Feature Image

NEWS

Modal Electronics、ウェーブテーブル音源の魅力にあらためて迫った新型シンセサイザー、「ARGON8」を間もなく発売

SKULPTCRAFTsynthによって、日本でも一躍その名が知られるようになったイギリスのシンセサイザー・メーカー、Modal Electronics。同社渾身の新型シンセサイザー、「ARGON8(アルゴネイト)」の出荷が間もなく開始されます。

Modal Electronics - ARGON8

9月の『Knobcon Number Eight』で初披露された「ARGON8」は、8ボイス仕様のウェーブテーブル・シンセサイザー。SKULPTやCRAFTsynthとは異なり、Fatar製の37鍵フル・サイズ鍵盤を内蔵した本格的なデジタル・シンセサイザーです。ボイスごとに4基のオシレーターを搭載し(合計32基)、120種類のウェーブテーブル波形を24バンク/5セットに分けて収録。ウェーブテーブル波形は、クラシックなバーチャル・アナログ波形から、カッティング・エッジなEDMサウンドに適した波形、さらには同社のModal 002から厳選された波形など、さまざまなタイプのものが用意されており、加えてOscillator 2では、『PWM』バンクや4種類の『Noise/Modulation』バンクからも波形を選択することが可能。ウェーブ・フォルダーやウェーブ・シェイパー、フェイズ・シェイパーなど、波形を加工するためのプロセッサーも28種類搭載し、フェイズ・モジュレーションやリング・モジュレーション、アンプ・モジュレーションなどにも対応しているため、オシレーターだけでも相当凝った音作りが行えます。

Modal Electronics - ARGON8

フィルターは2ポール仕様で、ローパス/バンドパス/ハイパスをモーフィングできるのが特徴。エフェクトはウェーブシェイピング・ディストーションに加えて、ディレイ、リバーブ、フランジャー、フェイザー、コーラスなどを選択できる3基のステレオ・エフェクトを装備しています。そして「ARGON8」の肝と言えるのが、強力なモジュレーション機能。フィルター/アンプ/モジュレーション用のADSRエンベロープを3基、オーディオ・レートに対応したLFOを2基、XYジョイスティックを備え、モジュレーション・マトリクスで任意のソースに自由にアサインすることが可能。モジュレーション・マトリクスは、8つのアサイナブル・スロットと4つの固定ルートを持ち、アサインできるモジュレーション・ソースは11種類、デスティネーションは実に52種類に及びます。

Modal Electronics - ARGON8

「ARGON8」の主な特徴は、以下のとおりです。

「ARGON8」の出荷は間もなく開始される予定で、北米での価格は699ドル(現在の為替レートで、約76,000円)。詳しくは、Modal ElectronicsのWebサイトをご覧ください。

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

コルグ、新型「volca sample」を発表…… USB端子の搭載により、パソコンとの連携がスムーズに

コルグ、人気のミュージック・ワークステーション「i3」に、マット・シルバーの新色をラインナップ

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

PreSonus、次世代の無料DAW「Studio One 5 Prime」の提供を開始…… Studio One 5の新機能を搭載し、さらに進化

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

究極のファミコン互換機の最終モデル、Analogue「Nt mini Noir」が数量限定で再販…… このあと0時から

ローランド、TR-8Sをバージョン2にアップデート…… FM音源が新たに追加され、音色のバリエーションが拡大

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ICON