Feature Image

TECH & GADGET

teenage engineering、超小型コンデンサー・マイク、「CM-15」を発表…… 美しいデザインのスリム筐体にプロ・スペックを凝縮

teenage engineeringが新製品、「CM-15」を発表。これまでにない斬新なデザインのコンデンサー・マイクロフォンが今夏発売になります。

teenage engineering - CM-15 field microphone

teenage engineering「CM-15」

teenage engineeringが昨日(2023年4月27日)発表した「CM-15」は、“filed”シリーズの最新作となる超小型のコンデンサー・マイクロフォン。“filed”シリーズの第一弾製品であるTX-6同様、『プロ・スペックの音質と機能』、『さまざまな用途に対応する高い汎用性』、『手のひらサイズの超小型筐体』という特徴を持ち、いかにもteenage engineering製品らしいデザイン性の高い外観も「CM-15」の大きなフィーチャーです。

teenage engineering - CM-15 field microphone

マイクロフォンらしからぬデザインの「CM-15」

筐体は、横幅65mm×高さ90mm×厚み22mm/重量132gとひじょうにスリムながら、1インチのラージ・ダイアフラム・カプセルを搭載。ポーラーパターンはスーパー・カーディオイド仕様で、マイク・プリアンプ(Texas Instruments社製のオペアンプ、OPA140 JFETを採用)、3ポジションのパッド/ゲイン・スイッチ(0dB/-18dB/+18dB)、ADコンバーター(ESS Technology社製のコンバーター・チップ、Sabreを採用)も内蔵しています。オーディオは、Mini XLR端子、ライン・レベルのステレオ・ミニ端子(デュアル・モノで出力)、USB端子(Type-C。最高96kHz対応)から出力され、USB端子からの出力時は、±12dBのデジタル・ゲインを設定することも可能。電源は、Mini XLR端子とUSB端子から供給できるだけでなく、インターナル・バッテリーでも連続10時間動作する仕様になっています。

teenage engineering - CM-15 field microphone

1インチのラージ・ダイアフラム・カプセルを搭載

teenage engineering - CM-15 field microphone

オーディオ信号は、Mini XLR端子、ステレオ・ミニ端子(ライン・レベル。デュアル・モノで出力)、USB端子(デジタル。最高96kHz対応)から出力

背面には、昔のラジオを思い起こさせるスタンドが備わっているので、単体で自立させることが可能。もちろん、マイク・スタンドやカメラ用三脚に取り付けることもでき、パッケージには1/4インチのアダプターと3/8インチのアダプターが含まれています(どちらのアダプターも、90°から110°まで取り付け角度を変えることが可能)。またteenage engineeringは、「CM-15」の発表に合わせて、純正のミニ三脚「tripod mini」の発売もアナウンスしています。

teenage engineering - CM-15 field microphone

純正のミニ三脚「tripod mini」に装着した様子

teenage engineering - CM-15 field microphone

背面にはスタンドが備わっているので、単体で自立させることも可能

多くの人が気になるであろうマイクロフォンとしてのスペックですが、音源とは50cmの距離で最もフラットな周波数応答特性になるよう設計されているとのこと。そのほかWebサイトでは、セルフ・ノイズ・レベル:14dBA、Max SPL(0.5% THD):128dB、USB端子のデジタル出力次のS/N:120dB、Mini XLR端子のインピーダンス:600Ω、ステレオ・ミニ端子のインピーダンス:300Ωといったスペックが公表されています。

teenage engineering - CM-15 field microphone

スーパー・カーディオイドのポーラーパターン

teenage engineering - CM-15 field microphone

周波数特性を表したグラフ

さまざまな収録用途に対応する、超小型/プロ仕様のコンデンサー・マイクロフォン、「CM-15」。発売は今夏(2023年夏)の予定で、価格は1,199ドル(現在の為替レートで約16万円)、オプションの「tripod mini」の価格は119ドル(現在の為替レートで約16,000円)となっています。さらなる詳細は、teenage engineeringのWebサイトをご覧ください。

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

ICON