Feature Image

NEWS

NAMM 2020: Universal Audio、無償の純正DAW「LUNA」を発表…… 往年のコンソール/MTRを再現、Minimoogも付属

世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』がいよいよスタートしました。初日のきょう、デジタル系プロダクトの中で最も注目を集めていたのは、Universal Audioの新製品「LUNA(ルナ)」と言っていいでしょう。開幕前にティーザーが公開され、製品名だけが明かされていた「LUNA」。その正体は、なんとUniversal Audio謹製のDAW(!)でした。Thunderbolt接続のApolloおよびArrowユーザーは、この春から無償で利用できるようになります。

Universal Audio - LUNA

“レコーディング・システム”を謳う「LUNA」は、Thunderbolt接続のApollo/Arrowを繋いだMacのみで利用できる無償のDAW。マルチトラック・レコーディング/ミキシング/プロセッシング/MIDIレコーディングといった機能を備え、音楽制作を完遂できるフル機能のDAWソフトウェアとして仕上げられています。もちろん、Universal Audioが自ら開発に取り組んだだけあり、他のDAWには無い「LUNA」ならではの機能もいくつか盛り込まれています。

その中でも特にユニークなのが、ミキサー部とオーディオ・プレイバック部に組み込まれた『LUNA Extension』と呼ばれるプロセッシング機能。「LUNA」のミキサー部には、Neve 80シリーズ・コンソールをモデリングした『LUNA Extension』がインストールされており、Neve 1272サミング・アンプの“混ざり具合”を忠実に再現するとのこと。そのサウンドのリアルさは、世に出ている“サミング・プラグイン”(おそらくは、Avid/Crane SongのHEATを意識しているのでしょう)を遥かに超越するとのことです。加えて「LUNA」のオーディオ・プレイバック部には、「Oxide」と呼ばれる『LUNA Extension』がインストールされており、この部分ではMTRにレコーディングされた音の温かみや“凝縮感”を再現するとのこと。往年のミキシング・コンソールとMTRのサウンドを、DAWの根幹部分(ミキサー部/オーディオ・プレイバック部)で忠実に再現する…… これは他のDAWには無い「LUNA」ならではの機能と言っていいでしょう。確かに複数のチャンネルが混ざり合うことで生じる効果(サミングやクロストーク)を再現するのは、従来型のプラグイン・エフェクトでは困難で、往年のミキシング・コンソール/MTRを忠実にイミュレーションするには、自社製DAWでなければ不可能です。なお、この部分は『LUNA Extension』としてプラグイン化されており、今後「Studer A800 Tape Recorder Extension」など、様々な製品をラインナップする予定とのこと。そう遠くない将来、SSLやAmpex、PCM-3348といった名機のサウンドを再現した『LUNA Extension』も登場するかもしれません。

そしてUniversal Audioが大きくアピールしているのが、レコーディング時のレーテンシーが(ほぼ)無いという点。新たに開発された『Accelerated Realtime Monitoring』という機能により、レーテンシー・フリーのルーティング/レコーディングが可能になっているとのこと。おそらくはApollo/Arrowに搭載されているDSPを、レコーディング/プレイバック/ミキシングにも活用することで実現した機能であり、DSPベースのPro Tools(Pro Tools | HDXなど)と同等のパフォーマンスが「LUNA」では得られるというわけです。DSPベースのPro Toolsが商用スタジオでスタンダードになっているのは、レコーディング時のレーテンシーの無さが大きな理由であり、10万円前後の「LUNA」+Apollo/Arrowで同じようなことができてしまうのは、かなり凄いと言えるのではないでしょうか。

また、「LUNA」はMIDIトラックも備えており、ソフトウェア・インストゥルメントを使用することも可能になっています。標準で、Moog Musicとのコラボレーションで開発された「Moog Minimoog」、Steinway Model Bを再現したピアノ音源「Ravel」、サンプル・ベースのマルチ音源「Shape」という3種類のソフトウェア・インストゥルメントが付属し、これらもレーテンシー・フリーで使用することが可能。「Shape」には、Spitfire Audio、Orange Tree Samples、Loops de la Cremeといったデベロッパーが開発したサンプルが多数収録されているとのことです。

Universal Audio - LUNA

Moog Minimoog

Universal Audio - LUNA

Ravel

遂にベールを脱いだUniversal Audio製DAW、「LUNA」。今後Windows版もリリースされるのか、どこまでDSPを使用しているのか、VST/AUには対応しているのか、「Moog Minimoog」などは他のDAWでも使用できるのか…… などなど、気になる点は多いですが、それらは間もなく明らかになるでしょう。Apollo/Arrowユーザーはもちろんのこと、他のDAWユーザーも要注目の新製品と言えそうです。さらなる詳細は、Universal AudioのWebサイトをご覧ください。

Universal Audio - LUNA

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

コルグ、新型「volca sample」を発表…… USB端子の搭載により、パソコンとの連携がスムーズに

コルグ、人気のミュージック・ワークステーション「i3」に、マット・シルバーの新色をラインナップ

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

PreSonus、次世代の無料DAW「Studio One 5 Prime」の提供を開始…… Studio One 5の新機能を搭載し、さらに進化

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

究極のファミコン互換機の最終モデル、Analogue「Nt mini Noir」が数量限定で再販…… このあと0時から

ローランド、TR-8Sをバージョン2にアップデート…… FM音源が新たに追加され、音色のバリエーションが拡大

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ICON