Feature Image

NEWS

シンセにもエフェクターにもなる“ミュージシャンのためのLEGO”、Empress Effects「ZOIA」の国内販売が遂に開始

世界中で大きな話題となっているEmpress Effectsの新製品、「ZOIA(ゾイア)」の国内販売が来週火曜日(2019年4月16日)、いよいよ開始されます。

Empress Effects - ZOIA

昨年1月の『The NAMM Show』で初披露された「ZOIA」は、内部処理を自由にプログラムできる新感覚のストンプ・ボックス(『The NAMM Show』のレポート記事は、こちら)。開発元のEmpress Effectsは、リバーブ・ストンプ Reverbなどで非常に高く評価されている、カナダの気鋭メーカーです。

Empress Effects - ZOIA

筐体下部にはフット・スイッチが備わり、機材のカテゴリーとしてはストンプ・ボックスに分類される「ZOIA」ですが、その中身は完全なDSPユニット。フィルターやディレイといった“モジュール”が80種類以上用意され、それらをモジュラー・シンセのように自由にパッチすることで、複雑なエフェクトを思うがままに作り出せるようになっています。処理系のモジュールだけでなく、オシレーターやルーパーといったサウンド生成系のモジュールも用意されているので、シンセサイザーやサンプラー的なパッチを組むことも可能(CV入出力やMIDI入出力端子も装備)。ストンプ・ボックス筐体に、MaxやReaktorのような機能が凝縮されたまったく新しい音系ガジェット、それが「ZOIA」なのです。

Empress Effects - ZOIA

1月の『The NAMM Show』では、Arturia KeyStepと組み合わせ、シンセ/サンプラーとしても機能することがアピールされていた

ZOIA」で秀逸なのが、非常によく考えられたユーザー・インターフェース。筐体には自照式のボタンが8×5のグリッドで備わっており、任意の2つのボタンを同時に押すことで、モジュール間のパッチが簡単に行えるようになっているのです。例えば、オシレーターの出力をフィルターに入力する場合は、オシレーターを割り当てたボタンとフィルターを割り当てたボタンを同時に押すだけ。モジュール間の接続を確認したいときも、任意のボタンを押せば接続されているボタンが点灯するので、とても分かりやすくなっています。もちろん、各モジュールには詳細なパラメーターが用意されており、それらは高解像度OLEDディスプレイと大型エンコーダーを使って自由にエディットすることが可能。プログラムしたパッチは最大64種類保存でき、SDカードにセーブすることもできます。

Empress Effects - ZOIA

プログラム次第でエフェクターにもシンセサイザーにもなる未来型ストンプ・ボックス、「ZOIA」。Empress Effectsは、“ミュージシャンのためのLEGO”と謳っていますが、その表現にまったく誇張はなく、まさしく変幻自在の音系ガジェットと言っていいでしょう。気になる価格は59,000円(税別)で、輸入代理店のアンブレラカンパニー/ギズモミュージックのオンライン・ストアでは予約受付中。初回入荷台数は限りがあるとのことなので、気になる方は早めのオーダーをおすすめします。

NAMM 2020: 275個のキーを備えた新感覚キーボード、「Lumatone」が登場…… マイクロトーナルに対応

NAMM 2020: 新世代MIDIハーモニカ、Lekholm Instruments「DM48」がデビュー

定番ドラム音源、XLN Audio Addictive Drumsの最大40%OFFセールがスタート…… 日本限定/2月2日まで

NAMM 2020: モーター・フェーダーを搭載したLARCのようなリバーブ・ストンプ、Chase Bliss Audio「CXM 1978」

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

ICON