Feature Image

VIDEO SYNTH

LZX Industries、第3世代のビデオ・シンセサイザー「Gen3」シリーズの販売を開始…… ビデオ・シンセも遂にHD対応に

LZX Industriesが新型ビデオ・シンセサイザー、「Gen3」シリーズの出荷を開始。ビデオ・シンセサイザーも遂にHDに対応(!)、次なるタームへと突入しました。

LZX Industries - Video Synthesizer Gen3 Series

LZX Industries「Gen3」シリーズ

LZX Industriesが満を持して販売を開始した「Gen3」シリーズは、第1世代のVisionaryシリーズ(2010〜2013年)、第2世代のExpeditionシリーズ(2014〜2019年)に次ぐ、“第3世代”のビデオ・シンセサイザー。両シリーズで培われた技術とノウハウを元に、ビデオ・シンセサイザーの新しいスタンダードとなるべく開発された、LZX Industries渾身の新製品です。

Gen3」シリーズが発表されたのは2019年11月のことで、その少し前からExpeditionシリーズの販売が段階的に終了になったため、約2年間、ビデオ・シンセサイザーに興味があっても始められない(モノが手に入らない)状況が続いていました。しかし「Gen3」シリーズの発売によって、そんな状況もようやく改善されることになります(ちなみにICONでは一昨年、『ビデオ・シンセサイザーの世界』という新連載をスタートしたのですが、その直後にExpeditionシリーズとVidiotが販売終了になってしまっため、2回目以降の掲載を見送っていました。しかし「Gen3」シリーズが発売になったことで、ようやく再開できそうです)。

LZX Industries - Video Synthesizer Gen3 Series

第1世代のVisionaryシリーズ (Image via LZX Community)

LZX Industries - Video Synthesizer Gen3 Series

第2世代のExpeditionシリーズ

Gen3」シリーズは、Visionary/Expedition両シリーズと同じく、Eurorack・3Uフォーマットのモジュラー・シンセサイザーです。ケースや電源は、(変な表現ですが)“音のモジュラー”と共通で、既にモジュラーシンセをやられている方であれば、手持ちのモジュールをそのまま利用することが可能。ただしLZX Industriesのビデオ・モジュラーは、電圧のレンジが0〜1Vと低く規定されているので、必要に応じてアッテネートする必要があります。このあたりの話はいずれ詳しく解説しますが、重要なのは、ビデオ・モジュラーと言っても音のモジュラーと何ら変わらない、“モジュラー・シンセサイザー”であるということ。両者の間に隔たりは無く、ケースや電源、パッチ・ケーブルは共通であり、たとえばDoepfer A-110の矩形波をエンコーダーに入力すれば、モニターにはスクエアな模様が表示されます。

LZX Industries - Video Synthesizer Gen3 Series

ビデオ・レート周波数に同期した波形

新しい「Gen3」シリーズは、あらゆる点で先代のExpeditionシリーズから大きな進化を遂げています。複合的な機能を持つモジュールが多かったExpeditionシリーズに対し、Gen3シリーズではVisionaryシリーズのようなシンプルで単機能なモジュールに回帰。『エンコーダー』『ミキサー』『キーヤー』と、各モジュールの機能が分かりやすくなっているのがポイントです。また、ビデオ・シンセサイザーの新しい標準として、“末長く使用できる”ことも大きなコンセプトになっているようで、ポットやジャック、スイッチ類には耐久性のあるパーツを採用。また、入手が難しくなってしまうようなパーツは使用しないなど、生産性も十分に考慮されており、サスティナビリティのある製品に仕上げられています。

Expeditionシリーズと比較した機能面での大きな進化としては、何と言ってもHDへの対応が挙げられるでしょう。“4K/8Kの時代に、今さらHD?”と思われた方もいるかもしれませんが、「Gen3」シリーズはVisionary/Expedition両シリーズ同様、非デジタル=アナログ回路で信号を生成するビデオ・シンセサイザーです。ご存じのとおり、アナログの映像にはデジタル生成では得られない独特の味があり、それがHD解像度で出力できるというのは「Gen3」シリーズの大きな魅力。具体的には、「Gen3」システムの核となるエンコーダー/シンクロナイザーの「ESG3 Encorder」は、最高1080i/pのHDコンポーネント出力/シンクをサポートしており、他のモジュールも基本的にHDレートの信号処理に対応する設計になっています(LZX Industriesによれば、Visual Cortex以外のExpeditionモジュールも、その多くがHDをサポートするとのことです)。加えて、超低ノイズ設計のパワー・サプライを内蔵しているというのも「Gen3」シリーズの大きな特徴。背面には12VDCの電源端子が備わっており、LZX Industriesが新たに発売したDC Distro(電源モジュール)や、対応するアダプターを使って電源を供給できる仕様になっています(もちろん、Eurorack標準のパワー・ヘッダーも備えているので、ケースやパワー・モジュールから電源供給することもできます)。ビデオ・モジュールは電力の消費量が非常に大きく、また電源ノイズの影響も受けやすいため、専用のパワー・サプライが内蔵されたのはHD対応と同じくらい大きな進化と言っていいでしょう。

