Feature Image

NEWS

SH-101をノートPCのような薄い筐体に収納、世界初の“充電対応”のアナログ・シンセ、「SB01」の予約販売が開始

今年5月の『SUPERBOOTH19』で発表され(その際のレポート記事は、こちら)、大きな話題を呼んだ新型アナログ・シンセサイザー、「SB01(Space Bee)」の予約販売が遂に始まりました。

Superlative Instruments - SB01 Space Bee

アメリカ・マサチューセッツ州ケンブリッジのスタートアップ、Superlative Instruments初の製品となる「SB01」は、これまでで最も薄く、世界で初めて充電に対応したアナログ・シンセサイザー。一目見て分かるとおり、元になっているのは名機SH-101で、クラシックで普遍的なサウンドを現代の技術で蘇らせたモダンなアナログ・シンセサイザー、それが「SB01」なのです。

Superlative Instruments - SB01 Space Bee

Superlative Instrumentsは「SB01」の開発にあたり、Open Music Labsと共同で、“SH-101と1:1のシグネイチャー回路(完全なクローン回路)”を設計。VCOにはもちろんCEM3340互換のチップ、VCFには4ポールOTA互換のチップを採用し、慎重に回路設計を行うことで、SH-101の完全な再現に成功したとのこと。その上で、内蔵ステップ・シーケンサーの機能を大幅に強化するなど、単なるクローンではない現代的なアナログ・シンセサイザーとして昇華させています。

Superlative Instruments - SB01 Space Bee

そして「SB01」の大きな特徴と言えるのが、100%アナログのサウンドと、かつてない携帯性/可搬性を両立している点です。基本的なデザインはSH-101を踏襲しているものの、筐体の厚みは約2.4cmと、ノート・パソコンのように薄く仕上げられています。また、リチウム・イオン・バッテリーを内蔵しているため、電源の無い場所でも使用することが可能。アナログ・シンセサイザーでありながら、一度の充電で最大16時間(!)使用できるというのは、他には無いユニークな特徴と言っていいでしょう。もちろん、リチウム・イオン・バッテリーは交換可能なので、末長く使用することができます。

Superlative Instruments - SB01 Space Bee

SB01」の主な特徴は、以下のとおりです。

SB01」の予約販売は、Kickstarterのクラウドファンディングによって数量限定で行われており、スーパー・アーリー・バード価格は899ドル以上、アーリー・バード価格は949ドル以上、通常版の価格は999ドル以上で、いずれも100台限定で受付(合計300台限定)。出荷開始は、2020年6月予定となっています。さらなる詳細は、Kickstarterのキャンペーン・ページをご覧ください。

入力音に“音楽的なキャラクター”を付加できる無料のコンプレッサー・プラグイン、Tokyo Dawn Records「TDR Molotok」

u-heの無料ソフト・シンセ「Zebralette」がアップデート…… UIが刷新され、操作性/視認性が大幅に向上

Novation、Aphex Twinが“リミックス”した新型シンセサイザー、「AFX Station」を発表

ローランド、TR-606プラグインを発売…… 強力なシーケンサーを搭載、音色ごとにチューニングとディケイをコントロール可能

Soma Laboratory LYRA-8を再現した無料のソフトシンセ「LIRA•8」…… 延々と遊べる“ソフトウェア・ドローン・マシン”

ローランド、新型リズム・マシン「TR-6S」を発表…… TR-8Sと同等の音源を搭載しながら、コンパクト・サイズと低価格を実現

ポルトガルの女性ビルダーが製作するガジェット系電子楽器、SISMOが日本に上陸…… 1万円台で買える、ハイセンスなマシンたち

Zynaptiq「PITCHMAP」が75%OFFの9,900円で販売中…… 2ミックスの特定の音のピッチを変えられる魔法のプラグイン

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

ICON