Feature Image

SYNTH & MACHINE

ローランド、ハイブリッド音源を搭載した新世代シンセサイザー「GAIA 2」を発表…… JUPITER-8など歴代名機の音源を追加できる『Model Expansion』にも対応

ローランドが新製品、「GAIA 2(ガイア・ツー)」を発表。ウェーブテーブル・オシレーターとバーチャル・アナログ・オシレーターの両方を搭載、新開発の『モーショナル・パッド』によってパラメーターをダイナミックに変調できる新世代シンセサイザーの登場です。

Roland - GAIA 2

ローランド「GAIA 2」

パネルいっぱいに操作子を備えた、シンセサイザーらしいシンセサイザーが間もなく発売になります。ローランドが本日(2023年9月28日)発表した「GAIA 2」は、37鍵/フル・サイズ・キーボードを備えた新型シンセサイザー。音源となる3基のオシレーターは、ウェーブテーブル×1、バーチャル・アナログ×2というハイブリッド構成で、ウェーブテーブル・オシレーターは63種類の波形、バーチャル・アナログ・オシレーターはSuper SAWを含む10種類の波形を収録。ウェーブテーブル・オシレーターは、波形の読み出し位置/位相/シェイプを変調することができ、オシレーター変調専用のADエンベロープも用意されています。後段のフィルターは、ローパス/バンドパス/ハイパスを切り替えられるマルチモード仕様で、スロープも3種類の中から選択可能(-12dB/Oct、-18dB/Oct、-24dB/Oct)。音色を味付けできるエフェクトも充実、53種類のマルチ・エフェクト、7種類のリバーブ/ディレイ、3種類/計9モードのコーラス、マスターEQ、マスター・コンプレッサーを装備しています。

Roland - GAIA 2

読み出し位置/位相/シェイプを変調できるウェーブテーブル・オシレーター

音づくりの肝となるモジュレーション・ソースは、2基のADSRエンベロープ(フィルター用とアンプ用)と2基のLFOを搭載し、LFOは5種類の波形とプログラマブル・ステップ波形を選択可能。筐体中央には、X/Y軸に割り当てたパラメーターを指先で変調できる『モーショナル・パッド』が備わり、タッチ操作はレコーディング/プレイバックすることもできます。もちろん、ステップ・シーケンサーとアルペジエーターも内蔵し、最大64ステップのシーケンサーはステップごとに8種類のノートと4種類のコントロール情報を記録することが可能。プロバビリティやランダム・パターン生成といった機能も備えています。

Roland - GAIA 2

X/Y軸に割り当てたパラメーターを指先で変調できる『モーショナル・パッド』

さらに「GAIA 2」は、最近のローランド製シンセサイザーらしく、『Model Expansion』にも対応。『Model Expansion』は、JUPITER-8JUNO-106といった名機をローランド自らモデリングしたソフトウェア音源で、クラウド・サービスの『RolandCloud』で好みのものを購入すれば、「GAIA 2」の音源を拡張することができます。秀逸なのが、単に歴代名機のプリセットを呼び出せるだけでなく、「GAIA 2」の豊富な操作子を使って、『Model Expansion』音源をエディットできる点。「GAIA 2」には、SH-101がプリ・インストールされているため、購入時点で標準音源と『Model Expansion』音源の両方を利用することができます(ボタン1つで切り替え可能)。

Roland - GAIA 2

『Model Expansion』に対応。SH-101がプリ・インストールされている

USB-C端子の装備により、USB/オーディオ・インターフェースとして機能するほか(USBバス・パワー駆動にも対応)、AIRA LINKもサポートする「GAIA 2」。国内では2023年10月13日に発売される予定で、価格はオープン・プライス、市場想定価格は118,800円(税込)となっています。さらなる詳細は、ローランドのWebサイトをご覧ください。

ボーカル・トラックをまったく違う声質の歌声、楽器演奏に変換できるクラウド・プラグイン、Sonarworks「SoundID VoiceAI」の国内販売がスタート

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ICON