Feature Image

NEWS & INFO

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

ドイツ・ベルリンで開催されている世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。今年も多くの新製品が発表されていますが、その中でも来場者の注目を特に集めていたのが、「SB-1/Space Bee」というシンセサイザーです。

Superlative Instruments - SB-1/Space Bee

アメリカ・ケンブリッジの新興メーカー、Superlative Instrumentsがお披露目した「SB-1/Space Bee」は、名機SH-101を元に開発された新型シンセサイザー。音源部は完全なアナログ回路で、オシレーターにはCEM3340のリイシュー、フィルターには独立したエンベロープを含む4ポールOTAを採用。発売から30年以上経った今でも世界中の人たちに愛されている、SH-101のサウンドを忠実に再現しています。

Superlative Instruments - SB-1/Space Bee

これだけだったら単なるクローンですが、「SB-1/Space Bee」の最大の特徴はそのデザインにあります。パネル・デザインはSH-101を踏襲していますが、ラバー・ドーム・スイッチを使ったオリジナル鍵盤により、超薄型の筐体を実現。実測はできませんでしたが、感覚的には3cmくらいの厚みしかなく、実物を目の前にするとかなりインパクトがあります。

Superlative Instruments - SB-1/Space Bee

さらに凄いのが、ノート・パソコンのようにリチウム・イオン・バッテリーを内蔵している点。内蔵バッテリーはUSB端子から充電することができ、電源がない環境でも使用することができます。Superlative Instrumentsによれば、充電対応のバッテリーを内蔵したアナログ・シンセサイザーは、これが世界初ではないかとのことです。

Superlative Instruments - SB-1/Space Bee

CV/Gate入出力やトリガー入出力に加え、MIDI入出力、USB端子なども装備し、現代の環境にもマッチした「SB-1/Space Bee」。デザインだけでなく、出音も相当良かったので、SH-101好きでなくとも要注目の新製品と言えそうです。Superlative Instrumentsのスタッフによれば、できるだけ早い時期に販売を開始したいとのことで、価格は1,000ドル以下を目指しているとのことでした。

歴代ローランド製マシンを使って、Webブラウザ上で曲づくりが行える『Roland 50 Studio』が遂に完成…… TR-909を搭載し、計7種類のマシンが使用可能に

ミックス後のボーカル/楽器のピッチを編集できる魔法のプラグイン、Zynaptiq「PITCHMAP」が70%OFFの13,200円で販売中

AudiotonixがSlate Digitalを買収…… SSLやDiGiCo、Allen & Heathと同じグループに

Amiga公認のUSBメカニカル・キーボードが発売…… Mac/Windows/Linux/A500 Miniに対応

Elektron、Digitakt/Digitoneシリーズ/SyntaktのOSをアップデート…… 待望のソング・モードが遂に実装

ラブ・フルテンとteenage engineeringがコラボ、先天性心疾患を持つ子どもの心拍でビートを刻むドラム・マシン「CHD-4」

注目のビデオ・トラックや歌詞トラックなど、「Studio One 6」の新機能を詳細に解説したビデオが公開…… プロデューサーの田辺恵二氏が制作

ティム・コックはMD、ジョニー・ウッズはVHSで新作を発表…… レガシー・メディアでリリースされる電子音楽

teenage engineering、自分でレコードを作成できるマイクロ・カッティング・マシン、「PO-80 record factory」を発売…… Yuri Suzuki/学研とコラボ

PreSonus、「Studio One 6」を発表…… UIをディープにカスタマイズできるエディターやスマート・テンプレート機能を搭載、日本語対応の歌詞表示機能も

AI機械学習でギター・アンプやストンプをモデリングできる革新的なソフト、IK Multimedia「AmpliTube TONEX」が発売…… 無償版も同時公開

Avid、無償で利用できるPro Tools、「Pro Tools Intro」の提供を開始…… サード・パーティー製プラグインやMelodyneにも対応

無償のオーディオ編集ソフト Audacityが3.2.0にアップデート…… VST3とリアルタイム・プラグイン処理に対応、Mac版はAppleシリコンをサポート

あらゆる種類のローファイ映像を生成できる新種のグリッチ・プロセッサー、BPMC「Televandalist」がデビュー

Ableton、Live 11.2を正式リリース…… 標準リバーブの『Reverb』が進化、Mac版はAUv3にネイティブ対応

来たる11月4日、Ableton Meetup Tokyoが活動開始7周年/節目の50回を記念したアニバーサリー・イベントを開催

テーブルトップSIDシンセ、Twisted Electrons TherapSIDがアップデート…… 最終モデルとなる「TherapSID MKIII」が発売

Aphex Twinのアイディアを具現化したサンプル加工ソフト、「samplebrain」が無償公開…… サンプルを別のサンプルの音響特性に一致させて再生

ICON