Feature Image

STUDIO TOOLS

Native Instruments、「KONTROL S-Series MK3」を発表…… ポリフォニック・アフタータッチに対応、NKS対応音源との連携がこれまで以上にディープに

Native Instrumentsが定番キーボード・コントローラー、KOMPLETE KONTROL S-Seriesをアップデート。第三世代のS-Seriesが間もなく発売になります。

Native Instruments - KONTROL S-Series MK3

Native Instruments「KONTROL S-Series MK3」

NKSにネイティブ対応したキーボード・コントローラーとして、世界中のクリエイター/プレイヤーに愛用されているKOMPLETE KONTROL S-Series。今回、約6年ぶりとなるアップデートが実施され、「KONTROL S-Series MK3」として大きな進化を遂げました(この世代より製品名から“KOMPLETE”が外れ、“KONTROL S-Series”という名称になりました)。「KONTROL S-Series MK3」もMK2同様、49鍵61鍵88鍵の3モデル展開で、49鍵61鍵モデルはセミ・ウェイト鍵盤、88鍵モデルはハンマー・アクション鍵盤を搭載。3モデルともFatar製の高品位なキー・ベッドが採用されています。

Native Instruments - KONTROL S-Series MK3

これまでどおり、49鍵/61鍵/88鍵の3モデルがラインナップ

気になるのがMK2からの進化ポイントですが、まずソフトウェアがアップデートされ、NKS対応音源/エフェクトとの連携がこれまで以上にシームレスになっているとのこと。そしてすべての鍵盤には高感度圧力センターが搭載され、待望のポリフォニック・アフタータッチに対応。Native Instruments独自のエクスプレッション・コントロールによって、各種音源を表現力豊かに演奏することが可能になっています。加えてコンポーネントの質が向上しているのも「KONTROL S-Series MK3」の大きな特徴で、大型カラー・ディスプレイの解像度はさらに向上し、ノブやホイールなどの操作子はアルマイト処理されたアルミニウム製に変更。目に見えない部分としては、サーフェス全体が防塵仕様となり、従来製品と比べるとホコリが入りにくくなっているとのこと。また、多くのユーザーからフィードバックが寄せられていたというリボン・コントローラーの位置は、ホイールの手前から奥に変更になりました。

Native Instruments - KONTROL S-Series MK3

ホイールなどの操作子はアルミニウム製に変更、リボン・コントローラーの位置もホイールの奥に変更された

KOMPLETE 14 SELECTをはじめ、多くのソフトウェアがバンドルされるNative Instrumentsの次世代キーボード・コントローラー、「KONTROL S-Series MK3」。国内では2023年10月中旬販売開始予定で(予約は本日よりスタート)、価格は49鍵モデルが107,400円、61鍵モデルが121,700円、88鍵モデルが186,200円となっています(価格はすべて税込)。さらなる詳細は、メディア・インテグレーションのWebサイトをご覧ください。

Native Instruments - KONTROL S-Series MK3

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON