Feature Image

NEWS

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

昨年話題になったオープン・ソースのシンセサイザー「OTTO」。プログラマーのtopisani氏が中心となって開発が進められている「OTTO」は、Raspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザーです。そのかわいらしいルックスで注目を集めた「OTTO」ですが(そのときの記事はこちら)、その後も開発プロジェクトは着実に進んでいるようで、先頃最新情報が公開されました。

topisani - OTTO

今回公開された「OTTO」の最新リビジョンの基板

コンパクト筐体にシンセサイザー、サンプラー、エフェクター、シーケンサー、オーディオ・ルーパーといった機能を搭載し、“完全なハードウェア/ソフトウェア・ソリューション”として開発が進められている「OTTO」。もともとはTeenage Enginerring OP-1クローンの開発を目的にスタートしたプロジェクトとのことですが、すぐにオリジナル・シンセサイザーの開発へと方針が変更され、独自の電子楽器を目指してハードウェア/ソフトウェアともに頻繁にアップデートされています。

topisani - OTTO

昨年公開された「OTTO」のデザイン案

先頃公開された最新情報によると、コアとなるのは引き続きRaspberry Pi 3 Model B+で、大型のカラー・ディスプレイ、DAコンバーター、30以上のボタン/キーなどを搭載。現在、開発メンバーの数人は既に新しいプロトタイプの開発に取り組んでいるとのことで、直近の課題としては、開発中のハードウェアでソフトウェアを動作させるための更新作業を挙げています。同時に筐体の最新レンダー画像も公開されましたが、よりコンパクトかつスリムなデザインになり、下部に備わった鍵盤ボタンも丸型に変更されるなど、より洗練された印象になりました。4基のカラフルなエンコーダーがデザイン的なアクセントになっており、このまま製品化してもおかしくない仕上がりです。

topisani - OTTO

今回公開された「OTTO」の最新デザイン案

一方、ソフトウェアはC++で開発が進められており、モジュラー設計によって、できるだけ柔軟に拡張/アップデートできる仕様にしたいとのこと。ユーザー・インターフェースは、シンプルな使い勝手と最小限のワークフローを実現しながら、実験的な要素を盛り込むのが目標とのことです。今回、開発中のスクリーン・ショットが4種類(FMシンセ画面、ADSRエンベロープ画面、リバーブ・エフェクト画面、Euclideanシーケンサー画面)が公開されましたが、筐体同様、いずれも洗練されたデザインになっています。

topisani - OTTO

開発が進む「OTTO」のユーザー・インターフェース。左上から、FMシンセ画面、ADSRエンベロープ画面、リバーブ・エフェクト画面、Euclideanシーケンサー画面

開発中の「OTTO」ソフトウェア 1.0で計画されている機能は、以下のとおりです。

今後の展開がとても楽しみなマイクロ・シンセサイザー「OTTO」。ソース・コードはGitHubで公開され、誰でも開発に参加することができます。プログラマーだけでなく、テスターやデザイナー、ライターなど、様々な分野で助けがほしいとのことなので、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。詳しくは、GitHubのプロジェクト・ページをご覧ください。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON