Feature Image

NEWS

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

Moog Musicのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One(モーグ・ワン)」の国内販売がいよいよ開始されます。

Moog Music - Moog One

昨年10月に発表された「Moog One」は、メーカー自ら“究極のMoog”、“夢のシンセ”と喧伝するアナログ・ポリフォニック・シンセサイザー。16ボイス・バージョンと8ボイス・バージョン、2種類のモデルが用意され、3種類の音色を同時に使用できる“トライ・ティンバー”のシンセサイザーとして機能します。音源部は、ボイスごとに3基のアナログVCO、2基の独立したアナログ・フィルター、2系統のアナログ・ノイズ・ジェネレーター、外部オーディオ入力を備えたアナログ・ミキサー、4基のLFO、3基のエンベロープ・ジェネレーターという構成。「Moog One」のために新開発されたトライアングル・コアのVCOは、三角波の波形の上昇/下降時間、鋸波の位相リセット、矩形波のパルス幅を個別に設定できるため、各出力をブレンドすることで複雑な波形を作り出すことが可能。もちろん、ハード・シンク、リング・モジュレーション、FMにも対応しています。また、ボイスごとに用意された2基のノイズ・ジェネレーターは、2種類のノイズを選択/ミックスすることができ、さらには専用のエンベロープ・ジェネレーターが備わっているため、パーカッシブ・サウンドなどさまざまな音作りに活躍。これらのサウンド・ソースを束ねるミキサーが柔軟な設計になっているのも「Moog One」の大きな特徴で、VCO/ノイズ・ジェネレーター/リング・モジュレーター/外部オーディオ入力のフィルター・ルーティングを自由に設定することができます。

Moog Music - Moog One
Moog Music - Moog One
Moog Music - Moog One

出力段には高品位なデジタル・エフェクトも内蔵。デジタル・エフェクトは完全にバイパスできるため、AD/DAコンバーターを通らないアナログの素の音を出力することもできます。手作業で仕上げられた木材(アッシュ)とアルミニウムを組み合わせた筐体には、ベロシティ/アフタータッチ対応の61鍵フル・サイズ・キーボード(Fatar製TP-8S)を搭載。3種類の音色は、キーボード上に簡単にスプリット/レイヤーすることが可能で、個別にシーケンサー/アルペジエーター/デジタル・エフェクトを使用することができます。筐体に配されたノブの総数は73、ボタンの総数は144に及び、中央には大型のLCDディスプレイも装備。アナログ・シンセサイザーとしてはパラメーター数が非常に多い「Moog One」ですが、そのほとんどをハンズオンでコントロールできるのも大きな魅力です。

Moog Music - Moog One
Moog Music - Moog One
Moog Music - Moog One

Moog One」の販売価格は、16ボイス・バージョンが1,350,000円(税込)、8ボイス・バージョンが999,000円(税込)。既にショップでの予約受付は始まっており、発売日は2019年6月28日(金)となっています(注:オーダー商品となるため、納品までに時間がかかる場合もあるとのこと)。詳しくは、コルグ KIDのWebサイトをご覧ください。

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ギターに最適化されたオーディオIF、IK Multimedia「AXE I/O Solo」…… 入力インピーダンスの連続可変機能を搭載

SuperColliderでTR-808を再現するプログラム「SC-808」…… 808サウンドを自分好みにチューニング可能

ローランド、TR-808プラグインの無料体験キャンペーンを開始…… 同時に8分8秒のショート・ビデオも公開

R2-D2の声の誕生秘話も…… 映画の音響制作に迫ったドキュメンタリー、『ようこそ映画音響の世界へ』が公開

Studio One 5の新機能やTIPSを語り尽くすオンライン・イベントが、今晩20時からYouTubeで無料生配信

コルグ、KRONOS Sound Librariesを特別価格で販売する、2週間限定サマー・セールを開始

経年変化による音の違いまでも再現された“究極のJUNO-106音源”、ローランド「JUNO-106 Model Expansion」

MIDIデータを瞬時に記録/ループ再生できるループ・マシン、Bastl Instruments「Midilooper」

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ICON