Feature Image

SYNTH & MACHINE

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

来週木曜日から4日間にわたって開催される世界最大の楽器の展示会、『The NAMM Show』。その開幕を前に、コルグが新製品、「NTS-1 digital kit mkII」を発表しました。

KORG - NTS-1 digital kit mkII

コルグ「NTS-1 digital kit mkII」

コルグが2019年に発売したNTS-1 digital kitは、手のひらサイズのDIYシンセサイザーです(開発者インタビュー記事は、こちら)。ハードウェアだけでなく、内部のソフトウェアもDIY仕様で、プログラムに長けた人ならば自作のシンセサイザーやエフェクトを作成してロードすることが可能。プログラムなんてできないという人も、サード・パーティーが開発したソフトウェアをロードして楽しむことができます。

KORG - NTS-1 digital kit mkII

ハンダ付けなどは不要、誰でも簡単に組み立てることができる

そんなNTS-1 digital kitが、発売から約4年を経てモデル・チェンジ。基本的なコンセプトはそのままに、「NTS-1 digital kit mkII」として生まれ変わりました。新しい「NTS-1 digital kit mkII」では、プロセッサーがよりパワフルなものに換装され、その処理能力を活かしたオシレーター・タイプやエフェクト・アルゴリズムが多数追加。また、外部オーディオ信号を使用したFM/AM/リング・モジュレーションが可能になるなど、シンセサイザーとしての基本スペックが大幅に向上しました。さらには、音階演奏を行うためのリボン・コントローラーが18鍵のマルチタッチ・キーボードに変更され、MIDIノートをポリフォニックで送信することも可能に。演奏性も十分考慮された設計になっています。

KORG - NTS-1 digital kit mkII

新たに18鍵マルチタッチ・キーボードを搭載

また、ライブ・モードとステップ・モード、2つの方法で入力できる8ステップ・シーケンサーも新たに搭載。「NTS-1 digital kit mkII」では、MIDI出力端子が搭載されたため、他の楽器をシーケンスすることも可能になっています。細かいところでは、オート・セーブ機能の搭載も見逃せないポイントでしょう。オート・セーブ機能は、音色パラメーターだけでなく、ステップ・シーケンサーにも適用され、電源を入れるだけで前回使用時の状態が復帰します。

KORG - NTS-1 digital kit mkII

MIDI出力端子を使えば、他の楽器をシーケンスさせることも可能

ガジェット的なルックスはそのままに、より本格的なシンセサイザーとして進化した「NTS-1 digital kit mkII」。さらなる詳細は、コルグのWebサイトをご覧ください。

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON