Feature Image

NEWS

Apogee、ボブ・クリアマウンテンのエフェクト処理を再現するプラグインを発売…… 名盤の“あのサウンド”が誰もが利用可能に

Apogee Electronicsが新製品、「Clearmountain’s Domain(クリアマウンテンズ・ドメイン)」を発表。「Clearmountain’s Domain」は、グラミー・エンジニア:ボブ・クリアマウンテン(Bob Clearmountain)のエフェクト処理をDAW上に再現するプラグインです。

Apogee Electronics - Clearmountain's Domain

ボブ・クリアマウンテンのエフェクト処理をDAW上に再現するプラグイン、Apogee Electronics「Clearmountain’s Domain」(画面は、『PITCH/REVERB』タブ)

デヴィッド・ボウイ、シック、ロキシー・ミュージック、ブルース・スプリングスティーンなどなど、数多の大物アーティストを手がけてきた巨匠、ボブ・クリアマウンテン。本日発表された「Clearmountain’s Domain」は、氏が40年以上のキャリアの中で編み出してきたエフェクト処理をソフトウェア化した製品。ボブ・クリアマウンテンはミックス時、ライブ・エコー・チェンバー、ディレイ、ハーモナイザー、ディエッサー、EQ、SSLのアナログ・ミキシング・コンソールなど、膨大な数のハードウェアを使用しますが、Apogee Electronicsによれば、その複雑なシグナル・チェーンをプラグインの組み合わせで再現するのはほぼ不可能とのこと。しかし「Clearmountain’s Domain」を使用すれば、名盤で聴くことができる“あのサウンド”を瞬時に再現できるとのことです。

Clearmountain’s Domain」のユーザー・インターフェースは、『INPUT』、『DELAY』、『PITCH/REVERB』、『MIXER』の4タブ構成で、『INPUT』ではプリ・ディレイ/プリ・リバーブのディエッサーとEQ、『DELAY』ではディレイと“Delay Blur(ディレイのサチュレーション)”、『PITCH/REVERB』ではピッチ・シフターとリバーブ、『MIXER』ではディレイ/リバーブの出力レベル/ステレオ・イメージを調整するというデザインになっています。ディレイには、“Spin Time Compensation”というユニークなパラメーターが用意され、ピッチ・シフターはユニゾンからオクターブ・シフトまで幅広い範囲で調整することが可能。リバーブでは、Apogee Electronicsのインハウス・スタジオ、ボブ・クリアマウンテンのホームグラウンドであるMix Thisのエコー・ルーム、ユーザーが選択したプリセットの3種類を併用することができます。また、この他にビジュアライザーを備えた“ホーム画面”も用意されており、入力レベルや原音/エフェクト音のバランスを調整できるため、自分でエディットせずにプリセットを選んで使う場合はこの画面で十分と言えそうです。

Apogee Electronics - Clearmountain's Domain

『DELAY』タブ

Clearmountain’s Domain」で注目なのが、楽曲名を冠したプリセットが多数収録されている点。『Avalon BV』(ロキシー・ミュージック)、『Born in the USA Snare』(ブルース・スプリングスティーン)、『Let’s Dance Horns』(デヴィッド・ ボウイ)などなど、個々のアーティストのファンならずとも興味をそそられるプリセットが収録されており、YouTubeではこれらを使用したデモ・ビデオも公開されています。

Apogee Electronics - Clearmountain's Domain

楽曲名を冠したプリセットを多数収録

誰もがボブ・クリアマウンテンのミックス術を享受できるプラグイン、「Clearmountain’s Domain」。現時点ではMacのみ対応で、プラグイン・フォーマットはAAX Native/AU/VST(VST 3)をサポート、価格は43,000円となっています。詳しくは、メディア・インテグレーション MI事業部のWebサイトをご覧ください。

NAMM 2020: 200ドル以下で買えるMIDIインターフェース機能内蔵モジュラー・ケース、Cre8audio「NiftyCASE」

NAMM 2020: Clavia、新型パフォーマンス・シンセ「Nord Wave 2」を発表…… VA/サンプル/FM/ウェーブテーブル音源を搭載

NAMM 2020: IK Multimedia、新型オーディオIF「iRig Pro Duo I/O」を発表…… “iRig”10周年を祝う新フラッグシップIF

NAMM 2020: Arturia、新型シーケンサー「KeyStep Pro」を発表…… 待望の鍵盤内蔵型BeatStep Proがデビュー

NAMM 2020: Nektar、16個のソフト音源を包括的に扱えるトラックメイク・システム、「AURA」を発表…… ステップ・シーケンサーも内蔵

NAMM 2020: 梯郁太郎氏が創業した楽器メーカー、“ACE TONE”が復活…… 革新的なデジタル・ストンプを多数お披露目

NAMM 2020: オリジナルのグルーブボックスやEurorackモジュールを製作できる開発環境、「Daisy」が間もなく登場

NAMM 2020: 大注目のデジタル/アナログ・ハイブリッド・シンセ、UDO「SUPER 6」が遂に北米デビュー

NAMM 2020: Novation、第三世代「Launchpad Pro」を発表…… 4トラック・シーケンサーを内蔵、PC無しでも使用可能に

NAMM 2020: PreSonus、FaderPortにオーディオIF機能を統合したDAW用の超便利デバイス、「ioStation 24c」を発表

NAMM 2020: Erica Synths、強力な音源内蔵シーケンサー「Bassline DB-01」を発表…… カットオフ・シーケンスにも対応

NAMM 2020: IK Multimedia、iLoud MTMのホワイト・バージョンを発表…… 2月発売

NAMM 2020: コルグ、開発中の新型シンセ「opsix」をお披露目…… 6オペレーター/32アルゴリズムのFMシンセ

NAMM 2020: サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200の35周年記念モデルが発売…… 実機を元に製作される本物のSP-1200

NAMM 2020: Universal Audio、無償の純正DAW「LUNA」を発表…… 往年のコンソール/MTRを再現、Minimoogも付属

NAMM 2020: IK Multimedia、音色を緻密にコントロールできる新しい発想のギター/ベース用DI、「Z-TONE」シリーズを発表

NAMM 2020: Moog、25鍵のキュートなアナログ・シンセ、「Subsequent 25」を発表…… 最小の鍵盤付きMoog

NAMM 2020: Apogee、デスクトップ・スタイルの高音質オーディオIF、「Symphony Desktop」を発表

ICON