Feature Image

VIDEO SYNTH

世界中のビデオ・アーティスト待望のHD解像度/HDMI入出力のグリッチ・プロセッサー、BPMC「HDK-01」がデビュー

現代のワークフロー/システムにマッチしたHD解像度/HDMI入出力のグリッチ・プロセッサー、「HDK-01」がデビュー。Indiegogoで予約販売がスタートしました。

BPMC - HDK-01 HDMI Glitch Video Processor

BPMC「HDK-01」

ビデオ機器の不調/誤作動によって生じる“壊れた映像(バグった映像)”を作り出すグリッチ・プロセッサーは、多くのビデオ・アーティスト/VJから支持されているデバイスです。既存のビデオ機器をサーキット・ベンドしたものからオリジナルの回路を積んだものまで、テイストの異なるグリッチ・プロセッサーが多数出回っており、BPMCMezkalinSyntonieLoFi FutureLullabyMachinesなどなど、世界中のデベロッパーが日々新しいデバイスの開発に取り組んでいます。

BPMC - HDK-01 HDMI Glitch Video Processor

Mezkalinの最新作、SYNTHWAVER V3

本日(2023年8月18日)、Indiegogoでクラウドファンディングがスタートした「HDK-01」は、BPMCが満を持して発表した新世代グリッチ・プロセッサー。この類のガレージ・メーカー製ビデオ・デバイスは、SD解像度/コンポジット入出力のものがほとんどですが、「HDK-01」はHD解像度/HDMI入出力という現代的な仕様になっているのが大きな特徴です。BPMCによれば、HD解像度のグリッチ・プロセッサーを実現するべく、HDMI伝送領域での映像の毀損技術を2017年に開発。その独自技術を元に出来上がったのが「HDK-01」で、720p/1080i/1080pのHDMIソースを、アナログ信号に変換することなくグリッチさせることが可能になっています。

BPMC - HDK-01 HDMI Glitch Video Processor

HD解像度でグリッチ・エフェクトを得ることができる

HDK-01」は、コンパクトなデスクトップ筐体が採用され、入出力および操作体系の詳細は不明ですが、RGBそれぞれの信号用に2つのノブと4つのスイッチが備わっているもよう。ローンチに合わせて公開されたデモ・ビデオでは、従来のグリッチ・プロセッサーとは明らかに異なる、高解像度でエッジの効いたグリッチ・エフェクトを確認することができます。またBPMCは、「HDK-01」の発表を記念して、ローランド V-02HDのサーキッド・ベンド・モデルもお披露目。このハンドメイドの改造V-02HDは、「HDK-01」と相性の良いビデオ・ミキサーとして設計され、スタック可能なグリッチ・エフェクトが5種類追加されているとのこと。この改造V-02HDも、Indiegogoでオーダーすることができます。

BPMC - HDK-01 HDMI Glitch Video Processor

「HDK-01」と同時に発表されたローランド V-02HDのサーキット・ベンド・モデル

最後に、開発元のBPMCについても簡単に紹介しておきましょう。アメリカ・ポートランドに工房を構えるBPMCは、ビデオ・アーティストのビッグ・パウパー(Big Pauper)が2009年に立ち上げたガレージ・メーカー。グリッチ・プロセッサーをメインに手がけるガレージ・メーカーの中ではもっとも有名な工房であり、Eurorackバージョンも販売されたオリジナル回路のグリッチ・プロセッサー Fluxus Duoは、販売が終了した今でも多くのビデオ・アーティストに愛用されています。また2019年、アメリカ・ロサンゼルスで開催された『 Moog House of Electronicus』に、Moog Musicからのご指名でビデオ・シンセサイザーを設置したのもBPMCでした。

BPMC - HDK-01 HDMI Glitch Video Processor

2019年1月に企画されたイベント、『Moog House of Electronicus』

世界中のビデオ・アーティストが待ち望んでいたHD解像度/HDMI入出力のグリッチ・プロセッサー、「HDK-01」。Indiegogoでの販売価格は、アーリーバードが589ドル(40台限定)、ライト・ディスカウントが639ドル(60台限定)、通常価格が689ドルで、出荷予定は2023年12月となっています。また、ローランド V-02HDの改造モデルの販売価格は1,249ドル(20台限定)で、最初の10台が2023年11月、残りの10台が2024年2月に出荷される予定とのこと。さらなる詳細は、Indiegogoのキャンペーン・ページをご覧ください。

BPMC - HDK-01 HDMI Glitch Video Processor

ボーカル・トラックをまったく違う声質の歌声、楽器演奏に変換できるクラウド・プラグイン、Sonarworks「SoundID VoiceAI」の国内販売がスタート

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ICON