Feature Image

NEWS & INFO

NAMM 2020: コルグ、シンセ史を代表する名機を復刻した「ARP 2600 FS」を発表…… 1回のみの生産/完全限定発売

今月16日に始まる世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その開幕を前に、コルグが今回の『The NAMM Show』の目玉の一つと言える新製品、「ARP 2600 FS」を発表しました。

KORG - ARP 2600 FS

シンセサイザー史を代表する不朽の名機 ARP 2600が、発売から約50年の時を経て、遂に蘇ります。コルグが間もなく出荷を開始する「ARP 2600 FS」は、ARP 2600を完全復刻したセミ・モジュラー・シンセサイザー。復刻にあたっては、ARP 2600の開発者であるARP Instrumentsの共同創業者、ディヴィッド・フレンド(David Friend)氏が全面監修。ARP 2600をサウンド/内部回路/デザイン、すべてにおいて完璧に再現しています。

KORG - ARP 2600 FS

ARP 2600の開発者、ディヴィッド・フレンド(David Friend)氏

1971年に最初のモデルが発売されたARP 2600は、スーツ・ケース型の筐体に音作りに欠かせない機能を網羅したセミ・モジュラー形式のモノフォニック(デュオフォニック時は2ボイス)・シンセサイザー。3基のオシレーター、24dB/octのフィルター、ノイズ・ジェネレーター、 ミキサー、ADSR/ARエンベロープ・ジェネレーター、VCAといった減算合成シンセサイザーの基本要素に加え、リング・モジュレーター、サンプル&ホールド、ボルテージ・プロセッサー、エンベロープ・フォロワー、さらにはスプリング・リバーブ、ステレオ・スピーカーといった機能まで搭載した、一体型の“サウンド・デザイン・スタジオ”とも言える電子楽器です。基本パッチは内部でノーマル接続されていますが、フロント・パネルには多数のパッチ端子が備わっており、パッチ・ケーブルを使って自由に接続することで、無限とも言える音作りが可能。ARP 2600は、フロント・パネルのレイアウト/シグナル・フローが非常に分かりやすいのも特徴の一つで、1970年代には音作りを学ぶための教材として、教育機関でも活躍しました。パッチ端子は、流行のEurorackと同じ3.5mmなので、モジュラー・シンセサイザーと組み合わせることも可能になっています。

KORG - ARP 2600 FS

今回発表された「ARP 2600 FS」では、そんなARP 2600を忠実に再現。その上で、いくつかの新機能も追加されています。まず、24dB/octのフィルターは、“Type I”と“Type II”という2種類の回路を搭載。ARP 2600は、発売時期によって様々なモデルが存在しますが、「ARP 2600 FS」では前期型のフィルター(Type I)と後期型のフィルター(Type II)を選択できる仕様になっており、これにより“ARP 2600サウンド”のほぼすべてをカバーしています。さらに付属のキーボード「ARP 3620 FS」は、アフタータッチにも対応。アフタータッチではビブラートをコントロールできるだけでなく、パッチによって任意の機能をアサインすることも可能になっています。加えて「ARP 3620 FS」は、ARP 3620のリピート機能が拡張され、シーケンサー・モードを備えたアルペジエーターも追加。サイド・パネルにはXLR端子のオーディオ出力も備え、外観を損なわない形でMIDI/USB端子も装備しています。

KORG - ARP 2600 FS

シンセサイザー・フリークにとって、まさに垂涎の1台と言える「ARP 2600 FS」ですが、様々な理由から生産は1回限り行われ、完全限定で販売されるとのこと。“新品のARP 2600”が入手できるのは、これが最後の機会になりそうです。

ARP 2600 FS」の主な特徴は、以下のとおりです。

ARP 2600 FS」は、2020年1月下旬に発売され、価格はオープン・プライス。市場想定価格は363,000円となっています。さらなる詳細は、コルグのWebサイトをご覧ください。

KORG - ARP 2600 FS

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON