Feature Image

NEWS

シンセにもエフェクターにもなる“ミュージシャンのためのLEGO”、Empress Effects「ZOIA」の国内販売が遂に開始

世界中で大きな話題となっているEmpress Effectsの新製品、「ZOIA(ゾイア)」の国内販売が来週火曜日(2019年4月16日)、いよいよ開始されます。

Empress Effects - ZOIA

昨年1月の『The NAMM Show』で初披露された「ZOIA」は、内部処理を自由にプログラムできる新感覚のストンプ・ボックス(『The NAMM Show』のレポート記事は、こちら)。開発元のEmpress Effectsは、リバーブ・ストンプ Reverbなどで非常に高く評価されている、カナダの気鋭メーカーです。

Empress Effects - ZOIA

筐体下部にはフット・スイッチが備わり、機材のカテゴリーとしてはストンプ・ボックスに分類される「ZOIA」ですが、その中身は完全なDSPユニット。フィルターやディレイといった“モジュール”が80種類以上用意され、それらをモジュラー・シンセのように自由にパッチすることで、複雑なエフェクトを思うがままに作り出せるようになっています。処理系のモジュールだけでなく、オシレーターやルーパーといったサウンド生成系のモジュールも用意されているので、シンセサイザーやサンプラー的なパッチを組むことも可能(CV入出力やMIDI入出力端子も装備)。ストンプ・ボックス筐体に、MaxやReaktorのような機能が凝縮されたまったく新しい音系ガジェット、それが「ZOIA」なのです。

Empress Effects - ZOIA

1月の『The NAMM Show』では、Arturia KeyStepと組み合わせ、シンセ/サンプラーとしても機能することがアピールされていた

ZOIA」で秀逸なのが、非常によく考えられたユーザー・インターフェース。筐体には自照式のボタンが8×5のグリッドで備わっており、任意の2つのボタンを同時に押すことで、モジュール間のパッチが簡単に行えるようになっているのです。例えば、オシレーターの出力をフィルターに入力する場合は、オシレーターを割り当てたボタンとフィルターを割り当てたボタンを同時に押すだけ。モジュール間の接続を確認したいときも、任意のボタンを押せば接続されているボタンが点灯するので、とても分かりやすくなっています。もちろん、各モジュールには詳細なパラメーターが用意されており、それらは高解像度OLEDディスプレイと大型エンコーダーを使って自由にエディットすることが可能。プログラムしたパッチは最大64種類保存でき、SDカードにセーブすることもできます。

Empress Effects - ZOIA

プログラム次第でエフェクターにもシンセサイザーにもなる未来型ストンプ・ボックス、「ZOIA」。Empress Effectsは、“ミュージシャンのためのLEGO”と謳っていますが、その表現にまったく誇張はなく、まさしく変幻自在の音系ガジェットと言っていいでしょう。気になる価格は59,000円(税別)で、輸入代理店のアンブレラカンパニー/ギズモミュージックのオンライン・ストアでは予約受付中。初回入荷台数は限りがあるとのことなので、気になる方は早めのオーダーをおすすめします。

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ギターに最適化されたオーディオIF、IK Multimedia「AXE I/O Solo」…… 入力インピーダンスの連続可変機能を搭載

SuperColliderでTR-808を再現するプログラム「SC-808」…… 808サウンドを自分好みにチューニング可能

ローランド、TR-808プラグインの無料体験キャンペーンを開始…… 同時に8分8秒のショート・ビデオも公開

R2-D2の声の誕生秘話も…… 映画の音響制作に迫ったドキュメンタリー、『ようこそ映画音響の世界へ』が公開

Studio One 5の新機能やTIPSを語り尽くすオンライン・イベントが、今晩20時からYouTubeで無料生配信

コルグ、KRONOS Sound Librariesを特別価格で販売する、2週間限定サマー・セールを開始

経年変化による音の違いまでも再現された“究極のJUNO-106音源”、ローランド「JUNO-106 Model Expansion」

MIDIデータを瞬時に記録/ループ再生できるループ・マシン、Bastl Instruments「Midilooper」

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ICON