Feature Image

NEWS

強力ソフト・シンセ Waverazorのハードウェア・バージョン、「Waverazor Dual Oscillator」の国内販売が開始

Alesis Andromeda A6やM-Audio Venomの開発に携わったロブ・ランプリー(Rob Rampley)、タイホー・ヤマダ(Taiho Yamada)、クリス・コンプトン(Chris Compton)という3人のサウンド・デザイナーによって設立されたシンセサイザー・デベロッパー、MOK。同社初の製品であるWaverazorは、凶悪とも言える攻撃的なサウンドが持ち味のソフトウェア・シンセサイザーで、その音色は世界中の名だたるアーティスト/サウンド・デザイナーから高く評価されています。このたび、そのハードウェア・バージョンである「Waverazor Dual Oscillator(ウェーブレイザー・デュアル・オシレーター)」が登場。国内でも販売が開始されました。

1010music MOK - Waverazor Dual Oscillator

2019年1月の『The NAMM Show』で初披露された「Waverazor Dual Oscillator」は、Waverazorの核であるオシレーター部をEurorackモジュール化した製品(26HP)。開発は1010musicとのコラボレーションによって行われ、同社のBitboxなどと同じフォームファクターを採用。MOKのロブ・ラムプレイ氏によれば、1010musicのアーロン・ヒギンズ(Aaron Higgins)氏とは20年以上前、ロブ氏がAlesis、アーロン氏がMicrosoftに在籍していたときからの友人とのことで、数年前の『SUPERBOOTH』で再会した際にハードウェア版Waverazorの話が持ち上がったとのことです(1010musicについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください)。

1010music MOK - Waverazor Dual Oscillator

2019年1月の『The NAMM Show』で発表された「Waverazor Dual Oscillator」

Waverazor Dual Oscillator」の元になったソフトウェア・シンセサイザー、Waverazorについて簡単に紹介しておくと、その最大の特徴はオシレーター部にあります。特許を取得したというオシレーターは、波形をスライスした断片=“セグメント”を繋ぎ合わせるというウェーブ・シーケンスのようなアルゴリズムになっており、セグメント単位でピッチやレベル、位相、DCオフセットといったパラメーターを緻密に設定できるのがポイント。オシレーター・シンクまでもセグメント単位で設定することができ、他のシンセサイザーとは一風異なったアプローチの音作りが可能になっています。「Waverazor Dual Oscillator」では、Waverazorと基本的に同じDSPコード(32bit浮動小数点処理)が使われているとのことで、同じようにセグメントを繋ぎ合わせた複雑な音作りが可能。Waverazorの強力なサウンドを、コンピューター無しで使用することができます。

1010music MOK - Waverazor Dual Oscillator

元になったソフトウェア・シンセサイザー、Waverazor

Waverazorとの違いですが、「Waverazor Dual Oscillator」は純粋なオシレーター・モジュールなので、フィルターやエフェクトなどは備えていません。ですので、スタンドアローンのシンセサイザーとして使用する場合は最低限、EGやVCAなどが必要になります。また、オシレーターの数も2基(Waverazorは3基)、最大セグメント数も8(Waverazorは16)と少し制限がありますが、開発者のロブ氏によれば、“Waverazorの最高の音色は、ほぼ2基のオシレーターと8以下のセグメントで作られているので、まったく問題ありません”とのこと。もちろん、ハードウェアのみの特徴/機能も多数あり、何と言っても大型タッチ・スクリーンによる直感的な操作性は「Waverazor Dual Oscillator」ならではのもの。膨大なパラメーターを誇る「Waverazor Dual Oscillator」ですが、指先で素早くエディットすることができます。そして合計22基のCV入力(うち2基は高解像度入力)とクロック入出力を備えているのも「Waverazor Dual Oscillator」の大きな特徴。これによって任意のパラメーターを外部から自由にモジュレーションすることが可能になっています。ロブ氏によれば、Razor/Slicerパラメーターはオーディオ・レートFMにも対応(!)し、セグメント単位でトリガーを出力したり、外部クロックで波形のスライスが行えるというのも、「Waverazor Dual Oscillator」のみの機能とのことです。

1010music MOK - Waverazor Dual Oscillator

モジュール単体でMIDI入力に対応し、外部キーボード・コントローラーやDAWとの親和性も高い「Waverazor Dual Oscillator」。日本での価格は64,545円で、今のところRock oN Company限定で販売されています。なお、Waverazorにはフリー版のWaverazor LE Freeというバージョンも用意されているので、「Waverazor Dual Oscillator」に興味のある方は最初にそちらを試してみるのがいいかもしれません。

1010music MOK - Waverazor Dual Oscillator

2019年1月の『The NAMM Show』発表時のラック

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ギターに最適化されたオーディオIF、IK Multimedia「AXE I/O Solo」…… 入力インピーダンスの連続可変機能を搭載

SuperColliderでTR-808を再現するプログラム「SC-808」…… 808サウンドを自分好みにチューニング可能

ローランド、TR-808プラグインの無料体験キャンペーンを開始…… 同時に8分8秒のショート・ビデオも公開

R2-D2の声の誕生秘話も…… 映画の音響制作に迫ったドキュメンタリー、『ようこそ映画音響の世界へ』が公開

Studio One 5の新機能やTIPSを語り尽くすオンライン・イベントが、今晩20時からYouTubeで無料生配信

コルグ、KRONOS Sound Librariesを特別価格で販売する、2週間限定サマー・セールを開始

経年変化による音の違いまでも再現された“究極のJUNO-106音源”、ローランド「JUNO-106 Model Expansion」

MIDIデータを瞬時に記録/ループ再生できるループ・マシン、Bastl Instruments「Midilooper」

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ICON