Feature Image

STUDIO TOOLS

“ギターやベースを飾れる吸音パネル”、Vicoustic「VicDisplay」が発売…… 黒/グレー/赤の3色展開

Vicousticから、ギター/ベースを飾ることができる吸音パネル、「VicDisplay(ビクディスプレイ)」が発売になりました。

Vicoustic - VicDisplay

Vicoustic「VicDisplay」

ポルトガルのVicoustic(ビコースティック)は、2007年に設立された室内音響ソリューションのトップ・ブランドです。同社の名前を世界に知らしめたのが、設置するだけで室内の音響特性を改善することができる音響調整パネルで、吸音メインのものから拡散まで行うもの、低音にフォーカスしたものまで、さまざまな製品がラインナップ。Vicousticの音響調整パネルは現在、世界70カ国以上で販売されており、イギリス国営放送局BBCのブロードキャスト・スタジオ、ソニーやMicrosoftといった名だたる企業のプロダクション・ルーム、デペッシュ・モードをはじめとするトップ・アーティストのプライベート・スタジオなどに導入されています。

Vicoustic - VicDisplay

多くのスタジオに設置されているVicousticの音響調整パネル

今回発売された「VicDisplay」は、縦長の吸音パネルに、K&M製のギター/ベース用ウォールマウントを装着した製品。ルーム・アコースティックを改善しながら、お気に入りのギター/ベースを美しく飾ることができる大変ユニークな製品です。パネルは、Vicousticが独自に開発した再生素材“VicPET Wool”製で、中域から高域にかけての高い吸音性能が特徴とのこと。高さ1,190mmのギター用と高さ1,385mmのベース用がラインナップされ、色はブラック/グレー/トリノ・レッドの3色から選ぶことができます。

Vicoustic - VicDisplay

ギター用とベース用の2種類があり、ブラック/グレー/トリノ・レッドの3色展開

ギター/ベースを飾ることができる吸音パネル、「VicDisplay」。価格は31,900円(税込)で、MUSIC EcoSystems STOREでは既に販売中。吸音パネルの設置を検討していた方は、ぜひチェックしてみてください

ボーカル・トラックをまったく違う声質の歌声、楽器演奏に変換できるクラウド・プラグイン、Sonarworks「SoundID VoiceAI」の国内販売がスタート

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ICON