Feature Image

NEWS & INFO

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

ドイツ・ベルリンで開催されている世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。今年も多くの新製品が発表されていますが、その中でも来場者の注目を特に集めていたのが、「SB-1/Space Bee」というシンセサイザーです。

Superlative Instruments - SB-1/Space Bee

アメリカ・ケンブリッジの新興メーカー、Superlative Instrumentsがお披露目した「SB-1/Space Bee」は、名機SH-101を元に開発された新型シンセサイザー。音源部は完全なアナログ回路で、オシレーターにはCEM3340のリイシュー、フィルターには独立したエンベロープを含む4ポールOTAを採用。発売から30年以上経った今でも世界中の人たちに愛されている、SH-101のサウンドを忠実に再現しています。

Superlative Instruments - SB-1/Space Bee

これだけだったら単なるクローンですが、「SB-1/Space Bee」の最大の特徴はそのデザインにあります。パネル・デザインはSH-101を踏襲していますが、ラバー・ドーム・スイッチを使ったオリジナル鍵盤により、超薄型の筐体を実現。実測はできませんでしたが、感覚的には3cmくらいの厚みしかなく、実物を目の前にするとかなりインパクトがあります。

Superlative Instruments - SB-1/Space Bee

さらに凄いのが、ノート・パソコンのようにリチウム・イオン・バッテリーを内蔵している点。内蔵バッテリーはUSB端子から充電することができ、電源がない環境でも使用することができます。Superlative Instrumentsによれば、充電対応のバッテリーを内蔵したアナログ・シンセサイザーは、これが世界初ではないかとのことです。

Superlative Instruments - SB-1/Space Bee

CV/Gate入出力やトリガー入出力に加え、MIDI入出力、USB端子なども装備し、現代の環境にもマッチした「SB-1/Space Bee」。デザインだけでなく、出音も相当良かったので、SH-101好きでなくとも要注目の新製品と言えそうです。Superlative Instrumentsのスタッフによれば、できるだけ早い時期に販売を開始したいとのことで、価格は1,000ドル以下を目指しているとのことでした。

AD

開発者が語るローランド初のガジェット楽器、「AIRA Compact」…… 感覚的にコード進行を作れる『コード・シーケンサー』とは一体?

ロック/ポップ・ミュージック史に残る名盤のジャケットを、子猫で再現した『The Kitten Covers』

大物プロデューサーの“魔法のボーカル処理”がプラグインに…… IK Multimedia「T-RackS Joe Chiccarelli Vocal Strip」が発売

250ドルで買える本格的なセミ・モジュラーシンセ、Cre8audio「East Beast」がデビュー…… シーケンサーやキーボードも搭載

ABBAやカーディガンズなど、スウェディッシュ・ポップのリバーブを生み出すプラグイン、Softube「Atlantis Dual Chambers」が発売

Tiptop Audio、待望のブラックMantisを発表…… Buchla 292tはハンドメイド・バクトロールが採用されることに

Tubbutec、ローランド MC-202にアルペジエーター機能やグラフィック・ディスプレイを追加する「MC2oh2」をお披露目

Eventideから、メロディーを生成する革新的なアルゴリズミック・シーケンサー、「Misha」がデビュー

IK Multimedia、精悍な黒色のマイクロ・シンセ、「UNO Synth Pro Desktop Black Edition」を発表…… 数量限定生産

teenage engineering、名機OP-1を全面的にブラッシュアップした新製品「OP-1 field」を発表…… 100もの新機能を追加

Erica Synths、漆黒の“実験電子楽器”「SYNTRX II」を発表…… 記録対応のジョイステイックやピアノロール・シーケンサーを新たに搭載

ローランド、新感覚ガジェット『AIRA Compact』を発表…… 本物の“Rolandサウンド”で気軽に曲づくりを実現

コルグ、DIYオシロスコープ「NTS-2 oscilloscope kit」を発表…… コルグ/ARPをフォーカスした新刊「PATCH & TWEAK with KORG」とバンドルで発売

名機JUNO-60/JUNO-106を最新テクノロジーで蘇生した新型シンセサイザー、ローランド「JUNO-X」がデビュー

シンセサイザー/音づくりの基礎を学べるWebアプリ、Ableton『Learning Synths』がアップデート…… 音色のエクスポートや録音も可能に

人気のローファイ&グリッチ・ビデオシンセ、LoFi Future T-420に待望のEurorack版が登場…… 4HPとコンパクト、約14,000円

teenage engineering、シンセサイザー/シーケンサー内蔵の超小型ミキサー「TX-6」を発表…… USBオーディオIFとしても機能

“ゲーム・ストリーミング・ミキサー”、ヤマハ「ZG01」が発売…… マイク入力とHDMI入力のサウンドを簡単にミックス、DSP機能も搭載

ICON