Feature Image

NEWS

Modal Electronics、ウェーブテーブル音源の魅力にあらためて迫った新型シンセサイザー、「ARGON8」を間もなく発売

SKULPTCRAFTsynthによって、日本でも一躍その名が知られるようになったイギリスのシンセサイザー・メーカー、Modal Electronics。同社渾身の新型シンセサイザー、「ARGON8(アルゴネイト)」の出荷が間もなく開始されます。

Modal Electronics - ARGON8

9月の『Knobcon Number Eight』で初披露された「ARGON8」は、8ボイス仕様のウェーブテーブル・シンセサイザー。SKULPTやCRAFTsynthとは異なり、Fatar製の37鍵フル・サイズ鍵盤を内蔵した本格的なデジタル・シンセサイザーです。ボイスごとに4基のオシレーターを搭載し(合計32基)、120種類のウェーブテーブル波形を24バンク/5セットに分けて収録。ウェーブテーブル波形は、クラシックなバーチャル・アナログ波形から、カッティング・エッジなEDMサウンドに適した波形、さらには同社のModal 002から厳選された波形など、さまざまなタイプのものが用意されており、加えてOscillator 2では、『PWM』バンクや4種類の『Noise/Modulation』バンクからも波形を選択することが可能。ウェーブ・フォルダーやウェーブ・シェイパー、フェイズ・シェイパーなど、波形を加工するためのプロセッサーも28種類搭載し、フェイズ・モジュレーションやリング・モジュレーション、アンプ・モジュレーションなどにも対応しているため、オシレーターだけでも相当凝った音作りが行えます。

Modal Electronics - ARGON8

フィルターは2ポール仕様で、ローパス/バンドパス/ハイパスをモーフィングできるのが特徴。エフェクトはウェーブシェイピング・ディストーションに加えて、ディレイ、リバーブ、フランジャー、フェイザー、コーラスなどを選択できる3基のステレオ・エフェクトを装備しています。そして「ARGON8」の肝と言えるのが、強力なモジュレーション機能。フィルター/アンプ/モジュレーション用のADSRエンベロープを3基、オーディオ・レートに対応したLFOを2基、XYジョイスティックを備え、モジュレーション・マトリクスで任意のソースに自由にアサインすることが可能。モジュレーション・マトリクスは、8つのアサイナブル・スロットと4つの固定ルートを持ち、アサインできるモジュレーション・ソースは11種類、デスティネーションは実に52種類に及びます。

Modal Electronics - ARGON8

「ARGON8」の主な特徴は、以下のとおりです。

「ARGON8」の出荷は間もなく開始される予定で、北米での価格は699ドル(現在の為替レートで、約76,000円)。詳しくは、Modal ElectronicsのWebサイトをご覧ください。

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

NAMM 2020: Universal Audio、無償の純正DAW「LUNA」を発表…… 往年のコンソール/MTRを再現、Minimoogも付属

NAMM 2020: IK Multimedia、音色を緻密にコントロールできる新しい発想のギター/ベース用DI、「Z-TONE」シリーズを発表

NAMM 2020: Moog、25鍵のキュートなアナログ・シンセ、「Subsequent 25」を発表…… 最小の鍵盤付きMoog

NAMM 2020: Apogee、デスクトップ・スタイルの高音質オーディオIF、「Symphony Desktop」を発表

ICON