Feature Image

TECH & GADGET

teenage engineeringから、“歌う木製人形”「choir」が登場…… 合唱やMIDIキーボードからのリアルタイム歌唱にも対応

teenage engineeringが新製品、「choir(クワイア)」を発表。斬新な電子楽器を次々に発表する同社から、今度は“歌う木製人形”の登場です。

teenage engineering - choir

teenage engineering「choir」

teenage engineeringから、またまたユニークな製品が発売になりました。本日販売が開始された「choir」は、クワイア音源を内蔵した“歌う木製人形”。世界各地の民謡などプリセットされた22の楽曲を歌い上げるほか、BluetoothでMIDIキーボードを接続することにより、リアルタイムに音程や子音/母音などをコントロールすることも可能になっています。もちろんスピーカーやバッテリーも搭載し、満充電で最大4時間の連続歌唱に対応。外観や声質が異なる8種類のバリエーションが用意され、複数の「choir」をBluetooth接続すれば、合唱団として美しいハーモニーを奏でることも可能になっています(最大16体の合唱に対応)。

teenage engineeringの創始者であり代表であるジェスパー(Jesper Kouthoofd)氏は、「choir」の開発の経緯について、以下のように語っています。

2007年秋、ガレージの作業場を共有する4人の友人は、思いがけずabsolut vodka社からアート・インスタレーションの制作を依頼されました。1年という時間をかけた製作とコーディングから、22体の木製人形がハーモニーを奏でるマシン「absolut choir」が完成しました。各人形のデザインはロシアのマトリョーシカから、カルロ・コロディの「ピノキオ」のような物語のキャラクターまで、世界中の木製人形を参考にし、それぞれが独自のストーリーと特徴的なボイスを備えていました。その背景は、搭載されたコンピューター・アルゴリズムにより選択・再解釈された楽曲があったのです。absolut choirのローンチ時、absolut vodkaからグループの名前を尋ねられ、これがteenage engineering誕生の瞬間でした。今回のリメイク版teenage engineering choirは、オリジナルのabsolut choirのスケールを縮小、全て木製で再現しました。これは私達の10年を祝うものです。absolut choirがなければOP-1も、ポケットオペレーターもスピーカーもシンセも、teenage engineeringという会社すら存在しなかったでしょう
teenage engineering - choir

頭を軽くタップすると、歌唱を開始する

choir」は、頭部が再生/停止ボタンとなっており、頭を軽くタップすることで歌唱と停止を切り替えることが可能。音量は、内蔵の加速度センサーによって、左右に傾けることでコントロールできます。Bluetooth接続したMIDIコントローラーを使ってリアルタイムに演奏できる点は「choir」の大きな特徴ですが、OP-1OP-Zを接続した場合は、4つのエンコーダーでヴィブラート/子音/母音/リバーブもコントロールすることが可能(OD-11用のリモート・コントローラー、ortho remoteにも対応)。素材は硬質なブナで、表面は耐久性に優れたハード・ワックス・オイルで1体1体研磨されて出荷されるとのことです。

teenage engineering - choir

硬質なブナ製で、表面はハード・ワックス・オイルで研磨されている

choir」のバリエーションは、以下のとおりです。

teenage engineeringのオンライン・ストアでの販売は始まっており、価格は各249ドル。さらなる詳細は、teenage engineeringのWebサイトをご覧ください。

teenage engineering - choir

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

コルグ、NTSシリーズ第3弾「NTS-3 kaoss pad kit」を発表…… 自分の手で組み立てる“DIY KAOSS PAD”がデビュー

ボス、新型ボーカル・プロセッサー「VE-22」を発表…… コンデンサー・マイクにも対応、配信に便利なUSBオーディオIF機能も

名機コルグ microKORGの新世代モデルが待望のデビュー…… 音色の“時代感”を選択できるタイム・トラベル機能も搭載

Cycling ’74、Max 8.6をリリース…… SFZファイル対応によってサンプリング音源を簡単に実現、ゲーム・コントローラーを利用できる新オブジェクトも登場

iZotope、最低限の操作でボーカル/喋り声の品質を向上できる新機軸のプラグイン、「VEA」を発表…… 4,200円で販売中

IK Multimedia、パソコンやスマートフォンにUSB接続できるコンデンサー・マイク、「iRig Stream Mic USB」を発売…… 2ch入出力のオーディオIFとしても機能

ヤマハ、新感覚オール・イン・ワン音楽制作デバイス、「SEQTRAK」を発表…… 映像を生成/合成できる機能も搭載

USB-C端子を採用したポケット・サイズのオーディオIF、IK Multimedia「iRig USB」の国内販売がスタート

Ableton、Push 3をPCレス/スタンドアロンで使用可能にするキットを発売…… Pushが表現力豊かな“楽器”に

“シンセ・ベース”を再定義するソフト音源、Moog「MARIANA」が誕生…… 期間限定で50%OFFの8,100円で販売中

メディア・インテグレーション、話題の電卓型サンプラー「EP-133 K.O.II」の国内販売状況と、日本限定の予約特典についてアナウンス

ICON