LZX Industries - Video Synthesizer Gen3 Series

パワー・サプライを内蔵しているのは「Gen3」シリーズの大きな特徴 (Image via LZX Community)

Gen3」シリーズの第一弾として発表されたのは、システムの核となるエンコーダー/シンクロナイザーの「ESG3 Encorder」、デュアル・シェイプ・ジェネレーターの「DSG3 Dual Shape」、フェーダー/キーヤーの「FKG3 Keyer」、マトリクス・ミキサーの「SMX3 Matrix Mixer」、アフィン・トランスフォーマーの「ART3 Affine Morph」、デュアル・オシレーターの「DWO3 Dual OSC」という6種類のモジュール。いずれも横幅12HPというパネルに、厳選されたノブ/スイッチ/入出力が整然と配され、高機能ながら操作性も十分に考慮されたデザインになっています。HPあたりの機能も大幅に向上しており、たとえば「DWO3 Dual OSC」は、完全に独立したビデオ・オシレーターを2基搭載。ExpeditionシリーズのPrismatic Rayが16HPでシングル・オシレーターだったことを考えると、HPあたりの機能は実に2.6倍以上の計算になります(84HPで14オシレーター!)。フェーダー/キーヤーの「FKG3 Keyer」も、ExpeditionシリーズのDoorway(10HP)とMarble Index(16HP)を組み合わせたRGB信号のキーイングが単体で行えるので、その“HPパフォーマンス”(つまりはコスト・パフォーマンス)は相当高いと言っていいでしょう。なお、今後も続々と新しいモジュールが発売になる予定で、LZX Industriesによれば、現時点で21〜27種類(!)のモジュールが計画されているとのことです。

ビデオ・シンセサイザーのニュー・スタンダード、LZX Industries「Gen3」シリーズ。販売価格は6種類のモジュールすべて399ドルで、「ART3 Affine Morph」と「DWO3 Dual OSC」を除く4種類のモジュールはプリ・オーダー受付中、「FKG3 Keyer」は2021年10月22日から出荷が開始されています。さらなる詳細は、LZX IndustriesのWebサイトをご覧ください。

LZX Industries - Video Synthesizer Gen3 Series

Waves、個性的でローファイなディレイ/リバーブ・プラグイン「Lofi Space」(通常価格:99ドル)を本日限定で無償配布中

Cycling ’74、Max 8を25%OFFで販売するBlack Fridayセールを開始…… バージョン・アップ、クロスグレード、アカデミック版も対象

WavesがBlack Fridayセールをスタート…… Horizonが実質28,600円、Diamondが実質22,000円、Platinumが12,100円

Ableton、Live 11やMax for Live、Packを25%OFFで販売するBlack Fridayセールを開始…… アップグレードも対象

IK Multimedia、新世代シンセサイザー音源「Syntronik 2」を発売…… 新たにMicrowaveやOSCarなど11種類の音源を搭載、無償版もダウンロード可能

PreSonus、Studio OneやNotionを30%OFFで販売するBlack Fridayセールを開始…… クロスグレード/バージョン・アップ/アップグレードも対象

マイコンソフト、RGB映像を滲みなくクッキリ鮮明に取り込めるキャプチャー・ボード、「SC-700」を発表…… レトロ・ゲーム/レトロPCの録画に最適

今週金曜と土曜の2日間、大型配信イベント『MIフェスティバル』が開催…… 錚々たる面々が話題のツールや最新のワークフローを解説

ピッチ/タイミング編集ソフトの定番、Celemony MelodyneのBlack Fridayセールがスタート…… 最大50%以上のディスカウント

Ableton Liveとモジュラーシンセをワイヤレスで同期する2HPのクロック・ジェネレーター、Circuit Happy「ML:2」が登場

4台のMIDIデバイスを高精度に同期できるUSB MIDIインターフェース/MIDIスプリッター、MeeBlip「cubit duo」が登場

3つの操作でマスタリングが完了する便利プラグイン、Brainworx「bx_masterdesk Classic」(通常価格:149ドル)が11月24日まで無償配布中

ローランド、名機JD-800とJX-8Pを遂にRoland Boutique化…… マイクロ・シンセ、「JD-08」と「JX-08」がデビュー

Waves、Platinumを過去最安値・約95%OFFの12,100円で販売するセールを開始…… 48時間限定、10日18時に終了

モーグ財団、シンセサイザーの偉人たちをフィーチャーしたカレンダーを限定発売…… 梯郁太郎氏や三枝文夫氏など、日本のレジェンドも登場

多くの名盤を生み出してきた伝説のスタジオのサウンドを再現するプラグインが登場…… IK Multimedia「T-RackS FAME Studio Reverb」が発売

ボス、“技クラフト”のファズ・ペダル「FZ-1W」を発表…… 『VINTAGE』と『MODERN』、2つのモードを搭載

ズーム、新型マルチトラック・レコーダー「R20」を発表…… タッチ・スクリーンを搭載、指先での直感的な編集を実現

ICON