Feature Image

NEWS & INFO

SH-101をノートPCのような薄い筐体に収納、世界初の“充電対応”のアナログ・シンセ、「SB01」の予約販売が開始

今年5月の『SUPERBOOTH19』で発表され(その際のレポート記事は、こちら)、大きな話題を呼んだ新型アナログ・シンセサイザー、「SB01(Space Bee)」の予約販売が遂に始まりました。

Superlative Instruments - SB01 Space Bee

アメリカ・マサチューセッツ州ケンブリッジのスタートアップ、Superlative Instruments初の製品となる「SB01」は、これまでで最も薄く、世界で初めて充電に対応したアナログ・シンセサイザー。一目見て分かるとおり、元になっているのは名機SH-101で、クラシックで普遍的なサウンドを現代の技術で蘇らせたモダンなアナログ・シンセサイザー、それが「SB01」なのです。

Superlative Instruments - SB01 Space Bee

Superlative Instrumentsは「SB01」の開発にあたり、Open Music Labsと共同で、“SH-101と1:1のシグネイチャー回路(完全なクローン回路)”を設計。VCOにはもちろんCEM3340互換のチップ、VCFには4ポールOTA互換のチップを採用し、慎重に回路設計を行うことで、SH-101の完全な再現に成功したとのこと。その上で、内蔵ステップ・シーケンサーの機能を大幅に強化するなど、単なるクローンではない現代的なアナログ・シンセサイザーとして昇華させています。

Superlative Instruments - SB01 Space Bee

そして「SB01」の大きな特徴と言えるのが、100%アナログのサウンドと、かつてない携帯性/可搬性を両立している点です。基本的なデザインはSH-101を踏襲しているものの、筐体の厚みは約2.4cmと、ノート・パソコンのように薄く仕上げられています。また、リチウム・イオン・バッテリーを内蔵しているため、電源の無い場所でも使用することが可能。アナログ・シンセサイザーでありながら、一度の充電で最大16時間(!)使用できるというのは、他には無いユニークな特徴と言っていいでしょう。もちろん、リチウム・イオン・バッテリーは交換可能なので、末長く使用することができます。

Superlative Instruments - SB01 Space Bee

SB01」の主な特徴は、以下のとおりです。

SB01」の予約販売は、Kickstarterのクラウドファンディングによって数量限定で行われており、スーパー・アーリー・バード価格は899ドル以上、アーリー・バード価格は949ドル以上、通常版の価格は999ドル以上で、いずれも100台限定で受付(合計300台限定)。出荷開始は、2020年6月予定となっています。さらなる詳細は、Kickstarterのキャンペーン・ページをご覧ください。

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON