Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #4:シンセ仙人開発の“ラズパイ・シンセ”、「S³-6R」がさらに進化! 待望の一般頒布も間もなく?

R社の元サウンド・エンジニア、“シンセ仙人”が独自に開発を進めているデジタル・シンセ、「S³-6R(エスキューブ6R)」がバージョン4にアップデート。待望の頒布も、そう遠くないうちに開始されそうです。(注:シンセ仙人からのご指摘により、一部文面を修正しました。2018年8月6日15:00)

R-MONO Lab - S³-6R

昨日と今日、東京・ビックサイトで開催されているMakerたちの祭典、『Maker Faire Tokyo 2018』。今年もシンセ仙人製作のオリジナル・シンセ、「S³-6R」が展示されていました(一昨年のレポート記事はこちら)。「S³-6R」は、Raspberry Pi 3を使って製作されたデジタル・シンセで、過激な変調でもエイリアス・ノイズが少ない独自の“αα-Phase Modulation”に適応させた2基のオシレーターと、位相変調専用のモジュレーション・ソース(EG/LFO)を備え、複雑で厚みのあるサウンドを作り出せるのが特徴です。24bit/96kHzの“ハイレゾ”処理により、サウンドの解像度や音色の変化も非常になめらか。6ボイス・ポリフォニック仕様で(ポリフォニック・ポルタメントにも対応!)、ステレオ・エフェクトも搭載しています。

R-MONO Lab - S³-6R

「S³-6R」のコアとなるRaspberry Pi 3

今回お披露目された最新バージョン、Ver.4ではオシレーター1の種類が20、オシレーター2の種類が7、計27種類に増え(Ver.3では計15種類)、フィルターの“形状”を変質できる機能“Filter Shape Mutator”に、応答範囲を拡張した“Filter Shape Mutator-X”を新たに追加。これまで以上に複雑な音作りが可能になりました。“Filter Shape Mutator-X”は、“Filter Shape Mutator”と比べるとマイルドな効きが特徴とのことです。

「S³-6R」バージョン4のデモ・ビデオ

そしてこの「S³-6R」、遂に少量頒布が行われるもよう。シンセ仙人いわく、どのような形での頒布がベストか、いろいろとリサーチしているとのことです。現在はローランドのRoland Boutiqueシリーズ用キーボード、K-25mに収められている「S³-6R」ですが、このスタイルに関しても再考しているとのこと。一体どのような形で頒布されるのか、期待して待つことにしましょう。「S³-6R」について詳しくは、シンセ仙人が所属するR-MONO LabのWebサイトをご覧ください。

R-MONO Lab - S³-6R

「S³-6R」を手にするシンセ仙人

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON