Feature Image

DAW & PLUG-IN

IK Multimedia、新世代シンセサイザー音源「Syntronik 2」を発売…… 新たにMicrowaveやOSCarなど11種類の音源を搭載、無償版もダウンロード可能

IK MultimediaがSyntronikの新バージョン、「Syntronik 2(シントロニック・ツー)」を発表。Waldorf MicrowaveやOSC OSCarなど11種類のシンセサイザーが追加されるなど、メジャー・バージョン・アップに相応しい大幅な機能強化が図られました。

IK Multimedia - Syntronik 2

IK Multimedia「Syntronik 2」。この画面はWaldorf Microwaveを再現した『Megawave』

2017年に発売されたSyntronikは、“シンセサイザー・グル”としてこの世界では有名なエリク・ノーランダー(Erik Norlander)が全面監修した強力なシンセサイザー音源。サンプリングとアナログ・モデリングを組み合わせたハイブリッド音源方式を採用し、MinimoogやProphet-5、JUPITER-8といった名機のサウンドをこれまで以上にリアルに再現します(開発者インタビュー記事は、こちら)。単体で4パート・マルチ音源として機能するので、複数のシンセサイザーを組み合わせて、ベロシティ・レイヤー/キー・マッピングを自由に設定することも可能。T-RackS/MixBox/AmpliTube直系のマルチ・エフェクトも搭載しています。

IK Multimedia - Syntronik 2

4種類のシンセサイザーを自由にレイヤー/マッピングできる

初のメジャー・バージョン・アップとなる「Syntronik 2」の目玉は、新たに追加された11種類のシンセサイザー。そのリストは以下のとおりで、これによって合計55機種/33種類のシンセサイザーを内包する音源となりました。IK Multimediaによれば、開発はコンディションの良い実機を用意するところからスタートし、長い年月をかけてサンプリング/モデリングした自信作とのことです。

IK Multimedia - Syntronik 2

OSC Oscarを再現した『OSC-V』

Syntronik 2」のもう一つの大きなフィーチャーが、SampleTank 4スタイルの『EDIT』画面の搭載。『EDIT』画面では、新作シンセサイザーのすべてのパラメーター/モジュレーション・マトリクスを設定することができ、さらには“Waves Sets”というブラウザーによってユーザー・サンプルを簡単に読み込むことも可能に。ヴィンテージ・シンセサイザーの再現にとどまらない、広範な音づくりが行えるのも「Syntronik 2」の大きな特徴です。その他、4パートの音源の設定を行う『MULTI』画面の刷新、71種類/最大5つ同時に使用できるマルチ・エフェクト、強化されたアルペジエーター/シーケンサーなど、機能面でも大幅な進化を遂げた「Syntronik 2」。beatcloudでのイントロ・プライスは以下のとおりで、Crossgradeは99.99ドル/ユーロ以上のIK Multimedia製品の登録ユーザー、UpgradeはSyntronik 2/Syntronik/Syntronik Deluxe有償版(Total Studio 2/3/3.5 MAX収録版を含む)の登録ユーザーが購入できます。無償で利用できるCSバージョンも用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

ICON