Feature Image

NEWS

ビデオ・シンセサイザーの決定版と言える新製品、LZX Industries「Chromagnon」がこの春発売

アメリカのビデオ・シンセサイザー・メーカー LZX Industriesが、新製品「Chromagnon(クロマニョン)」を発表。まさしく決定版と言えるビデオ・シンセサイザーがこの春デビューします。

LZX Industries - Chromagnon

欧米ではここ数年で愛好家が増え、人気が高まっているビデオ・シンセサイザー(ビデオ・シンセサイザーについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください)。そのブームの火付け役とも言えるLZX Industriesが、新型ビデオ・シンセサイザー「Chromagnon」を発表しました。「Chromagnon」は、同社の“第三世代”ビデオ・シンセサイザー、『Automata』シリーズの第一弾となる製品で、映像合成に必要となる様々な機能が統合されたスタンドアローン・マシン。ビデオ・シンセサイザーの基本機能であるシンクロナイザー/デコーダー/エンコーダーはもちろんのこと、ランプ・ジェネレーター/カラライザー/クロマ・キーヤー/アニメーターなど、多くの機能を備えています。同社はこれまでもVidiotというスタンドアローンのビデオ・シンセサイザーを販売していましたが、今回発表された「Chromagnon」は、強力なパターン・ジェネレーション/モーション機能を搭載しているのが大きな特徴。入出力のインターフェースが充実しているのもポイントで、ILDA端子を標準装備しているため、レーザー・プロジェクターにダイレクトに接続することもできます。単体で使用できる「Chromagnon」ですが、エンクロージャーを取り外すことで、Eurorackモジュールとして使用することも可能。多数備わっているパッチ端子は、LZXスタンダード(0〜1V)に準拠しているので、既存のLZX Industries製ビデオ・モジュールと組み合わせることもできます。

LZX Industries - Chromagnon

付属のエンクロージャー

Chromagnon」の発表に合わせて、LZX Industriesは多数の製品の生産完了をアナウンスしました。その中にはビデオ・モジュラー・システムのコア・モジュールであるVisual Cortexや、スタンドアローンのビデオ・シンセサイザーとして大ヒットしていたVidiotも含まれ、同社によれば、それらの後継製品となるのが今回発表された「Chromagnon」とのこと。従って「Chromagnon」は、ビデオ・モジュラー・システムの新しいコア・モジュールであると同時に、ビデオ・シンセサイザーの入門機でもあるという、幅広いユーザー層をカバーする製品になります。LZX Industriesは、ビデオ・シンセサイザー“第三世代”への移行を機に、肥大化した製品ラインのスリム化に取り組んでおり、今後は多機能なスタンドアローン・ビデオ・シンセサイザー『Automata』シリーズと、単機能のEurorackモジュールという2つの製品ラインを柱にしていくもよう。実際、複合的な機能を持ったEurorackモジュールの多くが生産完了になっており、それらは今後時間をかけて『Automata』シリーズに集約されていくようです。

満を持して登場する新世代ビデオ・シンセサイザー、「Chromagnon」。出荷は2020年3月20日開始予定で、販売価格は799ドル。その機能を考えると、非常にコスト・パフォーマンスは高いと言っていいでしょう。さらなる詳細は、LZX IndustriesのWebサイトをご覧ください。

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ギターに最適化されたオーディオIF、IK Multimedia「AXE I/O Solo」…… 入力インピーダンスの連続可変機能を搭載

SuperColliderでTR-808を再現するプログラム「SC-808」…… 808サウンドを自分好みにチューニング可能

ローランド、TR-808プラグインの無料体験キャンペーンを開始…… 同時に8分8秒のショート・ビデオも公開

R2-D2の声の誕生秘話も…… 映画の音響制作に迫ったドキュメンタリー、『ようこそ映画音響の世界へ』が公開

Studio One 5の新機能やTIPSを語り尽くすオンライン・イベントが、今晩20時からYouTubeで無料生配信

コルグ、KRONOS Sound Librariesを特別価格で販売する、2週間限定サマー・セールを開始

経年変化による音の違いまでも再現された“究極のJUNO-106音源”、ローランド「JUNO-106 Model Expansion」

MIDIデータを瞬時に記録/ループ再生できるループ・マシン、Bastl Instruments「Midilooper」

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ICON