Feature Image

NEWS

NAMM 2020: Apogee、デスクトップ・スタイルの高音質オーディオIF、「Symphony Desktop」を発表

いよいよ現地時間今週木曜日(日本時間:17日(金)深夜3:00)に始まる世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その開幕を前に、Apogee Electronicsが新製品「Symphony Desktop」を発表しました。

Apogee Electronics - Symphony Desktop

Symphony Desktop」は、Apogee ElectronicsのフラッグシップIF、Symphony I/O Mk IIの高音質をデスクトップ筐体で実現した新型オーディオ・インターフェース。デバイスとの接続インターフェースはUSBで、Mac(macOS 10.12以降)/iPad Pro(iPadOS 13以降)/Windows(Windows 10 Anniversary update以降)に対応。オーディオ・インターフェースとしてのキャパシティは10ch入力/14ch出力で、最大75dBゲイン/ステップ・ゲイン/可変インピーダンスのマイク・プリアンプを2基搭載しています。操作子はエンコーダーのみとシンプルですが、左側に備わった大型のタッチ・スクリーンによって、指先で様々な操作を行うことが可能。大きなフィーチャーと言えるのが、内蔵DSPによるプロセッシングで、ヴィンテージ・マイク・プリアンプをイミュレーションする『Apogee Alloy』や、定評ある『Apogee FX Plugins』、そしてボブ・クリアマンテンが監修したチャンネル・ストリップ『Symphony ECS Channel Strip』などを使用することができます。

Apogee Electronics - Symphony Desktop
Apogee Electronics - Symphony Desktop

Symphony Desktop」の主な特徴は、以下のとおりです。

Symphony Desktop」は、2020年第一四半期に発売され、北米での価格は1,299ドル。『Pultec EQP-1A』『Pultec MEQ-5』『ModEQ 6』『ModComp』『Opto-3A』といった499ドル相当の『Apogee FX Plugins』が付属する「Symphony Desktop FX Complete」というパッケージも用意され、こちらの北米での価格は1,399ドルとなっています。さらなる詳細は、Apogee ElectronicsのWebサイトをご覧ください。

ポルトガルの女性ビルダーが製作するガジェット系電子楽器、SISMOが日本に上陸…… 1万円台で買える、ハイセンスなマシンたち

Zynaptiq「PITCHMAP」が75%OFFの9,900円で販売中…… 2ミックスの特定の音のピッチを変えられる魔法のプラグイン

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

コルグ、新型「volca sample」を発表…… USB端子の搭載により、パソコンとの連携がスムーズに

コルグ、人気のミュージック・ワークステーション「i3」に、マット・シルバーの新色をラインナップ

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

PreSonus、次世代の無料DAW「Studio One 5 Prime」の提供を開始…… Studio One 5の新機能を搭載し、さらに進化

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

究極のファミコン互換機の最終モデル、Analogue「Nt mini Noir」が数量限定で再販…… このあと0時から

ICON