Feature Image

DAW & PLUG-IN

IK Multimedia、「MODO BASS 2」を発表…… 待望のフレットレス/アップライト・モデルを収録、無償版も同時にリリース

IK MultimediaがMODO BASSの次期バージョン、「MODO BASS 2」をアナウンス。このバージョンから、無償で利用できる「MODO BASS CS」と、安価な収録ベース・モデル限定版「MODO BASS SE」も提供されることになりました。

IK Multimedia - MODO BASS 2

IK Multimedia「MODO BASS 2」

ベース音源の定番として、プロ/アマ問わず多くの人に愛用されているIK MultimediaのMODO BASS。あらかじめ収録されたサンプルを再生するのではなく、リアルタイム演算で音を生成するフィジカル・モデリング方式を採用することで、これまでになくリアルで有機的なサウンドを実現しているのが特徴です。サンプルを一切使用しないため、動作が非常に軽快で、ストレージ容量を食わないというのも人気のポイント。Fender Precision BassやJazz Bass、Music Man StingRay、Rickenbacker 4003など、実在の楽器を再現した“ベース・モデル”が多数収録され、パーツを交換したりといったディープなエディットにも対応しています。

IK Multimedia - MODO BASS 2

実在の楽器の音色/振る舞いをフィジカル・モデリングで再現

本日発表された新バージョン「MODO BASS 2」では、新たに8種類のベース・モデルが追加され、ベース・モデルの総数が22種類に。新しいベース・モデルの目玉は、Fender Jaco Pastorius Jazz Bassをモデリングした『Fretless Jazz』とPino Palladino Music Man Stingrayをモデリングした『Fretless Bass Man』で、遂にフレットレス・ベースも再現できるようになりました。さらにはアップライト・ベースをモデリングした『Studio Upright』と『Rockabilly』、Noah Paraffina Bassをモデリングした『Aluminum』、Fender Marcus Miller Jazz Bassをモデリングした『Fusion J-Bass』、Danelectro Longhorn Bassをモデリングした『Horn Bass』、Fender Mark Hoppus Jazz Bassをモデリングした『Punk Bass』といったベース・モデルも収録されています。

IK Multimedia - MODO BASS 2

フレットレス・ベースをモデリングした『Fretless Bass Man』

IK Multimedia - MODO BASS 2

アップライト・ベースをモデリングした『Studio Upright』

新しいベース・モデルが追加されただけでなく、基本機能も強化されており、中でも注目はフレーズを詳細にブラウズできる『PATTERNS』画面の搭載。『PATTERNS』画面では、音楽ジャンル、演奏スタイル、長さ、拍子などを指定し、実際に試聴しながらブラウズできるため、これまで以上に素早く目的のフレーズを見つけることができます。また、『PLAYSTYLE』画面で選択できるピック奏法/スラップ奏法のアルゴリズムも改善。フィジカル・モデリングならではの奏法の再現力も、大幅に向上しています。

MODO BASS 2」は、本日から予約が開始され、リリースは2022年4月を予定しているとのこと。beatcloudでの販売価格は以下のとおりで、冒頭でも触れたとおり、本バージョンから無償版の「MODO BASS CS」と、収録ベース・モデル限定版の「MODO BASS SE」も提供されます。さらなる詳細は、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

歴代ローランド製マシンを使って、Webブラウザ上で曲づくりが行える『Roland 50 Studio』が遂に完成…… TR-909を搭載し、計7種類のマシンが使用可能に

ミックス後のボーカル/楽器のピッチを編集できる魔法のプラグイン、Zynaptiq「PITCHMAP」が70%OFFの13,200円で販売中

AudiotonixがSlate Digitalを買収…… SSLやDiGiCo、Allen & Heathと同じグループに

Amiga公認のUSBメカニカル・キーボードが発売…… Mac/Windows/Linux/A500 Miniに対応

Elektron、Digitakt/Digitoneシリーズ/SyntaktのOSをアップデート…… 待望のソング・モードが遂に実装

ラブ・フルテンとteenage engineeringがコラボ、先天性心疾患を持つ子どもの心拍でビートを刻むドラム・マシン「CHD-4」

注目のビデオ・トラックや歌詞トラックなど、「Studio One 6」の新機能を詳細に解説したビデオが公開…… プロデューサーの田辺恵二氏が制作

ティム・コックはMD、ジョニー・ウッズはVHSで新作を発表…… レガシー・メディアでリリースされる電子音楽

teenage engineering、自分でレコードを作成できるマイクロ・カッティング・マシン、「PO-80 record factory」を発売…… Yuri Suzuki/学研とコラボ

PreSonus、「Studio One 6」を発表…… UIをディープにカスタマイズできるエディターやスマート・テンプレート機能を搭載、日本語対応の歌詞表示機能も

AI機械学習でギター・アンプやストンプをモデリングできる革新的なソフト、IK Multimedia「AmpliTube TONEX」が発売…… 無償版も同時公開

Avid、無償で利用できるPro Tools、「Pro Tools Intro」の提供を開始…… サード・パーティー製プラグインやMelodyneにも対応

無償のオーディオ編集ソフト Audacityが3.2.0にアップデート…… VST3とリアルタイム・プラグイン処理に対応、Mac版はAppleシリコンをサポート

あらゆる種類のローファイ映像を生成できる新種のグリッチ・プロセッサー、BPMC「Televandalist」がデビュー

Ableton、Live 11.2を正式リリース…… 標準リバーブの『Reverb』が進化、Mac版はAUv3にネイティブ対応

来たる11月4日、Ableton Meetup Tokyoが活動開始7周年/節目の50回を記念したアニバーサリー・イベントを開催

テーブルトップSIDシンセ、Twisted Electrons TherapSIDがアップデート…… 最終モデルとなる「TherapSID MKIII」が発売

Aphex Twinのアイディアを具現化したサンプル加工ソフト、「samplebrain」が無償公開…… サンプルを別のサンプルの音響特性に一致させて再生

ICON