Feature Image

NEW PRODUCT

NAMM 2021: Verbos Electronicsがシステム販売を開始…… モジュラーシンセのおもしろさを堪能できる3システムがラインナップ

NAMM BELIEVE IN MUSIC』と題し、今年はオンラインで開催された世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。そのタイミングに合わせ、Verbos Electronicsが同社初となるモジュラー・システムの出荷を開始しました。

Verbos Electronics - Modular System

Verbos Electronics初のモジュラー・システム

エレクトロニック・ミュージックのプロデューサー/DJとしても名を馳せるマーク・ヴァーボス(Mark Verbos)が2013年に立ち上げたシンセサイザー・ブランド、Verbos Electronics。ウェストコースト・シンセシスの伝統を受け継ぎつつ、プロデューサー/DJとしての活動から得たノウハウを加味してデザインされた同ブランドのEurorackモジュールは、質の高いサウンドとデザイン性の高い外観で、世界中の愛好家から絶大な支持を集めています。そんなVerbos Electronicsはこのたび、長らく待ち望まれていたモジュラー・システムの出荷を開始。これまでもLAのモジュラー・ショップ、Analogue Havenがブルックリンの工房 Lio and Linn製ケースとともにシステム販売を行っていましたが、Verbos Electronicsが正式に発売するモジュラー・システムはこれが初となります。

Verbos Electronics - Modular System

3種類のコンフィギュレーションがラインナップされる

コンフィギュレーションは、『Performer』『Designer』『Producer』の3種類で、Verbos Electronicsオリジナルの木製ケース(104HP×2)に11〜12種類のモジュールがマウントされた状態で出荷。同ブランドのショーケース的なコンフィギュレーションと言えるのが『Performer』で、基本的なモジュールはすべて網羅したうえで、第2世代のフィルター/VCAであるAmp & Toneを2基搭載。マルチ・ボイスのシーケンスにも対応する、Verbosモジュールの魅力を存分に堪能できる構成になっています。

Verbos Electronics - Modular System

『Performer』コンフィギュレーション

タッチ・コントローラーのMini Horseがフィーチャーされたリアルタイム・パフォーマンス寄りのコンフィギュレーションが『Designer』で、こちらはディレイ/リバーブ・モジュールのMulti-Delay Processorも搭載。Verbos Electronicsの看板モジュールである倍音合成オシレーター、Harmonic Oscillatorの可能性を最大限引き出すことができる構成になっています。

Verbos Electronics - Modular System

『Designer』コンフィギュレーション

そしてもっとも人気を集めそうなコンフィギュレーションが『Producer』で、Complex Oscillatorのかわりに最新オシレーターのFoundation Oscillator、Amp & Tone、ノイズ・ジェネレーター/フィックスド・フィルターのNoise & Filterと、ここ数年の間に発売された最新モジュールを網羅。加えてMulti-Delay Processorも搭載されているため、幅の広い音作り/パフォーマンスに対応した構成になっています。

Verbos Electronics - Modular System

『Producer』コンフィギュレーション

オリジナルのケースはLio and Linn製ケース同様にかなり薄く(厚さ約4cm)、精悍なブラックと茶色がかったウッド・グレインの2色から選択可能。搭載されている電源は、+12V/-12V/+5Vすべてのレールで最大1.66A供給できる仕様になっています。

モジュラー・システムの販売はすでに開始されており、ヨーロッパでの税込販売価格は、『Performer』が6,180ユーロ(ウッド・グレインは6,280ユーロ)、『Designer』が5,890ユーロ(ウッド・グレインは5,985ユーロ)、『Producer』が6,375ユーロ(ウッド・グレインは6,475ユーロ)。ケースのみの販売も行われ、ブラック・ケースは950ユーロ、ウッド・グレイン・ケースは1,050ユーロとなっています。さらなる詳細は、Verbos ElectronicsのWebサイトをご覧ください。

Ableton、「Live 11」の販売を開始…… 多くのアーティストが愛用する音楽制作ソフトウェアがさらに進化

Daft Punkの1997年/2007年のライブでの使用機材を描いたオリジナル・ポスターが販売中

IK Multimedia、スマホやデジタル一眼でXLRマイク入力を実現する便利デバイス、「iRig Pre 2」を発表…… 流行のClubhouseでも活躍

2ミックスのドラムだけを除去/ブーストできる画期的なプラグイン、Zynaptiq「UNMIX::DRUMS」が半額の9,900円で販売中

トップ・エンジニア 杉山勇司氏が講師を務めたミックス/マスタリング・セミナーが、YouTubeで全編視聴可能に

Ableton、「Live 11」を2月23日にリリースすると発表…… 実施中の20%OFFプロモは「Live 11」発売と同時に終了

時間軸で音色をダイナミックに変化できるフィルター・プラグイン、Caelum Audio「Flux Mini」が無料ダウンロード開始

ビデオ・アーティスト/VJのための実験ツール、Cat Full of Ghosts Electronics「VIDEO XCHNG」が発売

UVI、デュアル・レイヤーを採用した究極のチップチューン音源、「8-Bit Synth」をリリース…… 2月8日まで40%OFFで販売中

グラミー・エンジニア、アル・シュミットがボーカル録音と楽器録音、マイクの特性について解説した書籍が刊行

NYのトラックメイカー、ピーター・バークが新作のサンプルパックの無料配布を開始…… ローファイ・ヒップホップにも使える珠玉のサンプルパック

ボス、技クラフトの新作「TB-2W」を限定発売…… 伝説のファズ Tone Bender Mk IIを現代の技術で再構築

コルグ、KORG Gadget 2 Pluginsをアップデート…… Windows版とMac版の6種類のガジェットがNKSに対応

手のひらサイズのBuchla? かわいいデザインの小型モジュラーシンセ、Modern Sounds「Pluto」がデビュー

teenage engineering pocket operator modular 16をEurorackモジュール化できるキット、Grayscale「POKIT」が発売

Universal Audio、『UAD』のモデリング・エフェクトを足元で実現する新世代ストンプ、「UAFX」ペダルを発表

IKEAとLEGOがコラボレーション、レゴブロックを組み立てられる収納ボックス、「BYGGLEK」が発売

今週日曜日、完全マシン・オンリーのテクノ・イベント『OHM』が開催…… 5組のアーティストが出演

ICON