Feature Image

RETRO PC & GAME

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

1982年にイギリスで発売され、大ヒットを記録したホーム・コンピューター、Sinclair ResearchのZX Spectrum。その思想と機能を受け継いだ現代版ZX Spectrum、「ZX Spectrum Next(ゼットエックス・スペクトラム・ネクスト」の予約販売がスタートしました。

ZX Spectrum Next Issue 2

現代版ZX Spectrum、「ZX Spectrum Next Issue 2」

リック・ディッキンソン(Rick Dickinson/2018年に逝去)氏とフィル・キャンディー(Phil Candy)氏が開発した「ZX Spectrum Next」は、ZX SpectrumのハードウェアをFPGAで完璧に再現したキーボード一体型のコンピューター。2017年に最初のバージョンが発売され、今回予約販売がスタートしたのは、より機能が強化されたセカンド・バージョン(Issue 2)になります。「ZX Spectrum Next Issue 2」は、オリジナルZX Spectrum 48/128/+2/+3の各モデルはもちろんのこと、ロシア製のPentagonをはじめとするクローン機とも互換性があり、ZX Spectrum用のほぼすべてのソフトウェアを使用することが可能。ルックスもまさしく現代版ZX Spectrumという仕上がりになっており、膨大なソフトウェア資産を末永く利用できる、究極のZX Spectrum互換機と言っていいでしょう。

ZX Spectrum Next Issue 2

膨大なソフトウェア資産をほぼすべて使用することが可能

メイン・プロセッサーはZ80で、オリジナルZX Spectrumの数倍のクロックでの動作もサポートし、容量1MBのメモリを実装(最大2MBに拡張可能)。ビデオ出力は640×256ピクセルの高解像度モードに切り替えることもでき、RGB/VGAの各出力に加えてHDMI出力も備えています。拡張端子は2基のジョイスティック・ポート、マウスやキーボードを接続できるPS/2ポート、SDカード・スロット、オリジナルZX Spectrum互換の外部バス拡張ポート/アクセラレーター拡張ポートを搭載。カセット・テープを使ったプログラムのロード/セーブに対応したマイク/イヤー・ポートも備え、Wi-Fiモジュールも装備しています。OSは『NextZXOS』を搭載し、『NextBasic』を起動すれば即座にBASICでプログラムを組むことが可能。膨大なソフトウェア資産を利用できる「ZX Spectrum Next Issue 2」ですが、発売当時と同じく、プログラミングを楽しむための“ホーム・コンピューター”としても活躍します。

ZX Spectrum Next Issue 2

標準バージョンの“PLUS”と、拡張ボードが装着された“Accelerated”の2モデルが用意される

ZX Spectrum Next Issue 2」は、標準バージョンの“PLUS”と、Raspberry Piベースの拡張ボードが装着された“Accelerated”の2モデルが用意され、価格は“PLUS”が300ポンド、“Accelerated”が325ポンド。予約販売は今回もKickstarterでクラウドファンディング形式で行われており、日本への送料は25ポンド、出荷開始は1年後の2021年8月予定となっています。さらなる詳細は、Kickstarterのキャンペーン・ページをご覧ください。

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

コルグ、新型「volca sample」を発表…… USB端子の搭載により、パソコンとの連携がスムーズに

コルグ、人気のミュージック・ワークステーション「i3」に、マット・シルバーの新色をラインナップ

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

PreSonus、次世代の無料DAW「Studio One 5 Prime」の提供を開始…… Studio One 5の新機能を搭載し、さらに進化

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

究極のファミコン互換機の最終モデル、Analogue「Nt mini Noir」が数量限定で再販…… このあと0時から

ローランド、TR-8Sをバージョン2にアップデート…… FM音源が新たに追加され、音色のバリエーションが拡大

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ICON