Feature Image

NEWS

NAMM 2018: パソコン不要のReaktor!? ストンプ型の未来型モジュラー・シンセ、Empress Effects Zoiaがデビュー!

本日、最終日を迎えた世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。今年も多数の新製品が発表されましたが、中でもダントツで一番おもしろかった(物欲を刺激された)のが、Empress Effectsの「Zoia(ゾイア)」という新製品。これが今年の『The NAMM Show』、ICONの金賞です!

Empress Effects - Zoia

人気のリバーブ・ストンプ「Reverb」などで知られるEmpress Effectsがお披露目した「Zoia」は、いわゆるストンプ・ボックスにカテゴライズされる製品ですが、実はシンセサイザーにもシーケンサーにもルーパーにもなる、新しいタイプの電子楽器。Empress Effectsは「Zoia」のことを、“電子楽器のLEGO”と紹介しています。

Empress Effects - Zoia

「Zoia」は、言ってみればストンプ型の“DSPボックス”。「Zoia」には、オシレーター、フィルター、ADSR、VCA、LFO、オーバー・ドライブ、EQ、ディレイ・ライン、CVマルチプル、CVインバートなどなど、多数の“モジュール”が用意されており、それらを自由に組み合わせることで、自分好みの電子楽器を作成することができます。Cycling ’74 MaxあるいはNative Instruments Reaktorが、ストンプに入っていると捉えれば分かりやすいかもしれません。

Empress Effects - Zoia

ステレオ・ディレイのパッチ図

“ハードウェア版Max”のような製品はこれまでも存在しましたが、「Zoia」が秀逸なのはプログラムをコンピューターに頼らずに本体だけで行える点。本体には8×5のマトリクス・ボタンと大型のエンコーダー、ディスプレイが備わっており、それらを操作することで自由に電子楽器を作成することができるのです。最初に見たとき、“こんな小さなディスプレイでどうやってプログラムするんだろう?”と思ったのですが、実際の操作は至ってシンプル。使用するモジュールは任意のマトリクス・ボタンにアサインされ、モジュール間のパッチを行う場合は、出力元のモジュールのボタンを押しながら、入力先のモジュールのボタンを押すだけ。パッチを切る場合は、再びこの操作をすればよく、Maxのようなソフトが苦手な人でも簡単にプログラムすることができます。この操作については、Reverbがアップしたビデオが分かりやすいので、そちらもぜひご覧ください(38秒あたりから)。

モジュールは処理系のものだけでなく、オーディオ入出力やMIDI入出力、CV入力、クロック入力などエクスターナル系のものも用意されており、それらも同じ要領でパッチすることが可能。もちろん各モジュールには複数のパラメーターが用意され、それらはエンコーダーとディスプレイによって設定することができます。

Empress Effects - Zoia

「Zoia」がおもしろいのは、ゲインやEQ、ディレイ・ラインといったエフェクト系モジュールだけでなく、オシレーターやフィルターといったシンセ系モジュールが大量に用意されているところ。LFOやADSRといったモジュレーション・ソースも充実しており、Empress Effectsはブース内の展示パネルで、“Eurorackスタイルで電子楽器を作ることができる、万能なシンセ・マシン”と謳っていました。

Empress Effects - Zoia

FMシンセサイザーのパッチ図

公式ビデオも非常に物欲をそそる内容で(この下に貼りましたので、ぜひご覧ください)、シンセ好きの人なら絶対に欲しくなること間違いなしの「Zoia」。今春発売予定で、価格は450ドルを予定しているとのことです(コスト・パフォーマンスも抜群!)。

コルグの新型デスクトップ・シンセサイザー、「minilogue xd module」が今週日曜日に販売開始

大型タッチ・スクリーンを備えた新世代グルーヴ・サンプラー、1010music 「Blackbox」の国内販売が開始

Native Instruments、本格的なDJソフトウェア「TRAKTOR DJ 2」の無償配布を開始…… Mac/Windows/iPadに対応

EastWest、次世代コンボリューション・リバーブ・プラグイン「Spaces II」を60%OFFで販売中…… 週末限定

Teenage Engineering、Ghostlyとコラボした限定版Pocket Operator、「PO-33 Ghostly Edition」の販売を開始

Softube、“ミックス対応”のステレオ・ベース音源、「Monoment Bass」をリリース…… 7月11日まで7,900円で販売中

Ableton、Push 2とLive 10 Suiteのバンドル・パッケージの店頭販売を開始…… 年末までの期間限定

IK Multimedia、マスタリングEQ「T-RackS Master EQ 432」を73%OFFの4,750円で販売中…… 6月24日まで

Moogの限定シンセ、「Sirin」の国内販売が開始…… DAW上からのエディットにも対応したキュートなアナログ・シンセ

Apple、Logic Pro X 10.4.5をリリース…… 新型Mac Proの最大56コアCPUに最適化、膨大なトラックを扱うことが可能に

NIの新型オーディオIF、「KOMPLETE AUDIO 6 MK2」の販売が開始…… 大量のソフトが付属、DCカップリング出力でモジュラー・シンセとの接続にも対応

ボス、新型エフェクター“200シリーズ”を発表…… 直感的な操作性と高音質を両立した新しい製品ライン

Steinberg、iPadで使用できる本格DAW、Cubasis 2を50%OFFの2,900円で販売するプロモを開始…… 7月3日まで

MOTUの研究開発責任者が語る、ループ・トリガーにも対応した新世代DAW、「Digital Performer 10」のすべて

IK Multimedia、4種類のテープ・レコーダーを忠実に再現したプラグイン、「T-RackS Tape Machine Collection」を発売

Cycling ’74 Maxを基礎から習得できるワークショップ、『Max Summer School in 藝大 2019』が8月5日〜9日開催

エムアイセブン、Cycling ’74 Max 8を25%OFFで販売するプロモを開始…… バージョン・アップやアカデミック版も対象、6月12日まで

Ableton、Live 10を25%OFFで販売するプロモを開始…… アップグレードやPackも対象、6月11日まで

ICON