Feature Image

SYNTH & MACHINE

パソコン不要、スタンドアロンでAbleton Liveを使用できるPushがデビュー…… 音楽制作に集中できる夢のマシンが遂に登場

多くのクリエイターが夢見たマシンが、遂に現実のものになりました。パソコン不要、スタンドアロンで使えるAbleton Liveの登場です。

Ableton - 3rd Generation Push - Standalone Live

スタンドアロンでAbleton Liveを使用できる第三世代のPush

何年かに一度、衝撃的なプロダクトが登場する楽器の世界ですが、先ほどAbletonが発表した第三世代のPushもそんな製品と言っていいでしょう。本日(2023年5月23日)、発表と同時に販売が開始された第三世代のPushは、なんとスタンドアロンで(パソコンを接続することなく)Ableton Liveを使用できる、オール・イン・ワンの音楽制作デバイス。余計なソフトウェアが一切立ち上がらない“Ableton Live専用のPC”であり、曲づくりやパフォーマンスだけに集中できる画期的なマシンです。

Ableton - 3rd Generation Push - Standalone Live

独自に開発された『Intel NUC Compute Element』を搭載

パッと見、先代と見分けがつかない第三世代のPushですが、独自に開発された『Intel NUC Compute Element(Intelが提唱する小型PC規格に準拠したコンポーネント)』を搭載しているため、電源を入れれば内部で即座にAbleton Liveが立ち上がります。視認性に優れた大型のディスプレイには、アレンジメント・ビューやセッション・ビューが表示され、パソコン版Ableton Liveと同じように録音/編集/ミックスすることが可能。WavetableやOperatorといったインストゥルメント/デバイスも、もちろん使用することができます。背面にはオーディオ入出力、ADATデジタル入出力、MIDI入出力といった端子類を備え、モジュラーシンセ用のCV出力にも対応。バッテリーを内蔵しているので電源が無い場所でも使用することができ、Wi-Fi経由でパソコン版Ableton Liveとプロジェクトをやり取りすることもできます。

Ableton - 3rd Generation Push - Standalone Live

背面にはオーディオ入出力、ADATデジタル入出力、MIDI入出力といった端子類を装備

“スタンドアロンで使用できるAbleton Live”というだけでも衝撃的ですが、第三世代のPushのフィーチャーはこれだけではありません。8×8=合計64個のパッドは、なんとMPE(MIDI Polyphonic Expression)に対応。X軸とY軸で指の圧力と位置を検知するため、ベロシティ&アフタータッチのみの従来型コントローラーとは比較にならない表現力豊かな演奏/コントロールが可能になっています。たとえばドラム音源などは、本物のドラムと同じように叩く強さ/位置によって音色を変化させることが可能。Ableton Liveが立ち上がるということで、“スタンドアロンDAW”として捉えてしまいがちな第三世代のPushですが、Abletonは“スタンドアロン楽器”、“ハードウェア・インストゥルメント”としてアピールしています。

Ableton - 3rd Generation Push - Standalone Live

スタンドアロンでは使用できない純粋なコントローラー・モデルもラインナップ

“中身はPC”ということで、将来性に不安を覚えた人もいるかもしれませんが、そこはさすがAbleton、製品のサスティナビリティも十分に考慮されています。第三世代のPushは、プロセッサー、ストレージ、バッテリーといったコンポーネントをユーザー自身の手で交換することができ、テクノロジーの進歩に合わせてスペックをアップグレードすることが可能。将来にわたって末永く使える仕様になっています。また第三世代のPushには、『Intel NUC Compute Element』を搭載していない(スタンドアロンでは使用できない)純粋なコントローラー・モデル(従来のPushの後継モデル)も販売されますが、Abletonは本年末にアップグレード・キットを提供することをアナウンス。アップグレード・キットを追加すれば、スタンドアロン・モデルとして使用することができます。

Ableton - 3rd Generation Push - Standalone Live

価格はスタンドアロン・モデルが258,000円、コントローラー・モデルが128,000円

遂に登場した音楽制作のためのドリーム・マシン、第三世代のPush。当初の販売はAbletonのオンライン・ストアでのみで行われ、スタンドアロン・モデルの価格は258,000円、『Intel NUC Compute Element』を搭載していないモデルの価格は128,000円となっています(本年末に販売開始予定のアップグレード・キットの価格は138,000円)。なお、Abletonは第三世代Pushの発売を記念して、東京・中目黒のオフィス内にある『テックラウンジ・スペース』を開放するとのこと。『テックラウンジ・スペース』では、第三世代のPushを実際に試すことができるほか、そのまま購入もできるとのことです(『テックラウンジ・スペース』での購入者にはスペシャル・オファーも用意されているとのこと!)。さらなる詳細は、AbletonのWebサイトをご覧ください。

Ableton - 3rd Generation Push - Standalone Live

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON