Feature Image

NEW PRODUCT

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instrumentsが、大型の新製品「MASCHINE+(マシーン・プラス)」を発表しました。

Native Instruments - MASCHINE+

Native Instruments「MASCHINE+」

前々から噂されていたスタンドアローン版MASCHINEが、ついに登場します。本日(9月9日=909day)発表された「MASCHINE+」は、サンプラー/ドラム・マシン/シンセサイザー/エフェクト/シーケンサーといった機能を網羅した強力な音楽制作/パフォーマンス・マシン(Native Instrumentsは、“グルーヴボックス”と称しています)。4×4のマトリクス・パッドを中心とした定評のあるワークフローを、コンピューターなしで実現する注目の製品です。

Native Instruments - MASCHINE+

コンピューターなしで使用できる『スタンドアローン・モード』が大きなフィーチャー

MASCHINE+」は、現行MASCHINEと大きく変わらない外観からも分かるとおり、完全にゼロから開発されたプロダクトではなく、MASCHINEの拡張モデル/上位バージョンという位置づけの製品になります。従来のMASCHINEと同じようにコンピューターに接続し、MASCHINE Softwareを立ち上げて使用することも可能で(コントローラー・モード)、その上でスタンドアローンでも使用することができる(スタンドアローン・モード)ハイブリッドな製品に仕上げられています。要するに、“MASCHINEの筐体に専用のPCを詰め込んだマシン”であり、プレス・リリースによれば、4コアのCPU、4GBのメモリ、32GBのフラッシュ・メモリ(OSおよびファクトリー・コンテンツ用)を搭載しているとのこと。もちろん、2ch入力/2ch出力のオーディオ・インターフェース機能も実装しています。

Native Instruments - MASCHINE+

2ch入力/2ch出力のオーディオ・インターフェース機能を装備。マイク入力も搭載

『コントローラー・モード』時の機能は、現行MASCHINEとほぼ同じなので、「MASCHINE+」の大きなフィーチャーと言えるのが、コンピューターなしで使用できる『スタンドアローン・モード』ということになります。VST/AUプラグインが使用できない『スタンドアローン・モード』で音源となるのが、『MASCHINE+ SELECTION』と名付けられたファクトリー・コンテンツで、厳選された約24GBものサウンドを収録。具体的には、約8GBのサンプル・ライブラリー、6種類の『DRUM SYNTH』プラグイン、『BASS SYNTH』プラグイン、MASSIVE/FM8/PRISM/MONARKといったシンセサイザー、RAUM/PHASISといったエフェクト類が含まれ、非常に充実した内容になっています。注目は、MASSIVEやFM8といったお馴染みのシンセサイザーも収録されている点で、Native Instrumentsの定番音源をコンピューターなしで使用できるというのは、「MASCHINE+」の大きな魅力と言っていいでしょう。

Native Instruments - MASCHINE+

MASSIVEやFM8といった定番音源も、コンピューターなしで使用できる

MASCHINE+」の主な特徴は、以下のとおりです。

多くの人が待ち望んでいたスタンドアローンで使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」。出荷は2020年10月1日開始予定で、販売価格は149,800円(税込)となっています。さらなる詳細は、Native InstrumentsのWebサイトをご覧ください。

入力音に“音楽的なキャラクター”を付加できる無料のコンプレッサー・プラグイン、Tokyo Dawn Records「TDR Molotok」

u-heの無料ソフト・シンセ「Zebralette」がアップデート…… UIが刷新され、操作性/視認性が大幅に向上

Novation、Aphex Twinが“リミックス”した新型シンセサイザー、「AFX Station」を発表

ローランド、TR-606プラグインを発売…… 強力なシーケンサーを搭載、音色ごとにチューニングとディケイをコントロール可能

Soma Laboratory LYRA-8を再現した無料のソフトシンセ「LIRA•8」…… 延々と遊べる“ソフトウェア・ドローン・マシン”

ローランド、新型リズム・マシン「TR-6S」を発表…… TR-8Sと同等の音源を搭載しながら、コンパクト・サイズと低価格を実現

ポルトガルの女性ビルダーが製作するガジェット系電子楽器、SISMOが日本に上陸…… 1万円台で買える、ハイセンスなマシンたち

Zynaptiq「PITCHMAP」が75%OFFの9,900円で販売中…… 2ミックスの特定の音のピッチを変えられる魔法のプラグイン

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

ICON