Feature Image

NEWS

NAMM 2020: コルグ、超強力な新型シンセサイザー「wavestate」を発表…… 現代版WAVESTATIONがデビュー

今月16日に始まる世界最大の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。今年も多くの新製品がお披露目されそうですが、開幕一週間前にして超大物が発表になりました。コルグが本日アナウンスした新製品「wavestate(ウェーブステート)」は、新開発の音源システム『Wave Sequence 2.0』を搭載した強力なデジタル・シンセサイザー。1990年代に人気を博した名機、WAVESTATIONの流れを汲む新型シンセサイザーが間もなくデビューします。

KORG - wavestate

アメリカ・カリフォルニアのコルグ R&Dで開発されたという「wavestate」は、37鍵キーボードを搭載したフル・デジタル・シンセサイザー。見た目はコンパクトですが、その中身はかつてないほどパワフルな強力なシンセサイザーに仕上げられています。「wavestate」の核となるのが新開発の音源システム『Wave Sequence 2.0』で、数GBにも及ぶサンプル・ライブラリー(オリジナルWAVESTATIONのサンプルも完全収録!)の中から任意の波形を最大64ステップ、繋ぎ合わせて再生する(シーケンスさせる)ことが可能。これによって時間軸で刻々と変化する音色を簡単に作り出せるようになっています。「wavestate」の原点と言えるWAVESTATIONでは、ウェーブ・シーケンスのステップごと(波形ごと)に、ピッチやデュレーションといったパラメーターを設定できましたが、新開発の『Wave Sequence 2.0』では、ウェーブ・シーケンスと付随するパラメーターが完全に独立しているため、それぞれに異なるステップ数やループ・ポイントを設定することが可能。この新しいアルゴリズムによって、複雑で予期しない音色変化を生み出すことが可能になりました。さらにはウェーブ・シーケンスのステップの順番をランダマイズさせることも可能で、4系統のアルペジエーターを使ったウェーブ・シーケンスのコントロールにも対応。フィルターでは、MS-20やPolysixタイプのフィルターを選択することもでき、異なるタイプのフィルターをブレンドすることも可能。まさに無限とも言える音作りの可能性を秘めています。

wavestate」の主な特徴は、以下のとおりです。

wavestate」は、2020年2月下旬発売予定で、定価は79,800円。さらなる詳細は、コルグのWebサイトをご覧ください。

KORG - wavestate

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ギターに最適化されたオーディオIF、IK Multimedia「AXE I/O Solo」…… 入力インピーダンスの連続可変機能を搭載

SuperColliderでTR-808を再現するプログラム「SC-808」…… 808サウンドを自分好みにチューニング可能

ローランド、TR-808プラグインの無料体験キャンペーンを開始…… 同時に8分8秒のショート・ビデオも公開

R2-D2の声の誕生秘話も…… 映画の音響制作に迫ったドキュメンタリー、『ようこそ映画音響の世界へ』が公開

Studio One 5の新機能やTIPSを語り尽くすオンライン・イベントが、今晩20時からYouTubeで無料生配信

コルグ、KRONOS Sound Librariesを特別価格で販売する、2週間限定サマー・セールを開始

経年変化による音の違いまでも再現された“究極のJUNO-106音源”、ローランド「JUNO-106 Model Expansion」

MIDIデータを瞬時に記録/ループ再生できるループ・マシン、Bastl Instruments「Midilooper」

Doepfer、コンパクトで高機能なEurorackモジュール4製品を発売…… A-130-8/A-133-2/A-135-3/A-183-4

Oberheim OB-Xを再現した無料のソフト・シンセ、discoDSP OB-Xd 2.0…… VST/AU/スタンドアローンに対応

Nanoloopを搭載した音楽制作にも対応した携帯型ゲーム機、「Analogue Pocket」の予約販売がスタート

Rutt/Etra Video Synthesizerの映像効果を再現したWebアプリケーション、「Rutt-Etra-Izer」

teenage engineering pocket operatorをMPC風にしてしまうケース、「MPO XS」の予約販売が開始

シンセ・イベント『Knobcon』、今年は開催されないことが決定…… 写真で振り返る昨年の『Knobcon』

Commodore Amiga用の新しいサンプラー・カートリッジ、「Open Amiga Sampler」がオープンソースで公開

deadmau5が長年パフォーマンスで使用してきたソフトウェア・コントローラー、「OSC/PILOT」の一般販売が開始

☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm)インタビュー 〜 愛用のシンセとオンライン・フェス『BLOCK.FESTIVAL』を語る

ICON