Feature Image

SYNTH & MACHINE

ローランド、ハイブリッド音源を搭載した新世代シンセサイザー「GAIA 2」を発表…… JUPITER-8など歴代名機の音源を追加できる『Model Expansion』にも対応

ローランドが新製品、「GAIA 2(ガイア・ツー)」を発表。ウェーブテーブル・オシレーターとバーチャル・アナログ・オシレーターの両方を搭載、新開発の『モーショナル・パッド』によってパラメーターをダイナミックに変調できる新世代シンセサイザーの登場です。

Roland - GAIA 2

ローランド「GAIA 2」

パネルいっぱいに操作子を備えた、シンセサイザーらしいシンセサイザーが間もなく発売になります。ローランドが本日(2023年9月28日)発表した「GAIA 2」は、37鍵/フル・サイズ・キーボードを備えた新型シンセサイザー。音源となる3基のオシレーターは、ウェーブテーブル×1、バーチャル・アナログ×2というハイブリッド構成で、ウェーブテーブル・オシレーターは63種類の波形、バーチャル・アナログ・オシレーターはSuper SAWを含む10種類の波形を収録。ウェーブテーブル・オシレーターは、波形の読み出し位置/位相/シェイプを変調することができ、オシレーター変調専用のADエンベロープも用意されています。後段のフィルターは、ローパス/バンドパス/ハイパスを切り替えられるマルチモード仕様で、スロープも3種類の中から選択可能(-12dB/Oct、-18dB/Oct、-24dB/Oct)。音色を味付けできるエフェクトも充実、53種類のマルチ・エフェクト、7種類のリバーブ/ディレイ、3種類/計9モードのコーラス、マスターEQ、マスター・コンプレッサーを装備しています。

Roland - GAIA 2

読み出し位置/位相/シェイプを変調できるウェーブテーブル・オシレーター

音づくりの肝となるモジュレーション・ソースは、2基のADSRエンベロープ(フィルター用とアンプ用)と2基のLFOを搭載し、LFOは5種類の波形とプログラマブル・ステップ波形を選択可能。筐体中央には、X/Y軸に割り当てたパラメーターを指先で変調できる『モーショナル・パッド』が備わり、タッチ操作はレコーディング/プレイバックすることもできます。もちろん、ステップ・シーケンサーとアルペジエーターも内蔵し、最大64ステップのシーケンサーはステップごとに8種類のノートと4種類のコントロール情報を記録することが可能。プロバビリティやランダム・パターン生成といった機能も備えています。

Roland - GAIA 2

X/Y軸に割り当てたパラメーターを指先で変調できる『モーショナル・パッド』

さらに「GAIA 2」は、最近のローランド製シンセサイザーらしく、『Model Expansion』にも対応。『Model Expansion』は、JUPITER-8JUNO-106といった名機をローランド自らモデリングしたソフトウェア音源で、クラウド・サービスの『RolandCloud』で好みのものを購入すれば、「GAIA 2」の音源を拡張することができます。秀逸なのが、単に歴代名機のプリセットを呼び出せるだけでなく、「GAIA 2」の豊富な操作子を使って、『Model Expansion』音源をエディットできる点。「GAIA 2」には、SH-101がプリ・インストールされているため、購入時点で標準音源と『Model Expansion』音源の両方を利用することができます(ボタン1つで切り替え可能)。

Roland - GAIA 2

『Model Expansion』に対応。SH-101がプリ・インストールされている

USB-C端子の装備により、USB/オーディオ・インターフェースとして機能するほか(USBバス・パワー駆動にも対応)、AIRA LINKもサポートする「GAIA 2」。国内では2023年10月13日に発売される予定で、価格はオープン・プライス、市場想定価格は118,800円(税込)となっています。さらなる詳細は、ローランドのWebサイトをご覧ください。

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

コルグ、NTSシリーズ第3弾「NTS-3 kaoss pad kit」を発表…… 自分の手で組み立てる“DIY KAOSS PAD”がデビュー

ボス、新型ボーカル・プロセッサー「VE-22」を発表…… コンデンサー・マイクにも対応、配信に便利なUSBオーディオIF機能も

名機コルグ microKORGの新世代モデルが待望のデビュー…… 音色の“時代感”を選択できるタイム・トラベル機能も搭載

Cycling ’74、Max 8.6をリリース…… SFZファイル対応によってサンプリング音源を簡単に実現、ゲーム・コントローラーを利用できる新オブジェクトも登場

iZotope、最低限の操作でボーカル/喋り声の品質を向上できる新機軸のプラグイン、「VEA」を発表…… 4,200円で販売中

IK Multimedia、パソコンやスマートフォンにUSB接続できるコンデンサー・マイク、「iRig Stream Mic USB」を発売…… 2ch入出力のオーディオIFとしても機能

ヤマハ、新感覚オール・イン・ワン音楽制作デバイス、「SEQTRAK」を発表…… 映像を生成/合成できる機能も搭載

USB-C端子を採用したポケット・サイズのオーディオIF、IK Multimedia「iRig USB」の国内販売がスタート

Ableton、Push 3をPCレス/スタンドアロンで使用可能にするキットを発売…… Pushが表現力豊かな“楽器”に

“シンセ・ベース”を再定義するソフト音源、Moog「MARIANA」が誕生…… 期間限定で50%OFFの8,100円で販売中

メディア・インテグレーション、話題の電卓型サンプラー「EP-133 K.O.II」の国内販売状況と、日本限定の予約特典についてアナウンス

ICON