Feature Image

TECH & GADGET

マイコンソフト、RGB映像を滲みなくクッキリ鮮明に取り込めるキャプチャー・ボード、「SC-700」を発表…… レトロ・ゲーム/レトロPCの録画に最適

今週水曜日から金曜日にかけて、2年ぶりにオンサイト開催された業務用放送機器の展示会、『Inter BEE 2021』。ニッチな映像ペリフェラルをコツコツと開発し続けているマイコンソフトが、新製品「SC-700」を初披露し、来場者の注目を集めていました。

Micomsoft - SC-700

マイコンソフト「SC-700」

マイコンソフトがお披露目した「SC-700」は、入力した映像を非圧縮でパソコンに取り込むことができるビデオ・キャプチャー・ボード。インターフェースはPCI Express(Gen2)で、Windows 10/11が動作するデスクトップPC(Intel Coreプロセッサー第3世代以降)に対応します。これだけだったら何てことのないビデオ・キャプチャー・ボードですが、「SC-700」が凄いのは、入力したRGB信号をYUV444に変換して取り込めるところ。業務機を含め多くの映像機器で採用されているYUV422(YUY2)は、水平方向2ピクセルごとに色差を記録する(要は間引いて記録する)方式のため、解像度が粗いレトロ・ゲーム/レトロPCの映像やドット画を変換すると色が滲んでしまうのが難点でした。しかし「SC-700」なら、色差を間引かないYUV444でキャプチャーできるため、レトロ・ゲーム/レトロPCの映像をクッキリ鮮明に記録することができます。

Micomsoft - SC-700

YUV422で取り込んだRGB信号。よく見るとピクセルが滲んでいる

Micomsoft - SC-700

「SC-700」でYUV444で取り込んだRGB信号。滲みがなく、クッキリ鮮明にキャプチャーできている

映像入力はブレイクアウト・ケーブル経由で行い、HDMI、アナログRGB、コンポーネント、Sビデオ、コンポジットに対応。ただし「SC-700」の最大の特徴であるRGB信号の鮮明度を保ったままキャプチャーするには、入力はHDMI(RGB信号のHDMI)あるいはアナログRGBのどちらかを使い、記録フォーマットは動画ならば非圧縮のAVI、静止画ならば非圧縮のBMPを選択する必要があります。また、RGB信号をYUV444に変換し、H.264で(圧縮して)記録することも可能で、この場合はnVidia NVENC(ハードウェア・エンコーダー)が必要。なお、「SC-700」はソフトウェア・エンコード仕様のキャプチャー・ボードなので、取り込めるフレーム・レートはパソコンのスペックに依存します。

レトロ・ゲーム/レトロPCの映像を鮮明に記録することができるビデオ・キャプチャー・ボード、「SC-700」。現在鋭意開発中で、価格は未定とのこと。さらなる詳細は、マイコンソフトのWebサイトをご覧ください。

Micomsoft - SC-700
Micomsoft - SC-700

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

ICON