Feature Image

NEWS

NAMM 2018: パソコン不要のReaktor!? ストンプ型の未来型モジュラー・シンセ、Empress Effects Zoiaがデビュー!

本日、最終日を迎えた世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。今年も多数の新製品が発表されましたが、中でもダントツで一番おもしろかった(物欲を刺激された)のが、Empress Effectsの「Zoia(ゾイア)」という新製品。これが今年の『The NAMM Show』、ICONの金賞です!

Empress Effects - Zoia

人気のリバーブ・ストンプ「Reverb」などで知られるEmpress Effectsがお披露目した「Zoia」は、いわゆるストンプ・ボックスにカテゴライズされる製品ですが、実はシンセサイザーにもシーケンサーにもルーパーにもなる、新しいタイプの電子楽器。Empress Effectsは「Zoia」のことを、“電子楽器のLEGO”と紹介しています。

Empress Effects - Zoia

「Zoia」は、言ってみればストンプ型の“DSPボックス”。「Zoia」には、オシレーター、フィルター、ADSR、VCA、LFO、オーバー・ドライブ、EQ、ディレイ・ライン、CVマルチプル、CVインバートなどなど、多数の“モジュール”が用意されており、それらを自由に組み合わせることで、自分好みの電子楽器を作成することができます。Cycling ’74 MaxあるいはNative Instruments Reaktorが、ストンプに入っていると捉えれば分かりやすいかもしれません。

Empress Effects - Zoia

ステレオ・ディレイのパッチ図

“ハードウェア版Max”のような製品はこれまでも存在しましたが、「Zoia」が秀逸なのはプログラムをコンピューターに頼らずに本体だけで行える点。本体には8×5のマトリクス・ボタンと大型のエンコーダー、ディスプレイが備わっており、それらを操作することで自由に電子楽器を作成することができるのです。最初に見たとき、“こんな小さなディスプレイでどうやってプログラムするんだろう?”と思ったのですが、実際の操作は至ってシンプル。使用するモジュールは任意のマトリクス・ボタンにアサインされ、モジュール間のパッチを行う場合は、出力元のモジュールのボタンを押しながら、入力先のモジュールのボタンを押すだけ。パッチを切る場合は、再びこの操作をすればよく、Maxのようなソフトが苦手な人でも簡単にプログラムすることができます。この操作については、Reverbがアップしたビデオが分かりやすいので、そちらもぜひご覧ください(38秒あたりから)。

モジュールは処理系のものだけでなく、オーディオ入出力やMIDI入出力、CV入力、クロック入力などエクスターナル系のものも用意されており、それらも同じ要領でパッチすることが可能。もちろん各モジュールには複数のパラメーターが用意され、それらはエンコーダーとディスプレイによって設定することができます。

Empress Effects - Zoia

「Zoia」がおもしろいのは、ゲインやEQ、ディレイ・ラインといったエフェクト系モジュールだけでなく、オシレーターやフィルターといったシンセ系モジュールが大量に用意されているところ。LFOやADSRといったモジュレーション・ソースも充実しており、Empress Effectsはブース内の展示パネルで、“Eurorackスタイルで電子楽器を作ることができる、万能なシンセ・マシン”と謳っていました。

Empress Effects - Zoia

FMシンセサイザーのパッチ図

公式ビデオも非常に物欲をそそる内容で(この下に貼りましたので、ぜひご覧ください)、シンセ好きの人なら絶対に欲しくなること間違いなしの「Zoia」。今春発売予定で、価格は450ドルを予定しているとのことです(コスト・パフォーマンスも抜群!)。

Togu Audio Line、定番リバーブ・プラグイン「TAL-Reverb-4」をアップデート…… 新バージョンの無償配布を開始

Propellerhead、Reason 10を新規購入したユーザーに、計350ドル相当のプラグインを無償提供するプロモを開始

エムアイセブン、PreSonusやRME、Genelecなどの対象製品を大幅割引価格で販売する、創立15周年記念セールを開始

シンセにもエフェクターにもなる“ミュージシャンのためのLEGO”、Empress Effects「ZOIA」の国内販売が遂に開始

IK Multimedia、マスタリング・リミッター「Stealth Limiter」を約60%OFFの5,931円で販売するプロモを開始

Avid、無償版Pro Toolsの最新版、「Pro Tools | First 2019」を発表…… 遂にプロジェクトのローカル保存に対応

XLN Audio、新感覚ビート・メイキング・ツール「XO」を発表…… 膨大なサンプルを直感的にブラウズできる画期的なUIを搭載

元AKGの社員22名が新しいマイク・メーカー、“Austrian Audio”を設立…… ワイヤレスでポーラー・パターンを選択できるマイク「OC818」を発表

DSPシンセサイザーを自作できるDIYキット、MakeProAudio「Dino Park」が登場…… 音源ボードはCreamware互換

iZotope、リバーブ・プラグインで有名なExponential Audioを買収…… マイケル・カーンズ氏もiZotope開発陣の一員に

ハリウッドの売れっ子ミキサー、ウィル・ファイルズ氏が語る、大ヒット映画『ヴェノム』の実験的なサウンド・デザイン

Native InstrumentsとNikeがコラボレート、特別仕様のMASCHINEとAir Maxをセットでプレゼントするプロモを実施中

SSL、DAWスタジオに最適な小型ミキサー「SiX」を発表…… 20万円を切る価格で手に入る、正真正銘の“SSLコンソール”

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

ICON