Feature Image

VIDEO SYNTH

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

1970年代にアメリカの技術者、スティーヴ・ラット(Steve Rutt)と、同じくアメリカのビデオ・アーティスト、ビル・エトラ(Bill Etra)によって発明されたビデオ・シンセサイザー、Rutt/Etra Video Synthesizer(ラット・エトラ・ビデオ・シンセサイザー)。ブラウン管の水平走査線/垂直走査線を制御するランプ信号に別の信号を加算し、同時に電子ビームの強さ(=輝度)を変化させることで、まるで三次元で歪んでいるかのようなユニークな映像を生み出すリアルタイム・プロセッサーです。その処理のフローは、“スキャン・プロセッシング(Scan Processing)”と呼ばれ、現在も多くの愛好家たちがLZX Industriesのビデオ・モジュラーPure Dataなどのソフトウェアを使って、独特の映像効果を楽しんでいます(ビデオ・シンセサイザーについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください)。

Rutt/Etra Video Synthesizer

そのRutt/Etra Video Synthesizerの映像効果をコンピューター上で再現するのが、「Rutt-Etra-Izer(ラットエトライザー)」と名付けられたイミュレーターです。フェリックス・ターナー(Felix Turner)氏が開発した「Rutt-Etra-Izer」は、スキャン・プロセッシングをブラウザ上で実行する無料のWebアプリケーション。ロードできるのは静止画のみなので、正確にはビデオ・シンセサイザーとは言えないかもしれませんが、パラメーターの変化はリアルタイムに画像に反映され、さらにはマウス操作で画像を自由に回転/縮小〜拡大できるので、スキャン・プロセッシングのおもしろさを存分に堪能することができます。

Rutt-Etra-Izer

「Rutt-Etra-Izer」

使用方法はシンプルで、手持ちの画像を右側の“Drop Image Here”と記されたエリアにドラッグするだけで処理が実行されます(左側の“Load Image”ボタンをクリックして、ファイルをブラウズすることも可能)。画像はドラッグ操作によって三次元に回転させることができ、スクロール/ホイール操作で縮小〜拡大することも可能。さらには左側に用意されているパラメーターを操作することで、スキャン・プロセッシングの具合を変化させることもできます。

Rutt-Etra-Izer
Rutt-Etra-Izer
Rutt-Etra-Izer

Rutt-Etra-Izer」に用意されているパラメーターは、以下のとおりです。

発明から半世紀が経とうとしている現在も、多くの人を魅了し続けているRutt/Etra Video Synthesizer。いま、ハードウェアでスキャン・プロセッシングを実行しようとすると、モニター・ディスプレイがいちばんのネックになりますが(昔のオシロスコープなど、XYZ入力を備えたブラウン管モニターを用意しなければなりません)、「Rutt-Etra-Izer」ならば簡単にその効果を楽しむことができます。非常によくできたWebアプリケーションですので、ぜひチェックしてみてください。

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

コルグ、新型「volca sample」を発表…… USB端子の搭載により、パソコンとの連携がスムーズに

コルグ、人気のミュージック・ワークステーション「i3」に、マット・シルバーの新色をラインナップ

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

PreSonus、次世代の無料DAW「Studio One 5 Prime」の提供を開始…… Studio One 5の新機能を搭載し、さらに進化

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

究極のファミコン互換機の最終モデル、Analogue「Nt mini Noir」が数量限定で再販…… このあと0時から

ローランド、TR-8Sをバージョン2にアップデート…… FM音源が新たに追加され、音色のバリエーションが拡大

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ICON