Feature Image

MODULAR

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Doepferが、1月の『The NAMM Show』でお披露目したEurorackモジュールの新製品、4モデルの出荷を開始しました。

Doepferの新モジュール4製品

A-130-8」は、6HPのコンパクト筐体に8ch分のリニアVCAを搭載した超高効率モジュール。1〜4ch/5〜8ch/1〜8chの信号をミックスして取り出せる、3系統のサミング出力も備えています。VCAはすべてDCカップル仕様で、オーディオだけでなく、CVをコントロールすることも可能。出荷時は+5VのCVでフル・オープンする仕様になっていますが、背面のトリマーによって0〜+10Vの範囲で調整することもでき、必要に応じてシグナル入力/CV入力をノーマル接続することもできます。ヨーロッパでの販売価格は、90ユーロ。

Doepfer - A-130-8

8chリニアVCA、「A-130-8」

A-133-2」は、2ch仕様のバイポーラVCA。A-133を4HPにスリム化し、いくつかの機能を追加した幅広い用途に対応するモジュールです。両チャンネルともCVのアッテネーターに加えて、マニュアル・コントロールを備え、VCA、ポラーライザー、インバーター、リング・モジュレーターなど、さまざまなプロセッサーとして機能。A-133との大きな違いは、CVを別のCVでモジュレートできる“Mod”入力を備えている点で、「A-133-2」だけで複雑なモジュレーションを作り出せる仕様になっています。“Mod”入力にケーブルを挿していないときは、+5Vの信号がノーマル接続されているので、A-133と同じような感覚で(“Mod”入力を無視して)使用することが可能。ヨーロッパでの販売価格は、90ユーロ。

Doepfer - A-133-2

2chバイポーラVCA、「A-133-2」

A-135-3」は、4ch仕様のステレオ・ミキサーで、8HPのコンパクト・サイズながら、すべての入力がステレオ仕様というのが大きな特徴。各チャンネルにはマニュアルのレベル・コントロールに加えて、CV入力/アッテネーターが備わり、ステレオ4chのリニアVCAとしても機能(合計8基のVCAを搭載!)。+5Vでフル・オープンするVCAは、もちろんDCカップル仕様で、オーディオだけでなくCVをコントロールすることもできます。ヨーロッパでの販売価格は、140ユーロ。

Doepfer - A-135-3

4chステレオ・ミキサー/VCA、「A-135-3」

A-183-4」は、4ch仕様のパルス信号用レベル・シフター/バッファー。ゲート/トリガー/クロックといったパルス信号のレベルを規定値に寄せて出力します。出力レベルは、背面のジャンパーで+12Vと+5Vの2値から選択でき、入力信号が+0.8Vを下回ったときは0V、+3Vを上回ったときは+12V/+5Vを出力。信号は上から下へとノーマル接続されているので、パルス信号用のバッファード・マルチプルとしても機能し、立ち上がりが遅いパルス信号のエッジをシャープにするためのプロセッサーとしても使用できます。ヨーロッパでの販売価格は、60ユーロ。

Doepfer - A-183-4

4chパルス・レベル・シフター/バッファー、「A-183-4」

おそらく日本でもすぐに販売が開始されると思われるDoepferの新モジュール。さらなる詳細は、DoepferのWebサイトをご覧ください。

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

コルグ、新型「volca sample」を発表…… USB端子の搭載により、パソコンとの連携がスムーズに

コルグ、人気のミュージック・ワークステーション「i3」に、マット・シルバーの新色をラインナップ

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

PreSonus、次世代の無料DAW「Studio One 5 Prime」の提供を開始…… Studio One 5の新機能を搭載し、さらに進化

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

究極のファミコン互換機の最終モデル、Analogue「Nt mini Noir」が数量限定で再販…… このあと0時から

ローランド、TR-8Sをバージョン2にアップデート…… FM音源が新たに追加され、音色のバリエーションが拡大

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ICON