX Nativeにも対応しているため、クリックひとつでDSP処理とネイティブ処理を行き来することが可能。プロジェクトや作業内容に合わせて、DSP処理とネイティブ処理を使い分けることができるこのアーキテクチャーを、Avidは2つの世界のベストを活用できる『ハイブリッド・エンジン』と呼んでいます。

Avid - Pro Tools | Carbon

Pro Toolsの年間サブスクリプション・ライセンスがバンドル

Pro Toolsの年間サブスクリプション・ライセンス、「Pro Tools | Carbon」プレミアム・プラグイン、Avid Heat、5.4GB以上のサウンド・ライブラリーなど、膨大なソフトウェアもバンドルされる「Pro Tools | Carbon」。出荷は既に開始されており、国内での販売価格は、435,000円(税別)となっています。さらなる詳細は、AvidのWebサイトをご覧ください。

Ableton、「Live 11」の販売を開始…… 多くのアーティストが愛用する音楽制作ソフトウェアがさらに進化

Daft Punkの1997年/2007年のライブでの使用機材を描いたオリジナル・ポスターが販売中

IK Multimedia、スマホやデジタル一眼でXLRマイク入力を実現する便利デバイス、「iRig Pre 2」を発表…… 流行のClubhouseでも活躍

2ミックスのドラムだけを除去/ブーストできる画期的なプラグイン、Zynaptiq「UNMIX::DRUMS」が半額の9,900円で販売中

トップ・エンジニア 杉山勇司氏が講師を務めたミックス/マスタリング・セミナーが、YouTubeで全編視聴可能に

Ableton、「Live 11」を2月23日にリリースすると発表…… 実施中の20%OFFプロモは「Live 11」発売と同時に終了

時間軸で音色をダイナミックに変化できるフィルター・プラグイン、Caelum Audio「Flux Mini」が無料ダウンロード開始

ビデオ・アーティスト/VJのための実験ツール、Cat Full of Ghosts Electronics「VIDEO XCHNG」が発売

UVI、デュアル・レイヤーを採用した究極のチップチューン音源、「8-Bit Synth」をリリース…… 2月8日まで40%OFFで販売中

グラミー・エンジニア、アル・シュミットがボーカル録音と楽器録音、マイクの特性について解説した書籍が刊行

NYのトラックメイカー、ピーター・バークが新作のサンプルパックの無料配布を開始…… ローファイ・ヒップホップにも使える珠玉のサンプルパック

ボス、技クラフトの新作「TB-2W」を限定発売…… 伝説のファズ Tone Bender Mk IIを現代の技術で再構築

コルグ、KORG Gadget 2 Pluginsをアップデート…… Windows版とMac版の6種類のガジェットがNKSに対応

手のひらサイズのBuchla? かわいいデザインの小型モジュラーシンセ、Modern Sounds「Pluto」がデビュー

teenage engineering pocket operator modular 16をEurorackモジュール化できるキット、Grayscale「POKIT」が発売

Universal Audio、『UAD』のモデリング・エフェクトを足元で実現する新世代ストンプ、「UAFX」ペダルを発表

IKEAとLEGOがコラボレーション、レゴブロックを組み立てられる収納ボックス、「BYGGLEK」が発売

今週日曜日、完全マシン・オンリーのテクノ・イベント『OHM』が開催…… 5組のアーティストが出演

ICON