Feature Image

NEWS

ビデオ・シンセサイザーの決定版と言える新製品、LZX Industries「Chromagnon」がこの春発売

アメリカのビデオ・シンセサイザー・メーカー LZX Industriesが、新製品「Chromagnon(クロマニョン)」を発表。まさしく決定版と言えるビデオ・シンセサイザーがこの春デビューします。

LZX Industries - Chromagnon

欧米ではここ数年で愛好家が増え、人気が高まっているビデオ・シンセサイザー(ビデオ・シンセサイザーについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください)。そのブームの火付け役とも言えるLZX Industriesが、新型ビデオ・シンセサイザー「Chromagnon」を発表しました。「Chromagnon」は、同社の“第三世代”ビデオ・シンセサイザー、『Automata』シリーズの第一弾となる製品で、映像合成に必要となる様々な機能が統合されたスタンドアローン・マシン。ビデオ・シンセサイザーの基本機能であるシンクロナイザー/デコーダー/エンコーダーはもちろんのこと、ランプ・ジェネレーター/カラライザー/クロマ・キーヤー/アニメーターなど、多くの機能を備えています。同社はこれまでもVidiotというスタンドアローンのビデオ・シンセサイザーを販売していましたが、今回発表された「Chromagnon」は、強力なパターン・ジェネレーション/モーション機能を搭載しているのが大きな特徴。入出力のインターフェースが充実しているのもポイントで、ILDA端子を標準装備しているため、レーザー・プロジェクターにダイレクトに接続することもできます。単体で使用できる「Chromagnon」ですが、エンクロージャーを取り外すことで、Eurorackモジュールとして使用することも可能。多数備わっているパッチ端子は、LZXスタンダード(0〜1V)に準拠しているので、既存のLZX Industries製ビデオ・モジュールと組み合わせることもできます。

LZX Industries - Chromagnon

付属のエンクロージャー

Chromagnon」の発表に合わせて、LZX Industriesは多数の製品の生産完了をアナウンスしました。その中にはビデオ・モジュラー・システムのコア・モジュールであるVisual Cortexや、スタンドアローンのビデオ・シンセサイザーとして大ヒットしていたVidiotも含まれ、同社によれば、それらの後継製品となるのが今回発表された「Chromagnon」とのこと。従って「Chromagnon」は、ビデオ・モジュラー・システムの新しいコア・モジュールであると同時に、ビデオ・シンセサイザーの入門機でもあるという、幅広いユーザー層をカバーする製品になります。LZX Industriesは、ビデオ・シンセサイザー“第三世代”への移行を機に、肥大化した製品ラインのスリム化に取り組んでおり、今後は多機能なスタンドアローン・ビデオ・シンセサイザー『Automata』シリーズと、単機能のEurorackモジュールという2つの製品ラインを柱にしていくもよう。実際、複合的な機能を持ったEurorackモジュールの多くが生産完了になっており、それらは今後時間をかけて『Automata』シリーズに集約されていくようです。

満を持して登場する新世代ビデオ・シンセサイザー、「Chromagnon」。出荷は2020年3月20日開始予定で、販売価格は799ドル。その機能を考えると、非常にコスト・パフォーマンスは高いと言っていいでしょう。さらなる詳細は、LZX IndustriesのWebサイトをご覧ください。

NAMM 2020: 275個のキーを備えた新感覚キーボード、「Lumatone」が登場…… マイクロトーナルに対応

NAMM 2020: 新世代MIDIハーモニカ、Lekholm Instruments「DM48」がデビュー

定番ドラム音源、XLN Audio Addictive Drumsの最大40%OFFセールがスタート…… 日本限定/2月2日まで

NAMM 2020: モーター・フェーダーを搭載したLARCのようなリバーブ・ストンプ、Chase Bliss Audio「CXM 1978」

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

ICON