Feature Image

MODULAR SYNTH

8ボイスの完全なポリフォニック・シンセ、Knobula「Poly Cinematic」がデビュー…… Supersaw波形、MIDI対応、リバーブも搭載

先月(2021年9月)開催された世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH』。約2年半ぶりの開催とあって多くの新製品がお披露目されましたが、新作Eurorackの中で特に目を惹いたのが「Poly Cinematic(ポリ・シネマティック)」というモジュールです。

Knobula - Poly Cinematic

Knobula「Poly Cinematic」

イギリス・ロンドンの新興メーカー Knobulaが開発した「Poly Cinematic」は、8ボイスのポリフォニック・オシレーター。ポリフォニック・オシレーター自体、今や珍しいものではありませんが、「Poly Cinematic」はマルチ・モード・フィルター、ADSRエンベロープ、デジタル・リバーブを搭載した“完全なシンセ・ボイス”というのがユニークなところ。MIDI入力にも対応した8ボイス仕様のポリフォニック・シンセサイザー、それが「Poly Cinematic」なのです。

音源となるデジタル・オシレーターは、ボイスあたり7オシレーターの『Supersaw』、ボイスあたり3オシレーターの『Square』、サイン波ベースのオルガン・トーン『Tonewheel』の3種類の波形を搭載。また、それぞれ3種類の発音モードを選択でき、ピッチ/ファイン・チューンのほか、ユニゾン〜5th〜オクターブで連続的にデチューンすることもできます。12dB/Octのフィルターは、ローパス/ノッチ/ハイパスを切り替えられるマルチモード仕様で、ADSRエンベロープでカットオフをモジュレートすることも可能。最上部に搭載されたADSRエンベロープは、アタックとリリースは専用のノブが用意されていますが、ディケイとサスティンは共有のノブで、左側に回してディケイ・タイム、右側に回してサスティン・レベルを設定するというユニークな仕様になっています。そして「Poly Cinematic」の大きな特徴であるコード機能ですが、MIDI端子に入力したコードを最大8種類メモリーすることが可能。メモリーしたコードは『Chord Select』で選択できるため、V/Oct入力と合わせて、CVでコード演奏ができるようになっています(もちろん、MIDI入力を使えばダイレクトにコード演奏ができます)。

横幅12HPのコンパクトなポリフォニック・シンセサイザー、「Poly Cinematic」。価格は320ポンド(約49,000円)で、最初のバッチは即完売してしまったようですが、近々次のバッチが出荷されるもよう。さらなる詳細は、KnobulaのWebサイトをご覧ください。

AD

IK Multimedia、定番ベース音源 MODO BASSの無償版の提供を開始…… ’60s Fender Precision Bassモデルを収録

開発者が語るローランド初のガジェット楽器、「AIRA Compact」…… 感覚的にコード進行を作れる『コード・シーケンサー』とは一体?

ロック/ポップ・ミュージック史に残る名盤のジャケットを、子猫で再現した『The Kitten Covers』

大物プロデューサーの“魔法のボーカル処理”がプラグインに…… IK Multimedia「T-RackS Joe Chiccarelli Vocal Strip」が発売

250ドルで買える本格的なセミ・モジュラーシンセ、Cre8audio「East Beast」がデビュー…… シーケンサーやキーボードも搭載

ABBAやカーディガンズなど、スウェディッシュ・ポップのリバーブを生み出すプラグイン、Softube「Atlantis Dual Chambers」が発売

Tiptop Audio、待望のブラックMantisを発表…… Buchla 292tはハンドメイド・バクトロールが採用されることに

Tubbutec、ローランド MC-202にアルペジエーター機能やグラフィック・ディスプレイを追加する「MC2oh2」をお披露目

Eventideから、メロディーを生成する革新的なアルゴリズミック・シーケンサー、「Misha」がデビュー

IK Multimedia、精悍な黒色のマイクロ・シンセ、「UNO Synth Pro Desktop Black Edition」を発表…… 数量限定生産

teenage engineering、名機OP-1を全面的にブラッシュアップした新製品「OP-1 field」を発表…… 100もの新機能を追加

Erica Synths、漆黒の“実験電子楽器”「SYNTRX II」を発表…… 記録対応のジョイステイックやピアノロール・シーケンサーを新たに搭載

ローランド、新感覚ガジェット『AIRA Compact』を発表…… 本物の“Rolandサウンド”で気軽に曲づくりを実現

コルグ、DIYオシロスコープ「NTS-2 oscilloscope kit」を発表…… コルグ/ARPをフォーカスした新刊「PATCH & TWEAK with KORG」とバンドルで発売

名機JUNO-60/JUNO-106を最新テクノロジーで蘇生した新型シンセサイザー、ローランド「JUNO-X」がデビュー

シンセサイザー/音づくりの基礎を学べるWebアプリ、Ableton『Learning Synths』がアップデート…… 音色のエクスポートや録音も可能に

人気のローファイ&グリッチ・ビデオシンセ、LoFi Future T-420に待望のEurorack版が登場…… 4HPとコンパクト、約14,000円

teenage engineering、シンセサイザー/シーケンサー内蔵の超小型ミキサー「TX-6」を発表…… USBオーディオIFとしても機能

ICON