Feature Image

NEWS

Apple、Logic Pro X 10.5のトライアル版を公開…… 3ヶ月/90日間、Logic Pro Xを制限なく使用可能

昨日リリースされたApple Logic Pro Xの最新バージョン、10.5。数字だけ見るとコンマ以下のバージョン・アップではありますが、『Live Loops』や『Drum Machine Designer』といった魅力的な新機能が多数追加され、標準のサンプラー音源が刷新されるなど、かなり強力な内容になっています(プレス・リリースでは、“Logic Pro X 発表以来、最大規模のアップデート”と謳われています)。

Apple - Logic Pro X Free Trial

10.5のリリースで、Logic Pro Xに興味を持った人も多いと思いますが、Appleは今年3月に公開したフリートライアル版も同時にアップデート。誰でも90日間、Logic Pro X 10.5を思う存分使用することができます。フリートライアル版は、サウンド・ライブラリーを含むLogic Pro X 10.5のすべての機能を使うことができ(機能制限は一切なし)、作成したプロジェクトはもちろん保存することが可能(有償版のLogic Pro Xで、そのまま開くことができます)。何と言っても90日間(約3ヶ月!)という十分な試用期間が設定されているのがポイントで、Logic Pro Xの購入を検討している方は、まずは自身の環境で実際に試してみるのをおすすめします。なおLogic Pro X 10.5を使用するには、10.14.6以降のmacOSと、最低6GBのストレージ空き容量が必要(すべてのサウンド・ライブラリーをインストールするには72GBのストレージ空き容量が必要)。Logic Pro Xについて詳しくはこちらのページ、フリートライアル版について詳しくはこちらのページをご覧ください。

楽曲をリアルタイムに再構築できる、DJ/マシン・ライブのためのオーディオ・ルーパー、alter.audio「Timetosser」

コルグ POLY-800を忠実に再現したソフト・シンセ、Full Bucket Music「FURY-800」の無償配布が開始

IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・モデルを発売…… T-RackS 5を無償進呈するプロモも実施

ゲーム感覚でフレーズを無限に生み出すことができるポータブル・シンセサイザー、「Ellitone E[64]」が間もなく発売

Spitfire Audio、“クジラの音”をグラニュラー合成したサンプル音源、「Granular Whalesong」の無償配布を開始

teenage po modular 400に、EMS Synthiのようなマトリクス・パッチを追加する「POM-400 MATRIX KIT」

デスクトップ型のデジアナ・ハイブリッド・シンセ、Fred’s Lab「Töörö」が間もなくデビュー

すべての文字がクロス(×)の組み合わせでできたフォント、「Cross Stitched」が無調配布中

ゲーム機のようにエフェクトを入れ替えられるストンプ、COOPER FX「ARCADES」…… DSPクロックを変化させることも可能

Teenage Pocket Operatorが初めてフィーチャーされたミュージック・ビデオ、Dolores Haze『I Got My Gun』

FXpansion、定番ドラム音源「BFD3」を50%OFFの22,000円で販売するプロモを開始…… 6月30日まで

モジュラーシンセの伝道師 DivKid、Valhalla Supermassive用のオリジナル・プリセットを無償公開

エムアイセブン、超絶ギタリスト Kelly SIMONZ氏制作のStudio One用マルチトラック・データの無償提供を開始

Cycling ’74 Maxを基礎から学べる『Maxサマースクール・イン・藝大』が今年はオンラインで開催…… テーマは“MaxとAI”

Zynaptiq、「WORMHOLE」を約50%OFFの8,900円で販売するプロモを開始…… 音響効果に最適な複合プラグイン

ジョイスティックでモジュラーシンセを操れるCVコントローラー、Life is Unfair Audio Devices「Potential」

KORG Germany、シンセ業界の著名人たちが調理レシピを紹介した電子書籍、『The Pyjama Cookbook』を無償で公開

IK Multimedia、マスタリング・ツール「Lurssen Mastering Console」を5,990円で販売するプロモを開始

ICON