Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #3:VOCALOID、遂にEurorackに! 歌声モジュラー、「VOCALOOP 88」が発表

一昨年、15台限定で販売された「VOCALOOP」が、Eurorackモジュールで復活! 「VOCALOOP 88」として年末発売予定とのことです。

Anizon - VOCALOOP 88

今日と明日、東京ビッグサイトで開催されている『Maker Faire Tokyo 2018』でお披露目された「VOCALOOP 88」は、あにぞんが開発/販売した音系ガジェット「VOCALOOP」のEurorackバージョン。「VOCALOOP」は、ヤマハ製音源チップ NSX-1を積んだループ・シーケンサーで、VOCALOID音源の歌声を自在にシーケンスできるガジェットとして、発表時は大きな話題になりました(開発者インタビュー記事はこちらに掲載しています)。NSX-1の生産完了に伴い、結局一般には15台しか販売されなかった「VOCALOOP」ですが、あにぞんは今回、独自のルートからNSX-1を100個確保することに成功。オリジナル「VOCALOOP」開発時から検討していたEurorackバージョンとして再生産を決めたとのことです。

Anizon - VOCALOOP 88

基本的には「VOCALOOP」のEurorackバージョンである「VOCALOOP 88」ですが、新たに2系統のCV入力(うち1系統はGateに切り替えも可能)とCV/Gate出力、シンク入力を搭載。これにより発音パラメーターをCVでコントロールしたり、内蔵シーケンサーを外部モジュールと同期させることが可能になっています。その他、フロント・パネルにはステレオのオーディオ出力や、ヘッドフォン出力なども装備。「VOCALOOP」にあって、「VOCALOOP 88」に無いのは、内蔵スピーカーくらいとのことです。

Anizon - VOCALOOP 88

音源は引き続きNSX-1なので、生成される歌声や“できること”は、オリジナル「VOCALOOP」とまったく同じとのこと。ただ、歌声をCVでコントロールできるようになったので、予想がつかない過激な歌声も作り出せそうです。

Anizon - VOCALOOP 88

ローランド AIRAモジュールのように、本体に電源入力を備えているため、単体で使用することもできる「VOCALOOP 88」(専用ケースも準備中とのこと)。年末発売予定とのことで、今回確保できたNSX-1の数に合わせて、100台限定になるだろうとのことでした。ちなみに「VOCALOOP 88」の“88”は、モジュラー・シンセの“パッチ”から取ったとのことで、“パチパチ”と発音するそうです。

Anizon - VOCALOOP 88

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON