Feature Image

NEWS & INFO

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

ドイツ・ベルリンで開催された世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。今回が初出展となるGamechanger Audioは、驚異的な新製品「Motor Synth(モーター・シンセ)」をお披露目して、来場者の度肝を抜いていました。

Gamechanger Audio - Motor Synth

Plus PedalPlasma Pedalなど、ユニークなストンプ・ボックスを次々に発表し、注目を集めているラトビアの異能集団、Gamechanger Audio。1月の『The NAMM Show』では、Plasma Pedalをラック化した上位モデルのPlasma Rackや、Erica Synthsとのコラボレーションで実現したEurorackバージョン、Plasma Driveを発表して大きな話題になりました。

Gamechanger Audio - Motor Synth

そんなGamechanger Audioが今回お披露目した「Motor Synth」は、世界で初めて“電気機械方式”を採用したデスクトップ・シンセサイザー。光学式ディスクを小型の直流モーターで高速回転させ、ディスクに印刷された波形を赤外線フォトセンサーで読み取ることで音を生成するという、大変ユニークなシンセサイザーです。光学式ディスクには3種類の波形(三角波/鋸波/矩形波)が印刷され、モーターの回転速度を変えることでピッチを制御。原理的にはウェーブテーブル・オシレーター、構造的にはメロトロンの光学式ディスク・バージョンであるオプティガンに近いと言えるでしょう。モーターと光学式ディスクは8組搭載され、4音ポリ×2ボイス(2レイヤー)のシンセサイザーとして機能する設計になっています。

Gamechanger Audio - Motor Synth

モーター・オシレーターの後段には、アナログのマルチモード・フィルターとドライブ回路が備わり、ボイスごとにエンベロープやトーンを調整することが可能。モジュレーション用のLFOも備え、シーケンサーやアルペジエーターも搭載しています。入出力は、オーディオ入出力、MIDI入出力、USBに加えて、CV/Gate入出力やクロック入出力も装備。外部機器との連携性能も抜群です。

Gamechanger Audio - Motor Synth

「まだ開発途中で、音色はファイナルではない」とのことでしたが、独特の歪み感があるサウンドは非常に強烈。何より8基のモーターが高速回転する様は圧巻で、音的にも見た目的にもかなりインパクトのあるシンセサイザーという印象です。「Motor Synth」の最初のバッチは、Indiegogoのクラウドファンディングで販売され、価格は1,200ユーロ前後を予定しているとのこと。クラウドファンディングは、今月28日スタート予定で、Indiegogoのキャンペーン・ページではメール・ニュースの登録も始まっています。

AD

IK Multimedia、定番ベース音源 MODO BASSの無償版の提供を開始…… ’60s Fender Precision Bassモデルを収録

開発者が語るローランド初のガジェット楽器、「AIRA Compact」…… 感覚的にコード進行を作れる『コード・シーケンサー』とは一体?

ロック/ポップ・ミュージック史に残る名盤のジャケットを、子猫で再現した『The Kitten Covers』

大物プロデューサーの“魔法のボーカル処理”がプラグインに…… IK Multimedia「T-RackS Joe Chiccarelli Vocal Strip」が発売

250ドルで買える本格的なセミ・モジュラーシンセ、Cre8audio「East Beast」がデビュー…… シーケンサーやキーボードも搭載

ABBAやカーディガンズなど、スウェディッシュ・ポップのリバーブを生み出すプラグイン、Softube「Atlantis Dual Chambers」が発売

Tiptop Audio、待望のブラックMantisを発表…… Buchla 292tはハンドメイド・バクトロールが採用されることに

Tubbutec、ローランド MC-202にアルペジエーター機能やグラフィック・ディスプレイを追加する「MC2oh2」をお披露目

Eventideから、メロディーを生成する革新的なアルゴリズミック・シーケンサー、「Misha」がデビュー

IK Multimedia、精悍な黒色のマイクロ・シンセ、「UNO Synth Pro Desktop Black Edition」を発表…… 数量限定生産

teenage engineering、名機OP-1を全面的にブラッシュアップした新製品「OP-1 field」を発表…… 100もの新機能を追加

Erica Synths、漆黒の“実験電子楽器”「SYNTRX II」を発表…… 記録対応のジョイステイックやピアノロール・シーケンサーを新たに搭載

ローランド、新感覚ガジェット『AIRA Compact』を発表…… 本物の“Rolandサウンド”で気軽に曲づくりを実現

コルグ、DIYオシロスコープ「NTS-2 oscilloscope kit」を発表…… コルグ/ARPをフォーカスした新刊「PATCH & TWEAK with KORG」とバンドルで発売

名機JUNO-60/JUNO-106を最新テクノロジーで蘇生した新型シンセサイザー、ローランド「JUNO-X」がデビュー

シンセサイザー/音づくりの基礎を学べるWebアプリ、Ableton『Learning Synths』がアップデート…… 音色のエクスポートや録音も可能に

人気のローファイ&グリッチ・ビデオシンセ、LoFi Future T-420に待望のEurorack版が登場…… 4HPとコンパクト、約14,000円

teenage engineering、シンセサイザー/シーケンサー内蔵の超小型ミキサー「TX-6」を発表…… USBオーディオIFとしても機能

ICON