Feature Image

NEWS

NAMM 2018: パソコン不要のReaktor!? ストンプ型の未来型モジュラー・シンセ、Empress Effects Zoiaがデビュー!

本日、最終日を迎えた世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。今年も多数の新製品が発表されましたが、中でもダントツで一番おもしろかった(物欲を刺激された)のが、Empress Effectsの「Zoia(ゾイア)」という新製品。これが今年の『The NAMM Show』、ICONの金賞です!

Empress Effects - Zoia

人気のリバーブ・ストンプ「Reverb」などで知られるEmpress Effectsがお披露目した「Zoia」は、いわゆるストンプ・ボックスにカテゴライズされる製品ですが、実はシンセサイザーにもシーケンサーにもルーパーにもなる、新しいタイプの電子楽器。Empress Effectsは「Zoia」のことを、“電子楽器のLEGO”と紹介しています。

Empress Effects - Zoia

「Zoia」は、言ってみればストンプ型の“DSPボックス”。「Zoia」には、オシレーター、フィルター、ADSR、VCA、LFO、オーバー・ドライブ、EQ、ディレイ・ライン、CVマルチプル、CVインバートなどなど、多数の“モジュール”が用意されており、それらを自由に組み合わせることで、自分好みの電子楽器を作成することができます。Cycling ’74 MaxあるいはNative Instruments Reaktorが、ストンプに入っていると捉えれば分かりやすいかもしれません。

Empress Effects - Zoia

ステレオ・ディレイのパッチ図

“ハードウェア版Max”のような製品はこれまでも存在しましたが、「Zoia」が秀逸なのはプログラムをコンピューターに頼らずに本体だけで行える点。本体には8×5のマトリクス・ボタンと大型のエンコーダー、ディスプレイが備わっており、それらを操作することで自由に電子楽器を作成することができるのです。最初に見たとき、“こんな小さなディスプレイでどうやってプログラムするんだろう?”と思ったのですが、実際の操作は至ってシンプル。使用するモジュールは任意のマトリクス・ボタンにアサインされ、モジュール間のパッチを行う場合は、出力元のモジュールのボタンを押しながら、入力先のモジュールのボタンを押すだけ。パッチを切る場合は、再びこの操作をすればよく、Maxのようなソフトが苦手な人でも簡単にプログラムすることができます。この操作については、Reverbがアップしたビデオが分かりやすいので、そちらもぜひご覧ください(38秒あたりから)。

モジュールは処理系のものだけでなく、オーディオ入出力やMIDI入出力、CV入力、クロック入力などエクスターナル系のものも用意されており、それらも同じ要領でパッチすることが可能。もちろん各モジュールには複数のパラメーターが用意され、それらはエンコーダーとディスプレイによって設定することができます。

Empress Effects - Zoia

「Zoia」がおもしろいのは、ゲインやEQ、ディレイ・ラインといったエフェクト系モジュールだけでなく、オシレーターやフィルターといったシンセ系モジュールが大量に用意されているところ。LFOやADSRといったモジュレーション・ソースも充実しており、Empress Effectsはブース内の展示パネルで、“Eurorackスタイルで電子楽器を作ることができる、万能なシンセ・マシン”と謳っていました。

Empress Effects - Zoia

FMシンセサイザーのパッチ図

公式ビデオも非常に物欲をそそる内容で(この下に貼りましたので、ぜひご覧ください)、シンセ好きの人なら絶対に欲しくなること間違いなしの「Zoia」。今春発売予定で、価格は450ドルを予定しているとのことです(コスト・パフォーマンスも抜群!)。

強力なヴァーチャル・モジュラー・プラグイン、Full Bucket Music「ModulAir」が無償配布開始! Mac/Windows両対応

WORLD SYNTHESIZER #19:約8,000円で買えるパッチ式の楽しい電子楽器、「Ellitone Multi-Synth」が登場

メディア・インテグレーション、Omnisphere 2を約30%OFFの42,300円で販売するプロモを開始! 日本限定

WORLD SYNTHESIZER #18:Behringer Model-D/Neutron用のウッド・ケース「DCASE」シリーズが販売開始

Auburn Sounds、高機能なダイナミクス・コントロール・プラグイン「Couture」の無償配布を開始! VST/AU/AAX対応

WORLD SYNTHESIZER #17:世界中のシンセ好きが注目する小型シンセ、Lorre-Mill「Keyed Mosstone」が販売開始

来月、東京・名古屋・大阪の4会場で、Image-Line「FL Studio 20」のリリース・イベントが開催! 入場無料

WORLD SYNTHESIZER #16:Waldorf渾身のモンスター・シンセ、「Quantum」の国内販売が遂に開始

IK Multimediaのマルチ音源「SampleTank 3 SE」が、約75%OFFの2,960円で販売中! 4日間限定

WORLD SYNTHESIZER #15:話題のミニ・シンセ、Modal「SKULPT」の予約受付が、Indiegogoに場所を移して継続

Avid、UJAMのグルーヴィーなドラム音源「PHAT」(79ドル相当)を無償配付中! 誰でもダウンロード可能、9月10日まで

WORLD SYNTHESIZER #14:Red Bull Music Academyが電子楽器の名機を紹介するビデオ・シリーズ『First Patch』を公開! 元コルグの高橋達也氏がホストを担当

IK Multimedia、定番マルチ音源「SampleTank 3」を最大70%OFFで販売するプロモを開始! 11,870円から

WORLD SYNTHESIZER #13:ツマミで演奏せよ! 過激なドローン・マシン、Møffenzeef「Stargazer」が今週発売

メディア・インテグレーション、お盆休みセールを実施中! REON driftbox 3台セットが48%OFF、Metric HaloのI/Oが半額

WORLD SYNTHESIZER #12:Elektronなどがメインの人が、モジュラーを取り入れるのに最適なモジュール「Mutant Brain」

iZotope、定番マスタリング・プラグイン「Ozone Elements」を約77%OFF(約3,200円)で販売するプロモを本日で終了

KORG Gadget for MacにPropellerhead ReasonのDr. Octo Rexが追加! 26日まで半額セールも実施中

ICON