Feature Image

NEWS

大注目の“モーター駆動のシンセ”、Gamechanger Audio「Motor Synth」の予約が今晩スタート…… 最初の50台は約42%OFFの749ドルで販売

SUPERBOOTH19』でお披露目され、大きな注目を集めたGamechanger Audioの「Motor Synth(モーター・シンセ)」の予約販売が、いよいよ今晩(日本時間:29日1:00)スタートします(『SUPERBOOTH19』のレポート記事は、こちら)。

Gamechanger Audio - Motor Synth

『SUPERBOOTH19』で来場者の度肝を抜いた「Motor Synth」は、世界で初めて“電気機械方式”を採用したデスクトップ・シンセサイザー。小さな光学式ディスクを直流モーターで高速回転させ、ディスクに印刷された“波形”を赤外線フォトセンサーで読み取ることで音を生成するという、非常にユニークな設計のシンセサイザーです。原理はウェーブテーブル・オシレーター、構造はメロトロンの光学式ディスク・バージョンであるオプティガンと捉えれば分かりやすいかもしれません。モーターと光学式ディスクは8組搭載され、4音ポリ×2ボイス(2レイヤー)のシンセサイザーとして機能します。

独特の歪み感があるサウンドは強烈で、8基のモーターが高速回転する見た目も圧巻の「Motor Synth」。予約販売はクラウドファンディング・サイトのIndiegogoで行われ、アーリーバード(最初の50台)は北米での店頭価格の約42%OFFとなる749ドル(!)で販売されるとのこと。詳しくは、Indoegogoのキャンペーン・ページをご覧ください。

香港発の強力なデジタル・シンセサイザー「HYDRASYNTH」がデビュー…… 元Arturia/元Novationのスタッフが開発

Buchla、MIDI対応のデスクトップ音源、「Easel Command Module」を発表…… 30万円台で手に入るBuchlaが登場

コルグ、ポケモンの人気キャラクターをドット絵でデザインしたチューナー/メトロノームを限定発売

ローランド、歴代名機の音色を網羅した“ドリーム・シンセ”、「JUPITER-X」を発表…… 小型版の「JUPITER-Xm」もラインナップ

コルグ、上質なブラック・ラバー塗装を採用、88鍵ピアノ・タッチの新型シンセ、「KROSS 88 MB」を発表

コルグ、手のひらサイズのマイクロ・シンセ「NTS-1 digital kit」を発表…… 約1万円で買える本格デジタル・シンセ

Waves、対象製品を合計6,000円以上購入した人に、希望のバンドル製品を無償進呈するユニークなプロモーションを開始

Ableton、Live Lite/Live Introからのアップグレード製品を最大12,000円OFFで販売するプロモーションを開始

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

ICON