Feature Image

AMIGA

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

Magical Synth Adventureが、Amiga 500をエフェクターとして使用する新作ビデオを公開。CDMがフィーチャーし、注目を集めています。

Magical Synth Adventureは、イギリスのクリエイターであり、Sonicstateのライターとしての顔も持つポーリー・アレックス・バウ(Paulee Alex Bow)が、2022年にスタートしたYouTubeチャンネル。シンセサイザーを中心に、1980〜90年代のPC用音楽制作ソフト&ハードにもスポットを当てたユニークな内容で、レトロPC愛好家の間でも人気のチャンネルとなっています。

Magical Synth Adventure - The Amiga 500 as a GUITAR PEDAL?!

ローランド V-Synthをフィーチャーしたビデオ

そんなMagical Synth Adventureが一昨日公開した『The Amiga 500 as a GUITAR PEDAL?!』は、Commodore Amiga 500をリアルタイム・エフェクターとして使用するという内容のビデオ。ポーリー・アレックス・バウはエレクトリック・ギターをAmiga 500に接続し、オールド・ソフト&ハードならではのローファイなサウンドを披露しています。

今回のビデオで、リアルタイム・エフェクト・プロセッサーとしてフィーチャーされているのは、Adept Developmentというメーカーが1989年に発売したReal-Time Sound Processorという製品。Real-Time Sound Processorには、Amigaのパラレル・ポートに接続するオーディオ入力用ハードウェアとプロセッシング・ソフトウェアが含まれ、エコー/リバーブ/ピッチ・シフト/AM変調/FM変調といったエフェクトをリアルタイムに処理できるシステムです。その他、有名な8bitサンプラーのNew Dimensions TechnoSound Turboや、ヘンリー・ローウェンガード(Henry Lowengard)というアーティストが1990年代に開発したエクスペリメンタル・ソフトウェアなどが紹介されている今回のビデオ。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

Magical Synth Adventure - The Amiga 500 as a GUITAR PEDAL?!

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON