Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #20:Teenage OP-1に触発されて開発がスタートしたラズパイ・シンセ「OTTO」

日本のシンセ仙人をはじめ、世界にはRaspberry Piを使って電子楽器を開発している人がたくさんいます。その中でも最近注目を集めているのが、プログラマーのtopisani氏が中心となって開発が進められている「OTTO」というシンセサイザー。「OTTO」は、Raspberry Pi 3を使用したオープン・ソースのシンセサイザーで、小型筐体にシンセサイザー、サンプラー、エフェクター、シーケンサー、スタジオ・モジュールの各機能を搭載。ユーザー・インターフェースはシンプルで使いやすくモーダルで、何より“実験的な電子楽器”に仕上げられているのが特徴です。

topisani - OTTO

レーザーカット筐体の最初のプロト・タイプ

topisani - OTTO

3Dプリンターで製作された新しいプロト・タイプ

topisani氏によれば、「OTTO」のプロジェクトはTeenage Enginerring OP-1のクローンとしてスタートしたそうですが、すぐにオリジナルのシンセサイザーへと開発方針を変更。全体的なフォームファクタはOP-1の影響下にあるものの、中身やユーザー・インターフェースは大きく異なるとのことです。

OTTO」の主な特徴は以下のとおりです。

topisani - OTTO

現在開発中のユーザー・インターフェース画面

OTTO」は、オープン・ソースのシンセサイザーであり、開発はGitHubで進められています。きっと「OTTO」の外観を見て、欲しくなった人もいると思いますが、残念ながら現時点では製品化の予定は無し。しかしソース・コードは公開されているので、C++とハードウェアに強い方なら、自身の手で具現化できる可能性もあります。ちなみに「OTTO」のソース・コードは、最新のC++で書かれており、可能な限りモジュール化されているとのこと。詳しくは、GitHubのプロジェクト・ページをご覧ください。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON