Feature Image

NEWS

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

昨日開幕した世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その初日、IK MultimediaiLoud MTMのホワイト・バージョンを発表しました。

IK Multimedia - iLoud MTM White Version

昨年発売されたiLoud MTMは、上下左右対称の“MTM(ミッド・ウーファー+ツイーター+ミッド・ウーファー)”デザインが採用されたミドル・クラスのスタジオ・モニター。出力は100W RMSと十分で、DSPによる音場補正システム『ARC』を内蔵、単体で再生音をキャリブレーションすることが可能(測定用マイクも付属)。世界中で大ヒットを記録したiLoud Micro Monitor同様、色付けのない解像度の高い音質が特徴で、既に多くのアーティスト/エンジニアが愛用しています。

今回の『The NAMM Show』では、そんなiLoud MTMのホワイト・バージョンがお披露目されました。色以外のスペックや機能はブラック・バージョンと同一で、iLoud Micro Monitorのホワイト・バージョン同様、艶のない落ち着いたフィニッシュになっています。iLoud MTMのホワイト・バージョンは、2020年2月発売予定で、価格はオープン・プライス。市場想定価格は、43,000円前後(1本)とのこと。さらなる詳細は、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ローランド、10月22日〜24日にオンライン楽器フェスティバル、『ROLAND/BOSSプレイヤーズ・サミット』を開催

DJ/プロデューサー KSHMRのキック処理のノウハウが凝縮された無料プラグイン、Dharma「KSHMR Essentials Kick」

伝説のサンプラー:Fairlight CMI IIxの機能とUIをパソコン上に再現するソフト、「QasarBeach CMI IIz」

Nanoloopを搭載、曲づくりもできる携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売が8月3日に開始

ブライアン・イーノとEMS、デリア・ダービーシャーとMTRなど、アーティストと電子楽器をモチーフにしたペーパー・クラフト

アナログ映像のおもしろさをデジタルで実現した“バーチャル・アナログ”のビデオ・シンセ、Sleepy Circuits「Hypno」

MIDIコントローラーでラチェット(連打)・パターンを生成できるAbleton用デバイス、midierror「RATCHETEER」

ドラム/ギター/シンセ/キーボードの“フィルイン”を261種類収録した無料のサンプルパック、『Free Funky and Freaky Fill Samples』

Spectrasonics、定番キーボード音源「Keyscape」を約26%OFFで販売する日本限定セールを実施

ICON