Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

ドイツ・ベルリンで開催された世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。今回が初出展となるGamechanger Audioは、驚異的な新製品「Motor Synth(モーター・シンセ)」をお披露目して、来場者の度肝を抜いていました。

Gamechanger Audio - Motor Synth

Plus PedalPlasma Pedalなど、ユニークなストンプ・ボックスを次々に発表し、注目を集めているラトビアの異能集団、Gamechanger Audio。1月の『The NAMM Show』では、Plasma Pedalをラック化した上位モデルのPlasma Rackや、Erica Synthsとのコラボレーションで実現したEurorackバージョン、Plasma Driveを発表して大きな話題になりました。

Gamechanger Audio - Motor Synth

そんなGamechanger Audioが今回お披露目した「Motor Synth」は、世界で初めて“電気機械方式”を採用したデスクトップ・シンセサイザー。光学式ディスクを小型の直流モーターで高速回転させ、ディスクに印刷された波形を赤外線フォトセンサーで読み取ることで音を生成するという、大変ユニークなシンセサイザーです。光学式ディスクには3種類の波形(三角波/鋸波/矩形波)が印刷され、モーターの回転速度を変えることでピッチを制御。原理的にはウェーブテーブル・オシレーター、構造的にはメロトロンの光学式ディスク・バージョンであるオプティガンに近いと言えるでしょう。モーターと光学式ディスクは8組搭載され、4音ポリ×2ボイス(2レイヤー)のシンセサイザーとして機能する設計になっています。

Gamechanger Audio - Motor Synth

モーター・オシレーターの後段には、アナログのマルチモード・フィルターとドライブ回路が備わり、ボイスごとにエンベロープやトーンを調整することが可能。モジュレーション用のLFOも備え、シーケンサーやアルペジエーターも搭載しています。入出力は、オーディオ入出力、MIDI入出力、USBに加えて、CV/Gate入出力やクロック入出力も装備。外部機器との連携性能も抜群です。

Gamechanger Audio - Motor Synth

「まだ開発途中で、音色はファイナルではない」とのことでしたが、独特の歪み感があるサウンドは非常に強烈。何より8基のモーターが高速回転する様は圧巻で、音的にも見た目的にもかなりインパクトのあるシンセサイザーという印象です。「Motor Synth」の最初のバッチは、Indiegogoのクラウドファンディングで販売され、価格は1,200ユーロ前後を予定しているとのこと。クラウドファンディングは、今月28日スタート予定で、Indiegogoのキャンペーン・ページではメール・ニュースの登録も始まっています。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON